午年 羊座 乙女膝

乙女膝を持つおじさんが、自転車で、馬の様に疾走出来るのか?羊のままなのか? シリアルNO.000の乙女膝を入手した事から、ブログ名変更。 旧ブログ名『37歳 37km/hで走りたい!(38歳になったけれど?)』

2019年04月

【のんびりすぎるくらいのんびり北淡グルメ】

乙カレです



もう5か月も経つのですねぇ



いまはむかし。

11月の下旬、淡路島。

北淡の内陸部のオススメルートを走り、オススメのお店で食を楽しんでいただく企画を行いました。



きっかけは ↓↓ コレ ↓↓

IMG_20180909_122153

IMG_20180909_123028




この写真を上げた事に対して、メタボびとさんが反応してくれたんですね~♪

その時に「北淡の景色と共に味わう際には、是非お声がけください!」とお伝えしておきました。



そして、その事を覚えていてくださって。



ホントにお声がけいただけましたので、大いに張りきって企画を♪♪





という事で。

ルート設定は。

(時期は過ぎていますが)棚田が綺麗な場所を巡る道中に、海を見下ろし対岸(明石~高砂あたりかな?)を望む景色と、探検要素を感じていただける地元道を楽しみとしていただく。

というモノ。



この時期のこのルートを気に入っていただけたなら。

5月~9月の棚田の変化を楽しめる時期には、ますます楽しんでいただけると思いますからね~♪♪

淡路島、特に北淡へのリピーターになっていただきたいですのでねぇ♪♪



結果として。

多くの方に気にってもらえた気がするので、ワタクシにとっては成功と感じた企画でございましたよ~





ではでは、その日の内容を。



走行距離35km 獲得標高780m

8時45分集合、16時解散予定。



7時間ちょいで35kmしか走らない (゚∀゚)アヒャヒャ



気に入った景色が現れる毎に、写真を撮ったり、ぼーっと眺めたり。

そうしていただく為には、こんな感じになりますよね♪♪



そんな、ゆるすぎる内容にもかかわらず、12名の方々に集まっていただけましたよ ('▽'*)ニパッ♪


土建屋Naoさん
pagukoro12さん
sunpurasさん
タケさん
リキさん
gottuさん
まるはさん
VANQさん
イニシャルdさん
Risaさん
メタボびとさん
ケイデンス70さん 
(当日の自己紹介順)



以下、参加者の皆様にご提供いただきました写真をメインに振り返りますね~♪♪





北淡インター付近の駐車場に集合
BlogPaint


自己紹介の為に、苗字と仮名(ハンドルネーム?)を書いてもらいました。

突然のお願いに、皆さまご協力いただきまして、ありがとうございました


初対面の方とのライド中に、「この方、なんて名前やったかな?」と思うことが多いので(すいませんっ!)。


今回の参加者の中でも、そういう経験をされている方もいらっしゃると思いましたので。

写真を撮らせていただき、フェイスブックのイベントページに載せておいたんです。



スタートしてすぐに、ゆるやかな登りが続きます。
北淡インターからの登り3

北淡ICから登り

北淡インターからの登り


北淡の内陸部、特に北淡インター~仁井までの区間は、ほとんど車が来ません。

グループライド時の、周囲の車両への気遣いから解放されやすい環境であり、『(ほぼ)ストレスを感じずに走れる環境』と言えますので。

その点でも、今回のルートが気に入ってます



内陸部からは海を見下ろし、対岸の街並みを遠くに望めます。
ケイデンスさんの背中

イニdさんの背中

Y夫妻の背中




開けた場所でのヒルクライム撮影会が始まり (o^∇^o)ノ
BlogPaint

BlogPaint

登り撮影会1

登り撮影会2_LI


こんなふうに。

その場所に合わせて、突発的なことで楽しんでいただけましたら、時間に余裕を持たせた事が正解だっと感じられて嬉しく思いますね~♪♪



昨年の夏に発見した、『良き休憩場所』への登り
お気に入り休憩場所への登り
お気に入り休憩場所_LI


それは、淡路島の北端を挟んで播磨灘と大阪湾の両方が見えて、内陸部の自然と人工物(風車や明石海峡大橋)をも楽しめる、見晴らしの良い場所
P9032564

(この写真は夏に撮ったものですが)

地元である土建屋Naoさんも、この場所は「知らなかった」と言っていたので、一人での探検の成果を感じられましたよ~♪♪



この先、ワタクシが一番好きな下りに入ります。

正面に海を見ながらのダウンヒルですね
富島への下り

富島への下り2

富島への下り3

富島への下り4


下りきった場所には高校がありまして、その横の歩道が広くなっていますので。

その歩道を集合場所と伝えて、存分に景色を楽しんでいただくべく「各自のペースで下ってください」とお願いしてから下ります。


一番に下って、歩道で皆様を待ちます。

続々と到着された皆様にも、ココの下りは満足していただけたようでして。

その事にワタクシも大満足 ( ̄ー ̄)ニヤリッ


「リキさんがなかなか下りてこないなぁ」と言いながら待つ皆様のもとに、香ばしい香りが漂ってきます。


そこでワタクシ。

「近くで焼いている穴子の匂いだと思いますよ~」
「お昼ご飯のお店まで、ココからは15分くらいですが。」
「すぐソコのお店では、おにぎり一個から売ってますので、食べてから昼食に向かいますか?」

と、皆様に聞いてみると、穴子おにぎりに興味を持っていただけた様子。

「昼食で穴子を頼まれる方も、お昼は蒸し穴子でこちらは焼き穴子ですから、比べてみてください」
などと、その気になっていただきます


そんなやり取りをしている中、リキさんが到着。

写真を撮っては下り、止まって撮ってを繰り返し、景色を存分に楽しんでもらえたようですね~♪♪



という事で。

【あさじ】というお店で、焼穴子のおにぎり
IMG_20181124_105853

IMG_20181124_110110

穴子おむすび




おにぎりを食べ。



ほんと15分で到着のコチラ


【淡波家】
淡波家

IMG_20181124_115140

IMG_20181124_115445


ステーキは、そのお値段から、なかなか手を出せずにいましたけれども

美味しかったぁ!


美味しさと大きさによって、すでにお値段に対しても納得出来てしまうのですが。

グループライドにおいては、さらに。

インパクトによって場を盛り上げてくれる分が、完全に『お値段以上』となると思いますよ~



今回の食の目的地であった淡波家さんを堪能して頂いた後は、また登ります



探検要素も楽しんでいただけるような道をはさみつつ
棚田への細道

棚田への道中 チョイ坂




紅葉の季節ということもあり、事前に調べていただいた結果、メタボびとさんから「東山寺に行ってみたい」とのご要望をいただきました。


東山寺とは。。。

ソコソコ登ったところにあるんですよね~♪♪


東山寺に向けて西から登ると、それはもう素晴らしい斜度を楽しんでいただけると思います

STRAVAに『東山寺への激坂区間』 (←リンク)というセグメントがあります。

今回はゆるゆるを前面に出していますので、さすがにやめておきましたけれどね

この区間は何度か走った事があるのですが、その時の事を、『終 北淡探検隊』というタイトルのブログ記録で残しておりましたね。



今回は北東側のゆるい方から登りました。
東山寺への登り説明中

背中東山寺への登り

紅葉




あとは、最終のんびり地である【カフェノマド】ヘ!

と、その前に。



リキさんが、この地域の地図を見ている時に【手掘りトンネル】というモノを発見してくれました。

ワタクシも見たことがなく、北淡探検隊員としては是非見ておきたかったので
トンネル ライトの光

トンネル撮影会

トンネル走る


東山寺からトンネルへの道中は、迷いながらも。

先行した方が発見してくれました!
(ワタクシは後方にいたので、発見者がどなただったのかを知らないのです



新発見をいただきながら、ノマド村へ。



【カフェノマド】
ノマド自転車

BlogPaint

ノマドスイーツ




ノマドでは、ほんとにのんびりとしていただき。

あとは、集合場所であった北淡インター付近の駐車場まで下るのみです。



日が落ち始めようかという中の田舎道
夕方に近づき
夕方の細道
駐車場へ下る






ワタクシの大好きな北淡内陸部。

一人で、新たな発見を求め、思いのままに道を探していたこの日までの数か月。

その中で、定番となったルートをご一緒していただき、皆様にご紹介出来た事が嬉しかったですね~♪♪



棚田含め、季節による変化を楽しめますので。

これから何度でもご一緒していただきたいですねぇ



と言いますか。

ワタクシ、月に一度は今回のルートを基本とした『北淡探検隊』もしくは『棚田観測隊』として走るつもりですので。

ワタクシと面識のある方は、「案内しなさい」と気軽にお声がけくださいね~♪♪



さぁ、そんな方はいてくださるのかしら?

その時を楽しみに、お待ちしておりますよ~





今回のライドのブログ記事を発見!

ありがとうございます



リキさんの『モーツァルトな走りで


ケイデンス70さんの『明日は何処へ行こう


まるはさんの『大きいおじさんは坂道が・・・・・。





めぇめぇいうとります

では、また~



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






グラベルキング サイズ違い(三種) 実測重量

乙カレです



シクロクロスと27.5MTBのタイヤ交換を考えて買った『パナレーサー グラベルキング』


P4062742



●700×38C〔40-622〕
●27.5×1.75〔42-584〕
●27.5×1.90〔48-584〕

という、3つのサイズを購入。





では、実測!





●700×38C〔40-622〕

カタログ値は、320g

IMG_20190314_203817

IMG_20190314_203911




(´;ω;`)



329gは、まぁ誤差だとして。

340gとか。。。


このサイズであれば、20gも誤差なのだろう。。。か





●27.5×1.75〔42-584〕

カタログ値は、360g

IMG_20190314_212843

IMG_20190314_212901




(´▽`) 優秀の美!!  あえての誤字(゚∀゚)アヒャヒャ





●27.5×1.90〔48-584〕

カタログ値は、520g

IMG_20190314_212825

IMG_20190314_212804




同サイズでのバラツキでかい!!&歓喜(☆゚∀゚)



それこそ、この520gに対しての536gはまぁ、誤差だと思える





ちゅうことで。

一番楽しみにしていた700×38Cが、一番ハズレ感。。。



38Cは、シクロクロスにはかせて、長距離をのんびり走る時用に考えているので。

カタログを見て「サイズのわりにえらい軽いな!」と、思い。

軽さには期待していたんですよね~


カタログを見た段階で、パナレーサーに「表記間違いではないですか?」と確認したほどに



とはいえ。

シーラント使用前提のチューブレスレディー(パナレーサーでは『TUBELESS COMPATIBLE』)でこのサイズという事を考えると、実測値でも軽い部類ではあるんでしょうけれどね。




27.5の2つのサイズは、なにを目的に買ったかというと。



まず、27.5×1.90〔48-584〕は。


『ロードプラス』と言われている(言われていた?)、700サイズタイヤの外径をそのままに、タイヤ幅を広くしてエアボリュームを得られるというモノ(らしい)。

これを体験したかった。


700のタイヤを幅だけ広くすると、タイヤ外径も大きくなるので。

フレームに収まらなかったり、前輪を左右にきろうとする時のペダル位置(片方のペダルを前に出している状態)によっては、前輪とシューズが干渉して危ない。


実際ワタクシは、シクロクロスに前700×47C、後700×38Cまで入る事は確認済みですが。
その状態では、前輪とシューズの干渉をちょくちょく経験しています。

交差点を二段階右折するため、交差点を渡ったところで90°方向転換する時にハンドルをきる時などに。


これが。

前フォークや後ろタイヤ部のフレーム幅が50mm近くあれば、タイヤ外径を700×30と同サイズのままでありながら47くらいの幅に出来るらしい。


ディスクブレーキはホイール外径にとらわれないからこそ。
(リムブレーキは、基本、外径を変更できない)

その外径を622⇒584に変更して、タイヤも700⇒27.5に変更すれば良いという発想なんですね。


ワタクシは、逆に。
27.5⇒700にして、27.5サイズのリジットMTB(ARAYA マディフォックス)をクロスバイク化していました。(27.5×2.10⇒700×32C)



次に、27.5×1.75〔42-584〕については。


上記、『ロードプラス』体験用の27.5×1.90〔48-584〕にくらべて。

カタログ値で160gも軽いんですよね。

幅が6mm狭いだけで、これだけ軽くなる。
この事だけが気になり買ってみました


まぁ、外径も小さくなりますので。

700×32Cタイヤをはかせ、クロスバイク化したマディフォックスをギリギリ乗れていた女性も、このタイヤに換装する事で、より乗りやすくなるのでは?という思惑(買う決断をするための理由付け)もあり。





ただ。


タイヤをチューブレスレディーで揃えても。


27.5(584)のチューブレス(レディー)対応ホイール持ってない。。。


「海外通販で安いのないかな?」と眺めても。

MTBホイールは規格が多いうえに、情報が少なく。

手を出しづらい。


今持ってるホイールで。

チューブドか、自己責任チューブレスレディーか。





めぇめぇいうとります

では、また~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






 わかめの独り言 



わかめ「ん?」
   「あの三人、なんか言い合いしてる?」



少し、聞き耳を



A男「待てまて!一つは兄ちゃんが持っとくで」

B男「ほな、もう一つは俺が。」
  「年の順やな」

C男「年の順とかそんなんせこいわっ!」
  「弟に譲る優しさ、ないんか?」



どうやらあの三人は、兄弟らしい。



わかめ「ほう。」
   「何を取り合ってるんや?」



引き続き、聞き耳を



A男「いやいや!優しさやで?」

B男「そや。箸より重いモノを持てん、お前を想ってや。」

C男「持てるわっ!」
  「それに、箸とそないに重さ変わらん!」
  「自分らだけ、涼むつもりやろっ!」
  「いいから、『うちわ』ちょーだいや!」



わかめ「なんや。」
   「ただの。。。」





   「『内輪もめ』か」 





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





























































『吉野家縛りのグルメライド』に行った時の記録 (なつかしの~)

乙カレです



いまはむかし。

もう半年ほど前に走った内容の記録であります



なんやかんやで、ブログを書く時間が無かった中で。

吉野家定期券が4月1日から、またまた始まるという時期になりました故に、焦って書いてます



では、写真メインでいってみます!



ちなみに。

「どんなライドの話やぁ?」について。



吉野家縛りのグルメライド←コチラの内容になります♪♪



東三国店での朝食からスタート

写真は二人分ですよ~♪♪
PA142714

PA142712

PA142713


朝食メニューですね



神崎川~淀川を走り、定番の医大裏で休憩。
PA142715




八幡久保田店で、2食目。
補給食扱いかな?
PA142718

PA142716

PA142717




補給を済ませた後は、カロリー消費に山登り

木津川をはしり、万灯呂山を目指します♪♪



てか。

木津川の写真が無くて、登りおえた写真までとんでしまう
PA142719

PA142720

PA142721




次は、昼食のお店を目指しました。



昼食へ向かう道中の写真はあった!
木津川の左岸。

御幸橋から木津の間は右岸を通ることがほとんどだったので、左岸の景色は新鮮さを感じ楽しめました♪♪
PA142722

PA142724

PA142725

PA142726

PA142727




で。

1号線久御山店ではコレ。
PA142729

PA142728




さぁ、この後は、嵐山へ向かう予定です。

と、その前に寄り道。



10月頃は、山岳部のススキがキレイになっていく時期かと思いますが。

京都の平地では、『よし(あし)の絨毯』を楽しめます。

下手な写真では伝わらないですが、河川敷の一面が白っぽく色付く様は、一度見て欲しいですね~
PA142730

PA142731

PA142736

PA142737




では、嵐山へ向かいましょうかねぇ~♪♪



京都競馬場を右手に見ながら、御幸橋に向かいます。
PA142738




で。



御幸橋で、体力と相談して帰る事にしましたよ

まぁ、このまま帰っても、この日は100kmくらいは走る事になりますしね。



という事で、ゴール地点の東三国店(この日2度目)
PA142739

PA142740

PA142741




めぇめぇいうとります

では、また~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






 わかめの独り言 



自転車のフェンダーが届いたよ

早速取り付けてみよう!


「あれ?うまく取り付け出来ないなぁ?」

「説明書どうりに進めているけれど。。。」

「ん?」


モノをよくチェックしてみると。。。





「なんかフェンダー(変だー)('A`|||)」



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



























ブログ村
ギャラリー
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら