午年 羊座 乙女膝

乙女膝を持つおじさんが、自転車で、馬の様に疾走出来るのか?羊のままなのか? シリアルNO.000の乙女膝を入手した事から、ブログ名変更。 旧ブログ名『37歳 37km/hで走りたい!(38歳になったけれど?)』

2018年09月

吉野家縛りのグルメライド

乙カレです




完全にネタライド


そのライド中の食事は、吉野家のみという企画。




そんな事を思いついたのは、吉野家で『3社合同定期券』というモノが販売されているから。




一日に何回でも、何食でも(テイクアウトは3食まで)、一食あたり80円引いてくれるという内容(らしい)。

(各自、調べてくださいね~♪♪)


3社合同定期券 (ページリンク)



朝昼夜の3食分は、普通に食べられるとして。

自転車に乗っている時の補給食の分も。


「全部、吉野家で食べてしまえばいいじゃない! (o^∇^o)ノ」


とか、思いついてしまったんですよね~♪♪




という事で。

30km~40km毎に吉野家に立ち寄って食事(補給)をするイメージで。

ざっくりとルートを引いてみました。




【吉野家縛り】 万灯呂山 嵐山 (ルートラボリンク)




ルートラボ上では車道を走らせていますが、基本はサイクリングロードを使います。

このルートで、走行距離145km

朝昼夜の3食+補給食2食の5食(重複含み5店舗巡り)を想定しています。




体重55kgで、25~30km/h巡航(らくすぎず、しんどすぎず)のペース。

この基準で、走行距離10kmあたりの消費カロリーを150kcalとします。

(まぁ、消費カロリーの目安は、人それぞれですね)

(ワタクシの基準は、心拍計をつけていた時のガーミンによる表示を参考に。)




お店に寄るタイミングとしている、30~40km毎に450~600kcal消費。


『新味豚丼』の並盛が604kcal。

40km走行相当ですか



大体、走った分だけのカロリーをとる感じになりますね。


まぁ、消費カロリー計算が正しいのかわかりませんし。


基礎代謝分+自転車での消費分と考えると、決して食べすぎではない!


と、無理にでも信じる事にしますね!


吉野家メニューのカロリーは吉野家 カロリー PDF (PDFページリンク)




さぁ、なにを食べるかなぁ?


吉野家メニュー (メニューページリンク)




ちなみに。

立ち寄りを想定している店舗は。




東三国店(スタート0km地点)

八幡久保田店(32km地点)

1号線久御山店(68km地点)

西京極七条店(98km地点)

東三国店(ゴール145km地点)




西京極七条店を171号線久世店に変更した方が、店舗間の距離がええ感じかもしれないですねぇ


さぁ、実現出来るのかしら




めぇめぇいうとります

では、また~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






 わかめの独り言 



犯罪者『A』は、判事への賄賂によって裁判の判決を先送りし続けている。

通常では考えられないような、継続審議で判決を下さずいるのだ。


その原因は賄賂。

わかっているのだけれど。

全く金の流れがつかめない。


「金以外のモノなのか?」


品物だとして当該判事の身辺を調べても、当該判事がいきなりに高級品を手に入れたような形跡もない。


「Aは、いったい何を渡しているんだ!」


捜査員は、判事に24時間張り付き、そのすべてに目を向ける。

その間の食事は、差し入れてもらうパンや缶詰だ。


「あれ?この缶詰。。。どこかで。」

「そういえば、あの判事もコレを食べていたなぁ。」



「そうか!この缶詰を送り、食べさせ続けるという手があったか!」



それは。






さば缶であったのだ。






判事「裁かん。」






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ライド3回目の初心者でも、獲得標高1,100m。クロスバイクでびゅー!っと。

乙カレです




この日は、会議に参加するはずだった日曜日なのですが。

業務量の兼ね合いから、会議への参加を見送り前日からの夜勤対応をするように求められ。

土曜夜勤からの明けの日曜。


もともと、翌週に淡路島ライドを予定していましたので、それを一週繰り上げました。

9月中旬には、棚田の刈り取りが始まると聞いていましたので、少しでも早めに見ておきたかったもので。




そんな状況で、今回のライド。




これから趣味の自転車をはじめようとされている方の、参考になるのかならないのか


趣味の自転車を、クロスバイクでスタートした初心者。

合間を狙って、2回ほど少し乗ったらしいですが、休日にがっつりと走るのは今回が3回目。




初回で、距離90km。

2回目で、距離77km・獲得標高600m。


この2回で、平坦100kmくらいは走りきれるとわかりましたので。

3回目の今回は、どういうルートにしようかなぁ?と考えましたが。




登り特化 ( ̄ー ̄)ニヤリッ




どれくらい登れるかを知っておけば、今後のライド企画のルートを作りやすいですしね~♪♪


という事で.

「ざっくりと、区切りとして1,000mかなぁ?」というところからはじまり。

「アワイチの獲得標高である、1,300mいけたらオモシロいなぁ!」と思い始めて




棚田の刈り取りがいよいよ始まっているであろう時期ですので、棚田巡りを行いつつ。




適当に登り続ける事に決定!




ということで。

淡路島に向かう時に、しーちゃんには「今日は1,300m登れたらいいですね~♪」と伝えます。




その後、夕食の話をしている時。


「夕食のお店は、【淡波家】さんにしましょうね!」

「先日写真をお見せした、あなご重のお店ですよ~♪」




1,500m登れた時のご褒美としましょうね~♪」




と、目標をこっそり1,500mに変更しておきました (゚∀゚)アヒャヒャ




そんな冗談を交えたやりとりをしながら。




結果。




1,100m登れました オオーw(*゚o゚*)w




足つき休憩したり、斜度がきつくて路面が悪いところは押し歩きもしましたけれど。

よく登れたものです 




距離 43km

獲得標高 1,100m


この距離でこれだけ登っているというのは。

そのルート上が坂ばかりだったり、斜度のキツイ登りを走った時の内容ですね~♪♪




イメージしやすく(かな?)


この距離・獲得標高から、ライド中の平均勾配を計算すると2.55%。

この数値を、北摂の勝尾寺までの登りに当て嵌めてみましょうか。




勝尾寺ヒルクライム(STRAVAリンク)


距離4.42km 平均勾配5%




このルートを繰り返し登り下りすると。

一回あたり、距離8.84km 平均勾配2.5%




ふむ。

西田橋交差点~勝尾寺を約5回(4.86回)登り下りしたら、近い内容になりますねぇ  (´▽`)


という事です




だから、勝尾寺ヒルクライム5本行けるという訳ではないですけれどね。


特に、勝尾寺は初心者向けとされながらもそのルート上に平坦がなく、登りっぱなしなので。

平坦や軽いくだりなどの呼吸を整える場所がない事が、初心者にはキツイとも思いますしね。




実際、今回のしーちゃんも。

途中に平坦がないルートで淡々と登り続けられるのは。


平均勾配が4%~5%で、最大11%だと、距離が3km。

平均勾配が8%~9%で、最大17%だと、距離は1km。


が目安な印象です。




まぁ、登りに関しては。

逃げず(避けず)に登り続けていれば、それに対応する筋力や心肺は自然とついてきますからね。



単純に、慣れだと思っています。



20%に迫るような極端な勾配がある程度の距離続いていていたり、スピードを追求する登り方をする事は、慣れとは別だと思いますが。




と、まぁ、登りまくった初心者のしーちゃんですが。




獲得標高1,500mまではいかなかったのですが、ご褒美はどうなったのでしょうかねぇ?




IMG_20180916_192315





めぇめぇいうとります

では、また~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







 わかめの独り言 



わかめは、今回も犯人を言い当てられるのか?



わかめと友人Aは、新作の推理小説が出るたびにどの時点で犯人に気付けたかを言い合っている。

今回の小説の舞台は、イタリアのようだ。

登場するのは、【ステファノ】【アントニオ】【ロベルト】【ジュセッペ】【ジョヴァンニ】【マッシモ】



友人A「僕は、最終盤まで気づけなかったよー。。。」


わかめ「今回は、僕にとってはかなりわかりやすかったね!」


友人A「え?そうなの?
   
   「わかめは、どの段階でわかった?」












わかめ「序盤に」






そう。

犯人は【ジョヴァンニ】だったのだ。 






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







台風後の棚田観測をする事にした & 登り坂発掘 そして、メインは昼ごはん

乙カレです




2018年9月9日(日)

企画した棚田ライドは中止としましたし、雨も降ってはいましたが。

せっかくなので、台風後の棚田がどうなっているのかを確認する事にしました。




という事で、ほぼ写真で状況を記録しておきます。




雨の中、泥と水たまり
P9092569


稲が倒れていたり、隙間が出来ている
P9092570


P9092571


P9092573


P9092574


P9092575


白い花
P9092576


P9092580
 

なにかしらの蜘蛛
P9092577


色付きが進んでいる稲ほど倒れる
P9092584


P9092585


P9092586


P9092587


P9092591


P9092592


P9092593


P9092594


P9092595


P9092596


P9092598


右は倒れていて、左はほぼ大丈夫。この差はなんだろう?左だけ起こしたのかな?
P9092599


刈り取り後
P9092600





この先は、初めての淡路カントリーまで登ってみた。

路面はきれいで道幅もそれなりにあり。

交通量も少ない。

(この日はたまたまかもしれないが、一台も車と出会わなかった



斜度も良い感じで、安全に登りの練習を出来そう




県道463分岐から淡路カントリー (STRAVAリンク)




淡路カントリーから下ってきたら、結構見晴らしの良い道を走れた
P9092601


P9092604


もやっている感じも、向こうの山の棚田をええ感じに見せてくれていたのかな?
P9092608


集落の地元道を抜けると、棚田を眺められた。
P9092610


P9092611


P9092612





さぁ、棚田観測と登り坂発掘は終わり。

この日の目的は果たしたました。


あとは、美味しい昼ごはんをいただくのみ! (☆゚∀゚)


結果、なんかコッチがメインになったくらいに (゚∀゚)アヒャヒャ




淡波家さん(食べログリンク)




IMG_20180909_115621


IMG_20180909_120504


IMG_20180909_115933



事前に調べて、素敵丼をいただくつもりでしたが。
まぁ、なかなかに踏ん切りがつかず。
今回は、穴子重にしましたよ~♪♪
IMG_20180909_120823



これが大正解!

でしたね~♪♪


ん?

お吸い物のわかめの多さよ!
IMG_20180909_123028



ワタクシを、わかめと知っての狼藉か! (゚皿゚メ)


いやいや、。

ワタクシをわかめと知っての大サービスですね~♪♪ (* ̄∇ ̄*)エヘヘ


穴子重どアップ
IMG_20180909_122153



「穴子にも味がついてますが、お好みでどうぞ」といわれた、山椒・ゆず胡椒・タレで味を変えられますが。

あっさりふわっふわの穴子は、そのままでだいぶ美味しかったですよ~

白米の粒のたちっぷりもスゴくて、それもワタクシの好みでありました。


セットとして、300円でつけられるソフトクリーム
IMG_20180909_123815


その器と皿も、渦のデザインで統一
IMG_20180909_124407


IMG_20180909_124443



カレーも食べてみたいですし、何度も訪れたいと思えるお店をみつけましたよ~




雨の中でも、のんびりと走り、のんびりと昼食をいただいて。

良き半日を過ごせましたねぇ




めぇめぇいうとります

では、また~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







 わかめの独り言 



緊張感や恐怖心でドキドキすると、一緒にその経験をしている人に好意を持ちやすい?

ほんまかいな。

それやったら!という事で。



わかめの考える【吊り橋効果】。



その考え方を基に、モテる学問を選別したところ。



考古学が一番モテる!



発掘作業を行っていると。

ただでさえ。


「♪なにがでるかなっ?なにがでるかなっ?~♪」って、ドキドキですよね~?


化石が見つかると?

モノによっては、なかなかの興奮ですよね。


遺跡が見つかる?

これは、大きな規模のものだと相当興奮しそうですねぇ!


しかししかし。

どんなに小さくても。

これまでに似たようなモノが、いくつも発掘されていたとしても。

抜群の吊り橋効果を発揮する発掘物はナニかご存知ですか?



それは。















土器ですねぇ♪♪



見つければそれはもう!



土器土器(ドキドキ)しますやん? (*゚▽゚*)




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

開催出来ず。。。 北淡探検隊 2018 棚田づくしライド

乙カレです





2018年9月9日(日)に開催予定の『北淡探検隊 棚田づくしライド』。




雨により中止確定。。。 (ノ◇≦。) ビェーン!!




前日の9月8日(土)にこれを記録しておきます






以下、写真メインで。

これらの写真は、2018年9月3日(月)に最終確認の為に走った時のものです。


9月3日、この日もライド開催の予定日としてお知らせしておきましたが、参加希望者がいなかったので「最終確認にちょうどええなぁ」となり。


新たなルートと景色を発見して、9月9日に向けての楽しみが増えていたのですけれどねぇ






まぁ、ワタクシの下手くそな写真では伝えきれない事を大前提に。

参加表明をいただけた皆様に、見て欲しかった景色の極々一部をご紹介いたします

これまでの北淡探検隊の記録と同じ場所の写真が多々ありますが、稲の成長によっての雰囲気の違いを






2.9kmの登りの先の、休憩場所候補として写真をパシャりと。
P9032506


お安めの自販機ですよ~♪♪
休憩にちょうど良い、段差があり座れます
P9032507





【生田】の棚田



だいぶ実ってきてますねぇ~ (*゚▽゚*)
P9032508


P9032509




ワタクシのお気に入りの棚田
P9032510


ため池の蓮と民家
P9032511


蓮の花と棚田の際の花の彩が、少しのアクセントで綺麗だった
P9032512




棚田の中の道へ下る
P9032514


P9032515


P9032516




わかりづらいけれど、段差のうす~い棚田
P9032519


P9032520




今回発見 池の周りに棚田 ここで行き止まり
P9032521




コスモス?
P9032524




少し外れて、探検探検♪♪
P9032525


P9032527




汽車っぽいおもちゃ?
P9032529




P9032531


P9032532







生田の棚田から離れて、山の上から海を見渡せるルートで移動
P9032539


対岸くっきり! このルートはコレが良いんですよね~♪♪
P9032540




豪雨で崩れたのかな?
P9032537


ガードレールの柱は、地中が結構長い!
当たり前か
P9032538




P9032541




山の中の道を下ってきて、高速道路沿いに出たところで景色が開けてカッコいい
P9032542





【浅野南】の棚田(?)



ここの棚田(?)は一区画が大きめ
P9032545


P9032544


P9032547


P9032548





昼ごはんとして、あなご丼(並盛)
P9032549





【石田】の棚田



P9032550


P9032551




一部、刈り取られている
P9032554


P9032553





【古屋】(?)の棚田



P9032555


P9032558





【久野々】の棚田



P9032560




この場所は14時頃は日陰になっていて、良い風が吹いていた
淡路島の北端を境に、左は播磨灘、右は大阪湾が見渡せる
20分以上、ボーっとしてた
「ええ休憩場所を見つけたでぇ!」と思ったなぁ
P9032565


P9032564


P9032562





さぁ。

みなさんに楽しんでいただけるのは、いつになることやら






めぇめぇいうとります

では、また~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







 わかめの独り言 



森の中で絵を描こうとする、ある絵描きがいた。

彼はペン画を描く。


森の中を進むと、泉があった。

そこで描くことにした。


彼は数本のペンを使い分けていたが、持ち替える時にペンを弾いてしまい、一本が泉に沈んでしまった。。。


銀のペンだった。


「完成まで、あと少しだったのに。。。」

泉を見つめながら、失意の中、座り込む彼。




しかし。

しばらくすると、泉の水面が揺れはじめ、何かが出てくる気配が。

呆然と、ただただ見ているだけの彼の前に現れたのは、外国人の女性である。




絵描き「外国人?」


〇〇「イイエ!女神デス。」


絵描き「あぁ。女神様ですか。」




女神「アナタ、イズミニナニカ落トシタネ?」


絵描き「ええ、ペンを」


女神「ヤハリ、アナタダッタネ」

      
絵描き「拾ってくれたのですか?」


女神「ウム。持ッテキタネ」


絵描き「ありがとうございます!では。。。」


女神「マテ!返スマエニ、カクニンネ。」


絵描き「はい。」




女神「アナタガ落トシタ『ペン』、『銀』ネ?」

  「ソレトモ、『金』ネ?」

  「ソレトモ、『プラチナ』ネ?」

  「ドッチネ!!」






絵描き「銀です!」






女神「ウム。正直モノネ。」

  「デハ、コレヲ返ソウネ。」


絵描き「はい、ありがとうございました!」

   「絵を完成させられます!」


女神「受ケトレ、ホレ。」




と、絵描きに向けて投げて返したものは。




。。。




。。。




。。。




。。。




。。。




絵描き「ペンギン?!






「『ペン』『銀』?」との質問に、答えたからである。

 


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





登り坂にビビらない初心者 2回目のクロスバイクでびゅー!っとね。

乙カレです




淡路島にクロスバイクを納車した翌日。

しーちゃんが、淡路島を初めて走ります。


初級コースとされる『60kmコース』

60kmと聞いた気がしていたのですが、ルートラボでひくと、56kmコース。



ルートラボリンク



クロスバイクデビューにして平坦90kmを走ったので、56kmは余裕だろうと考え。

「56km走った時点で余裕がありましたら、北淡ICから山側に登り、棚田を見に行きましょう!」

と伝えて、出発。




「景色のよいところなど、止まりながらのんびり行きましょうね~♪♪」
という事で。

P8192482

P8192484

P8192485

対岸まで見える天気で良かった



【道の駅 あわじ】
P8192487



P8192488





ところでところで。


女性は「方向音痴で。。。」という方が多いと思います。

しかしワタクシは、それは地図をあまり読もうとしていないからだと思っています。


これから走るルート、その日走ったルート、現在地の確認。

それらを都度細かく、地図で照らし合わせる事を繰り返す中で、イメージが出来ていくモノだと考えています。


方向感覚なんて、頭で考えた上でのイメージでしょうから。

経験を積めば、なんとかなっていくモノでしょう。

その感覚を掴むための時間は個人差はあるでしょうけれど。

「方向音痴」で済ませていたら、ずっとそのままでしょうね。



中には、動物の本能の様な感覚で、感じ取れる方がいるのかもしれませんけれどねぇ



しーちゃんには、事前にルートはチェックしてもらっておいて、常に前を走ってもらってます。



まぁ、そのうちに慣れてくるでしょう(゚∀゚)アヒャヒャ



という事で。

右折すべき交差点に、今回は気付いてなかったようですが(笑)


走力としては全く問題なく、進みますよ~♪♪



【伊弉諾神宮】
P8192489

P8192490

あまり興味が無さそうだったので、そのまま進みます




途中2回、コンビニで休憩しましたが、カロリー摂取はそれほどでもなく。

郡家という町で昼食です。



【あわじ 和牛亭】

淡路島のいろいろなお店が牛丼を出されています。
そのうちの一つ。
P8192494





と、お腹を満たして走り出すと。

難なく、56kmコース終了!




「さぁ!あの交差点を右折で山側ですよ~♪♪」とお伝えしても、嫌がるリアクションは無し。


ママチャリでのライド含めて、コレまでの数回走ったのは平坦メインでした。

登りらしい登りは、今回が初めてです。




そんな中。

右折した先、一直線にのびる登り坂に対して。



ワタクシ「ここの登り、カッコよくないですか?」

しーちゃん「え?なにがですか?」

ワタクシ「普通、登り坂って曲がりくねってるのに、ココは一直線なトコロがですね~♪」

しーちゃん「まぁ、感じ方は人それぞれですしね。」



などと、冷たい反応(笑)はあるにせよ。

「しんどい」や「無理」という言葉は無く、淡々と登ります。




ワタクシ自身の、2回目のライドの時を思い返しても。。。

とても登ってなかったと思いますねぇ。




1543 Climb(STRAVAリンク)


2.93kmで平均5%。

最大斜度は、ガーミン表示で11%くらい。




北摂の勝尾寺への登りと比べて、斜度は似たようなモノで、距離は60%ちょっと。

どれくらい登れるのかを見るために。

この区間では、クロスバイクのギアの軽さを利用せずに、ロードと比較出来る範囲のギアを使ってもらいます。


前が38tで、後ろ32t。




トルクが足りなくなって、漕ぐたびにふらつくような事もなく。

まぁ、淡々と登りますね(笑)


ママチャリでの漕ぎっぷりから「登れる人や!」とは感じてましたが、まさにまさに ( ̄ー ̄)ニヤリッ




登れる事を確認したところで。

この先は、ちょこっとグイッと登る場所がちょいちょい出てくるので、前をインナー28tに落としてもらいます。




棚田がちらほら出てきたり、木々に覆われた場所を走ったりしながら。


目的の棚田、その一つ目に到着
P8192495





この先、二つ目の棚田への登りがなかなかにキツイ!


勝尾寺に初チャレンジの時、西田橋から先の斜面が壁に見えて逃げ出したワタクシなら、まず登らない斜度。

西田橋から見えるのは10%程度。

ココは、短くも15%くらいは出てくる。


まぁ、それでも。

行けると思ったので行ってもらう事にした。




生田畑 棚田 (STRAVAリンク)


0.68kmで平均8%

最大斜度は、ガーミン表示で15%くらい。




ここでも、ふらつかずに登りきる!

距離は長くないけれど、この斜度を2回目のライドで登れることはスゴイと思う

P8192502

P8192504





景色を楽しみ。

登ったら下る。


ココで、体の小さな女性に多く見られるであろう弱点が。




ブレーキで手がパンパン!('A`|||)




このクロスバイクのブレーキは、ミニVブレーキとのことですが。


ワタクシが乗った感じだと。

『6800アルテグラ』のブレーキにPEO加工(エグザリッドみたいなの)されているホイール『PR 1400 DICUT OXiC 』の組み合わせよりもブレーキの効きは良いと感じていました。

まぁ、ざっくりと言うと、「一般的なロードバイクの組み合わせよりも、効きが良い」という印象。




そのブレーキでも、女性の握力からすると効きが悪く感じられ、思い切り握っていないと怖い。

そして、持久力の限界が来て握力が足らなくなる。




今回の事で、これまでワタクシが言い続けてきた事を実感してもらえたと思い、逆に良い経験をしていただけたと思っています。

自転車選びの最中から、ブレーキをかけづらい形状であるロードバイクに対してはとくに、「油圧ディスク一択で!」といい続けてましたので。




そういう経験をしてもらいつつ、次はどの方向に進もうかと考え。

棚田の次は、山から海を見下ろせる景色の良いルートへ。




ちょい坂でのアップダウンを繰り返しながらも、その景色には満足いただけたもようで ('▽'*)ニパッ♪




その流れで、あの坂に突撃。




県道462 浅野公園 (STRAVAリンク)


0.49kmで平均14%

最大斜度は、ガーミン表示で一瞬20%超。
(これは、あまり信用できないほど瞬間)

まぁ、安定して幾度か表示されるのは18%前後だったかな?




ココは、登りはじめに一気に斜度があがり、その先すぐにヘアピンカーブがあり。

そのヘアピンのところから下に向かう道があるので。


「まぁ、はじめの斜度がキツイところでふらつくくらいだったら、ヘアピンから下に向かおう」

くらいに考えて登ったのですが。。。




「なんか、普通にヘアピンまでクリアしたで (゚ロ゚;)エェッ!?」

「この先、少し斜度が緩まるし、このまま行けるんちゃうか?」




と、考えてしまったのがワタクシのミス




ここでは、細かいハンドル調整はありつつも、トルク不足のような漕ぐ足の動きに対してのふらつきは無く。


登り坂の目安がわかる方が頑張れるかと思い。

「ちょっと先に行って、あとどれくらいか声をかけますね!」と行って、ワタクシが先行します。


いくつかのカーブをこえた時、「あかーん」という声が聞こえました。


すぐに下ってみると、しーちゃんが倒れていました。




状況を聞くと、握力がなくなっていてハンドルがふらつき、それを抑えられずにそのまま倒れこんだらしいです。


下りでのダメージが残っていたんですね。。。

登りで、その影響が出るとは考えてもいなかったです


単純に、ワタクシの配慮不足でありますが、勉強させていただきました。




そして、自転車を道路端にたてかけて、しーちゃんが立ち上がった時に、下から軽トラックが登ってきました。


近づいてくる軽トラックの運転手さんを見た時に。


「あれ?なんか見たことのある人やなぁ。」と。




「あ!この前、挨拶から少し話をした『第一村人』さんや!」と。


第一村人さんとの出会った時の記録はコチラ





ワタクシの事を覚えているとは思いませんので、「先日はどうもです!」とは言いませんでしたけれどね




第一村人さん「乗せていきますよ~♪♪」と言ってくださり、お言葉に甘えて。

軽トラ修正後 (1024x768)


お見送り  (´▽`) 




このあとも、長いくだりがありつつも、景色を楽しみながら。




走りきりましたよ~♪♪




距離77km

獲得標高600m



ワタクシが提唱する『平坦換算』すると、平坦を92km走ったも同じ。


「2回続けて90kmオーバー。」

「嵐山往復の100kmも見えてきましたね!」というと。



しーちゃん「平坦換算?登りのしんどさはあるけれど、下りで距離をのばしてますし、どうなんでしょ?」とな




平坦換算の考え方は ↓ コチラ ↓ をご参照くださいね~♪♪

ルートを引くときに、獲得標高をどう考えるべきか。




その発言こそが。


登ることを苦にしていない事を言い表しているようだ! ('▽'*)ニパッ♪




嵐山だけでなく、勝尾寺や高山公民館、さらには妙見山に登れる日も遠くはないなぁ






めぇめぇいうとります

では、また~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







 わかめの独り言 



A君「プロ野球がなりたつのはわかるけれど、高校野球って、運営するの大変そうやんなぁ?」

B君「なんで?むしろ、高校野球の方が、収入面では安定してるかもしれへんで?」

A君「いやいや!それこそなんで?やわ。」




B君「いや、だってな。」

   「高校野球は、金属バットやん?」

   「打つたびに、お金が入ってくるんやで?」




「カキーン!」って。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







淡路島へ、クロスバイク納車ライド

乙カレです




前回の記録は、神崎川から夙川までのルート発掘でしたが。

それは、クロスバイクで淡路島までの自走を行う中での事。




目的は、淡路島への納車でした。




まぁ、時間には余裕がありましたので。

ルート発掘含め、普段の自走時には立ち寄らない場所を楽しみながらの、のんびりライド。




では。

前回のルートの、三ノ宮以降の記録。






【舞子公園】
P8182335

P8182336

P8182339

岸壁の釣り人含め、休日を楽しんでいる方であふれていて。

ふらっと立ち寄り素通りするだけでも、いい雰囲気でしたね~♪




【明石】
P8182347

ジェノバについたけれど。

せっかくなので、『明石焼き』をいただこうかと

11時前についたので、「今からお店に向かえば、開店前に少し並ぶくらいかな?」と思い。



近くのココに。
P8182346

「11前に開店してたんか! (゚∇゚ ;)エッ!?」



めちゃ並んどる。。。



「まぁ、よい。」

「歩きでは少し遠くて、自転車ならすぐという、自転車乗りには絶妙な位置にあるお店に向かおう!」

という事でココ!
P8182340

P8182341




移転 ('A`|||)



歩きだと辺鄙な場所であり、それゆえに自転車向けだと思っていたお店だったのに。

移転後は、明石駅とジェノバに近づいてしまっている。。。


「コレは、今から向かっても混んでいるのでは。。。」


と思いつつも、行ってみた。

P8182351

P8182353

到着は、11時10分頃。

店の前には並んでいないが、店内は満席。

どうやら、11時の開店時に一巡目のお客さんでいっぱいになった模様。


まぁ、二巡目の一番手につけたので、それほど待たずにすみそう。


という事で。
IMG_20180818_114543


ココの明石焼き、塩で食べたら美味かった! (o^∇^o)ノ




【ジェノバ】
P8182354

P8182355

出川さんが乗ったらしい。




淡路島上陸後は、『北淡探検隊』で定番としたいと思っている、花さじきへ向かいます。




【花さじきへの道中】
P8182359

P8182358

P8182364

P8182366





【花さじき】
P8182375

P8182378

P8182377

アワイチの時に通る、巨大観音像を上から見る。

P8182379





【県道71号線 富島側ダウンヒル】
P8182399

P8182405

一ヵ所だけ道幅が狭くて減速が必要ですが、ほぼ全域路面が良くて気持ちよく下れる。




【棚田観測】
P8182414

P8182415

P8182416



以前、『棚田牛』がいたトコロに、いない。。。
P8182427


少し進むと、別の棚田跡にいた!
P8182428

P8182429

『棚田牛』



なんて事の無い風景だけれど。

肉眼で見ると、電線などの景色の邪魔となるモノがなくて、なんか好きな場所。
P8182430

P8182434




以前、『グミの木』と名付けたトコロ。

グミっぽいなにかしらがきれいに無くなっている。
P8182437




以前、『なにかしら?』と思いつつ、めぇめぇしなかった花があったトコロ。

キレイに刈られてしまっている。。。
P8182443




P8182447

かかし。

P8182456

P8182458





こんなかんじで。


大阪から自走をしつつ。

淡路島の内陸部を楽しんで、納車完了!






ちなみに。



今回の記録の中で『以前』といった時の記録はコチラ



『棚田牛』『グミの木』『めぇめぇしなかった、なにかしらの花』以外にも、『びーなす君』が登場しますよ~♪♪ (゚∀゚)アヒャヒャ




そしてそして。



まさか、その時の『第一村人さん』と再会するとは w(゚o゚)w オオー!



その再会は、次の記録でご紹介~♪♪






めぇめぇいうとります

では、また~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







 わかめの独り言 


【山で出会うとやっかいな生き物と、そうでもない生き物】




マムシ?

鹿?

イノシシ?

熊?



圧倒的に熊ですよね~




マムシと出会っても。

まぁ、無視


鹿と出会っても。

「コラっ!」と、シカる。


イノシシ

「シっシ!」と追い払える。




熊。。。




くまったなぁ。。。 (_´Д`) アイーン




なすすべなし




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







ブログ村
ギャラリー
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら