午年 羊座 乙女膝

乙女膝を持つおじさんが、自転車で、馬の様に疾走出来るのか?羊のままなのか? シリアルNO.000の乙女膝を入手した事から、ブログ名変更。 旧ブログ名『37歳 37km/hで走りたい!(38歳になったけれど?)』

2017年04月

『女王様に謁見するライド』に参加させていただくにあたり

乙カレです



『女王様に謁見するライド』と、名付けられたライドイベント。



住友輪業さんからお誘いいただき、参加した時の記録。





まず。

このライドイベントのタイトルを見て、真っ先に思った事。



住友さん、クセになってしまったらしい(笑)

 また北摂の女王に、ムチ打たれたいの?


北摂の女王にムチを打たれた時の様子を、ご自分で書かれているブログ記事はコチラ

ブログリンク


『ムチ打たれた日』が、1月3日
『女王様に謁見するライド』が、3月20日

2ヶ月ちょいで、もう欲しがるのん? (*゚▽゚*)


などと思って、イベントページを確認すると。。。

違った! (; ̄Д ̄)




どうやら、巨大豪華客船の『クイーンエリザベス』を眺めるらしい。





ポートアイランドに5時30分集合との事。

なので、ワタクシは3時に家を出る!



2時間見てれば着く気もしたが、余裕を持って走りたいので。

2時間30分前の出発とした





で、早くつきすぎたので。

摩耶付近をウロウロ。
P3200713

スカートの中は短パンだ
顔だけ見ると、男の子にも見えるが???





で、少し早いが5時15分くらいにポートアイランドへの橋を渡っていると。。。
P3200718




もう、港内に入って来とる!!!





とりあえず、ポートアイランドに渡るのをやめて、ターミナルから接岸を見ることに。
KIMG0706

P3200721

なんか、接岸シーンを上手く撮れてなかったので。。。
  いきなりドーン!(接岸済み写真)





で、本日の参加者の方々が続々とターミナル側に集まってこられて。

皆さんで、ポートアイランドに渡ります。





P3200722

ポートアイランドから、こんなお尻を見つめていたのは。



住友輪業さん
アールさん
アキオさん
AKIRAさん
ちょろりゅうさん
柔さん
と、ワタクシ。



で、しばらくして到着された白髭さん。





写真パシャパシャして、だべだべして。

コンビニへ移動する事に。



道中。

道に間違えたふりをして、違うアングルから女王様を眺められるスポットへの案内をしてくれた事からも、その接待力の高さが伺えるというものですねぇ! ( ̄ー ̄)ニヤニヤ





コンビニで補給して。

ワタクシはこの日の夜勤に向けて、午前中には帰宅しておきたかったので、ココで帰ろうかと思いつつ。



せっかくの機会。

神戸空港の道を見ておくのもええかと思い、ついて行く事に。





で、limoさんが車で追いかけてきていたので、お久しぶりにお会いできて。

limoさん、20台前半なのに。

ワタクシが10台後半から20台前半くらいの時に発売されたであろう車に乗っている。



いつの時代も、車好きの方々は、手間のかかる旧車がお好きなのですねぇ





そんなこんなありつつ。

ワタクシは、神戸空港周回を一周だけ参加させていただき、お先に失礼





復路にも、ココに寄ってみた。

明るい中で見ると。。。
P3200727

やはり。
男の子にも見えるが。。。

どっちだ?



P3200728



女の子だった!!!





「神戸から大阪まで、交通量の増えた時間帯に走るのはイヤだなぁ。。。」

「ええ道ないもんかね?」


などと、いつも思うので。



普段使わないルートを探検しながら、のんびり帰りましたよー





めぇめぇ言うとります
ではまた~



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


終 素朴に美味いカレーと、見頃の桜を楽しむ琵琶湖。 キタイチ(^~^)

乙カレです



彦根のサークルKで、無事に9人集合したトコロからですねぇ



カオルさんが脚を痛めている中、ASAさんが牽いてきたという話を聞き。


「ココから先は28km/hで行きましょう!」

「次は、道の駅・水鳥ステーションで早めの昼食です。」

「長浜を越えて、ずっと道なり、右手ですよー」


くらいにお伝えして、出発!



この先は、基本的には3人×3グループですね


休日の湖東は、交通量がそこそこ多い状態が続いている区間ですので、5人グループでは長く感じますからねぇ。

(今回の前半、雨で、グループ内でも間延びしていたので、4人でも長かったかなぁ。)





なんやかんやは、特になく(笑)

水鳥ステーション到着!
KIMG0713




で、ワタクシのビワイチにとっては定番のコレ!、をいただく時が
KIMG0714

なんか美味いカレー (o^∇^o)ノ



ちゃんとココ(食堂)で煮込んだ感がアリアリの、素朴なカレー。

あくまで、素朴なんス。


その中でも。

今回は、牛スジ肉の感じが前面に出ていたなぁ。



やっぱ、美味かった! (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

庶民派な味覚ではない方は、どう感じるかはわかりませんよー? (_´Д`) アイーン  





皆様それぞれに、凍えた身体を暖めてもらえたかな?

では、出発しましょう!





さみー! ('A`|||)



この日ずっと、降ったりやんだりの雨でしたが。

どうも、各ポイントからのスタート直後に風・雨足が強くなり、出端を挫かれるパターンが続く。

そんな中、皆さん黙々と前進を続けてくださって。



旧道トンネルを越えての、絶景ポイントへ!



うむ。 綺麗ではない (;´Д`)

なので、写真無し!

さぁ!行こう! (☆゚∀゚) 





あとは、海津大崎の桜にかけるしかないで!

と思いつつ。



昼食休憩からは近いが、ココを逃すと、次のコンビニにまでの間隔が長くなるので。

という理由で立ち寄った塩津のローソン。



ママチャリに乗ったオジさんに話しかけられる。

オジサン「海津大崎、まだツボミやでぇ。」



終わった。。。

長浜城のトコロの桜は、それなりに綺麗に咲いていたので、少し楽に考えていたのですけれどね。



まぁ。

多めに咲いている場所で、こんな感じでしたねぇ。
BlogPaint


一週間早かったかな?という感じ。



そういえば。

昨年も、「一週間早かったのか?」「もっと綺麗にみえるん?」と思い、その次の週もキタイチしたなぁ。


その記録はコチラ
と、コチラ

ブログ記録リンク



なんか、しょうもない事を言っているのは。

一年前も同じか(笑)



という事で。

この日の一番の目的地あった『海津大崎の桜』は不発に終わる。。。





また、来年だねぇ!('▽'*)ニパッ♪



そう。

YAMさんは、海津大崎に立ち寄る事すら出来なかったですしねー。。。

この日、夕方から予定があるにも関わらず、ギリギリまでお付き合いいただきましたが。

海津大崎手前で、JRに向けての最短を行く為の離脱をされたのです。





で、目的地を過ぎたこの先は、淡々走行。


淡々。

淡々。


白髭
KIMG0721



淡々

淡々


前後グループ、はぐれる (TДT)


淡々

淡々





ゴール!米プラザ!
BlogPaint

ヨッシーさんは女性なので、お顔隠しは『キラキラ目』にしようかと思ったけれど。
STRAVAのログから、走行距離がガチな人なので『ガチ目』で(笑)



「雨など関係ねぇ!」という。
  変態さん方々との出会いとなった一日。



めぇめぇいうとります
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





















































続 素朴に美味いカレーと、見頃の桜を楽しむ琵琶湖。 キタイチ(^~^)

乙カレです



ローソンに集合した7人で、先行しているカオルさんとASAさんを追いかけるところからですね。


このお二人には、「長命寺などを過ぎた後の、ファミマで待っていてください!」と、メッセージを入れておきます。





今回、最終的には9人になる事から、3・3・3の3グループで走る予定ですが。

スタート時は7人。



「ひとまずは、3・4で走りましょう!」

「無風平地基準で30km/hで走るつもりですよー。」



くらいの内容をお伝えしてスタートします。



前グループ4人、先頭はワタクシ。

後ろグループ3人、先頭はYAMさん。






走り出すと、雨が強くなった ('A`|||)


走りだしてしまったので、もう止まれません





走り始めの風は、そこそこいい感じ!


基本、横風の中に、追い風・向かい風の変化があるのですが。

横風~追い風時間が長く、巡航速度としては『無風基準』よりも上にいきやすい状況。

時折、32km/hくらいまではスーっと上がるくらいの状況でしたね。



しかし、結局邪魔をするのは雨。

水を跳ね上げるので、人の真後ろにつけないし距離も詰めれない。

ので、後続にとっては、さほどらくが出来ない



『うまみ』よりも嫌気が勝ってしまう。





参加者を募集していた段階で、ヨッシーさんから走行強度についての質問をいただいていたので。

その時にも、「人の後ろで、無風平地基準で30km/hで走れれば大丈夫です」と、お伝えしていたのですけれど。



人の後ろにキッチリつけない今回、上記の強度目安では無くなってましたね

実質、ソロでの無風平地基準としての『30km/h巡航』となっていたかなぁ。





その事に加えて、途中から向かい風ばっかになったり。

その向かい風が、結構な強さだったりで。

(出力を少し上げても、20km/hくらいまでしか出ないくらいの向かい風ですねぇ。)



そして、グループ内でもバラけはじめ、グループ間でも差が開きはじめ。





それでもなんとか、長命寺の先のファミマ到着。





ココで

紳士①現る!


コンビニ紳士とでも言っておきましょうか。



お疲れ気味のヨッシーさんへの気遣いを示したのは、YAMさん。



雨風で凍えた身体への気遣いとして、ホットコーヒーを差し出す。

疲れた身体への気遣いとして、ウエストバッグ的なモノを引き受ける優しさ。



その光景を目撃した翔さん(だったと思う)とワタクシは。

「紳士ですねぇ!」

「あれ?コーヒー、僕達には?」

「きっと、次のコンビニで、ですよ? (●´ω`●)」



なんて、勝手な事を言ってイジッてましたが。



ほんまに結局、コーヒー貰ってないでぇ~

  (-ε-)ブーブー

ワタクシ、卑しい(笑)





そんな、YAMさんの紳士である一面を目撃しつつ、先行していたお二人の状況を探るも。

どうやら、長命寺ではなく別のお寺を目的地として進まれていたらしい、と発覚。



彦根のサークルKの位置情報を送って、改めてそちらで集合する事に。
(↑このやり方、知らなかったのですよー





じゃあ出発!と。



次は、YAMさんが前のグループ(4人)を牽いて、ワタクシ(3人)が後ろのグループという事に。



さぁ、その走りでも、ヨッシーさんへの気遣い紳士っぷりを見れるのかな?と思いきや。





後続が、中切れしても気にしない走法、始動!

いや、たぶん30km/h維持されていただけなのだと思う。
序盤、バラけさせたワタクシが言えることではない(笑)




コンビニ紳士はどこ行った? Σ( ̄ロ ̄|||)





などと、後続としてその状況をみていると。



新たな

紳士②現る!


導きの紳士ですねぇ!



離れていくYAMさん・atsushiさんに追いつこうとはせず、御自分が牽く役目となり、ヨッシーさんを導いて行きます。



その紳士は。

れがおさん、ですね。



後ろグループを牽く身として、れがおさん・ヨッシーさんにつかず離れずの距離を確保していると。

28km/hくらいで走っている事がわかりました。

この日の天候の中では、30km/hはキツイとの判断の上、ヨッシーさんの様子を見ながらの判断だったのでしょう。



この後、カオルさんとASAさんとの集合場所としたサークルKまで、ずっと紳士として牽いてくれていましたね





どちらが本当の紳士でしょうかねぇ?

  (゚∀゚)アヒャヒャ

(゚∀゚)アヒャヒャじゃねぇよ!お前はどんな紳士っぷりを披露したんやぁ?という指摘が入るわっ(笑)



まぁ、そんなこんな、ありつつ。



無事、9人揃いましたよー! (o^∇^o)ノ





めぇめぇいうとります
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

結局、『巡航』という表現はどういう事?

乙カレです


桜キタイチ記録の途中ですが、まぁ、関係する内容ですので挟み込んでみます





その『巡航』速度って、ほんまでっか?

   (゚ロ゚;)エェッ!?



という疑問。





ライド企画をした時に、走力・強度を提示する時に。

「〇〇km/h巡航で」というのは、よく見かけると思います。



この場合、例えば。



「ゆるゆる行きまーす!」

「30km/h巡航で行きますよー! (o^∇^o)ノ」


と言ってスタートします。



そして、30km/hで淡々と漕ぎます。

すると、追い風になってきて30km/h維持ではペダルが軽くなります。





ココで!


出力で考え、一定ペースとする為に32~33km/hで巡航します。





すると!


休憩に入った時などに。


「ペース上がってたなぁ!」

「飛ばすねぇ! (☆゚∀゚)」


などと、言われてしまうわけですよ





『スピードメーターで一定ペース』なのと、『出力で一定ペース』の考え方の違いですねぇ





ゆうても、出力は感覚なのですけれどね! (゚∀゚)アヒャヒャ
(パワーメーターをつけてないと、ね)



この場合、当然。

向かい風や登り基調になると、25km/h巡航になったりもするのです。





まぁこの、走力・強度提示のやり方と、実走でのペース配分は間違ってないとは思うので。



より誤解を生まないように、最近は「平地無風基準で〇〇km/h巡航」という言い方をしています。

風を考慮している事を、アピールしているのですね。





ゆうても! Σヾ( ̄0 ̄;ノ





距離の決まっているライド企画での、『巡航』速度を言うときには、その定義がわかりやすいと思います。



そのライドを走りきれる速度。

その中で、維持し続けられる速度。


ですよね。





150kmライド企画があり。

ソレを走りきる時に、ほぼ全域で、無風平地基準で30km/hで走り続けられるなら。



「30km/h巡航出来ます!」で、間違ってないでしょう?





では?



普段、自分の走力を人様にお伝えする時の『巡航』速度って?

何基準で考えて、その数字を出してるん?





ある距離を維持できる速度?

それは、50km?100km?



ある時間を維持できる速度?

それは、何分?何時間?





ワタクシは。

『巡航』と言うからには、最低でも1時間は維持できる速度かなぁ?という印象なのですね。
(コレが正解・コレが基準とは言ってないですよー。)



そうは言っても。

30分・30km/h維持でも15kmも進みますので。

普通の感覚で考えると、結構な移動距離だとは思うので。



「15kmも移動する間、ずっとその速度を維持出来るのでしたら、それは『巡航』ですよねー!」という感覚の方もいるでしょうし。





ワタクシより遥かに距離適性がある方からすれば。

「200km維持出来るくらいが、『巡航』なんじゃ?」という感覚かもしれませんし。





自転車乗りが語る(語るべき)巡航速度の定義って?

決まってたっけ?





そこがハッキリしてないので。

詐欺扱い(笑)も横行するのですよねー (_´Д`) アイーン





10km・15分を維持出来れば。
「40km/h巡航出来ますよー!」と言うAさん。

30km(以上)・60分(以上)を維持出来る事から。
「30km/h巡航程度ですねぇ!」と言うBさん。



当然、BさんはAさんに対して

「めちゃ速い人!」という印象を持つでしょうけれど。



このお二人が、30km程度の距離を一緒に走ったら。

申告した巡航速度での『10km/h差』ほどの走力差は感じないでしょうねぇ。



BさんはAさんに対して「??? それほど速くない?」

AさんはBさんに対して「詐欺だ!(笑)速いやん!」って。





ココで40km/h巡航を例えに出したのは。

一つの区切りだからか、「40km/h巡航出来る」「40km/h目指す」という言葉を目にする事もあるので。





ちょいと、STRAVAさんに頼ると。


八幡~関西医大10kmTT

STRAVAリンク





この区間、ゲートがあって減速・加速を強いられる箇所はあれど、数箇所程度。

一般道に比べると、遥かに巡航速度を維持しやすい区間。



この10km区間であっても、アベレージ40km/h達成をされている方は10人もいない。
(2017年4月現在)


その10人もいないアベレージ40km/h以上維持も、TTをして出した数字でしょうし。

(減速箇所を考慮すると、実測42~43km/h維持か?)
(TTは『巡航』とは言わないのでは?『巡航』より強度を上げている事が想像出来る。)
(なので、この区間での42~43km/h維持出来る方の走力と、40km/h巡航を同強度と考えてみる。)




この区間の数字を見てしまうと。

ワタクシ基準の『最低一時間維持』という『巡航』だと、まず考えられない数字。

40km/h巡航って。





ほんま。

みなさんの言う

 『巡航』ってなんなん? (´?д?;`)






ワタクシは、37km/h巡航を目指し続けているのですがね。

平地に対するワタクシ自身の、成長速度自体が遅いんス(笑)



めぇめぇいうとります
ではまた~


 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








素朴に美味いカレーと、見頃の桜を楽しむ琵琶湖。 キタイチ(^~^)

乙カレです


サブブログで構想していたライドに行ってきました←「いっせーのでっ!イチっ!」



 ブログリンク

素朴に美味いカレーと、見頃の桜を楽しむ琵琶湖。 キタイチ(^~^)
ブログ記録タイトルというのかライドタイトルというのか。使い回しね(笑)





このライドは、2017年4月9日(日)


事前に、フェイスブックやLINEにイベントページ(ノート)をあげて、参加者募集をしていると。

続々と、(主にフェイスブックで)不参加のメッセージ



あぁ。。。 企画に魅力が無かったか。。。

   いや。。。 無いのは、人望? ('A`|||)ぎゃー!




うむ。

どうやら、伊吹山ヒルクライムの日らしい



フェイスブック繋がりの自転車乗り、ガチ勢が多すぎるわ! (*`Д')





それでも、なんとか8名の参加表明をいただき。

ワタクシも含めて9名でのライドとなりました。





輪行で行く予定としていましたが、西宮のatsushiさんが車載の上、同乗可能と言われていたので。

途中で拾っていただく事に



結果、車載は非常に助かりましたねー!  (´▽`)





このライドの日を迎えるにあたり、天気予報がコロコロ変わっていたんですよね。

しかし、前日にはかなり良い方向(晴れの時間が増えた!)に動いていたので。

期待して迎え・起きた早朝。



雨マークが増えとる。。。 (´;ω;`)



7時30分に、琵琶湖大橋東側のローソン集合。

前日の天気予報では、6時から曇り、9時以降晴れ間も現れるモノ。

当日、車に乗せてもらってから再度確認すると、9時台までは雨、それ以降も曇りか雨か。





「こりゃ、輪行組の方々、駅から動けないかなぁ?」

と思いつつ、琵琶湖大橋到着。



やはり雨は降り続いている。

しかも、降雨量1mm予想だとは思えないほどの本格的な降りでして。





ココでワタクシ、迷走。

輪行組の方々に、現在地確認と「駅で待機してください!」とメッセージ送信するも、やりとりが上手くいかない。

7時30分にローソン集合としていたが、ローソンの外では雨はしのげない。

琵琶湖大橋西側の『米プラザ』ではトイレも屋根もある。



米プラザに集合・待機に変更して、皆様と相談の上で行程の見直しも考えようかと思いつつ。

まずは、輪行下車駅である堅田駅まで、車でお迎えに向かう。



あれ? 誰もいない。。。 (_´Д`) アイーン



それぞれ、雨が弱まったタイミングで、ローソンに向かってくれていたようで。

連絡がついた時には「ローソンです!」との返答をいただき。



米プラザまで、勾配のある橋を渡ってきていただく事になり。。。

ワタクシの判断・連絡の遅さによって、集合から皆様を困惑させてしまいました。。。



  
それでもなんとか。

atsushiさん、れがおさん、かいわれさん、ヨッシーさん、YAMさん(ワタクシ流の仮名です)とワタクシの6人集合。



9時台まで雨予報だったので、このままスタートしても雨に打たれることが見えていました。

皆さん、スタートを躊躇されるモノだと思い込んでいた訳で。

ですので、行程を相談するつもりだったのですが。



なんか、このままスタートする気しかない雰囲気。

むしろ、「なんでローソンいかへんの?」っぽい雰囲気(笑)



こっちも、ガチ勢ばっかかい! (゚∀゚)アヒャヒャ
伊吹山ではDNS判断勢もいたとの事。こちらは変態的でもあるのか?(笑)





そんなこんなしているうちに、翔さんとも連絡が取れてローソンに到着された模様。

こっち(米プラザ)にきてもらうよう連絡するも、皆様の雰囲気からスタート決行!

ひとまずローソンで買出し、その後、スタートとしました。





ちなみに。

YAMさんは、フルビワイチを狙って大津出発されていました。
(なので、米プラザ到着時点で、ずぶ濡れ。。。)

翔さんは、京都市内から自走されていました。
(なので、ローソン到着時点で、ずぶ濡れ。。。)



さぁ、ローソンには7人が集合。

ココでメッセージを確認すると、あと二名の参加者である、カオルさんとASAさん(ワタクシ流の仮名)は。

ローソンに到着するも、誰もないのでスタートしつつ様子見をされていた、という状況。





もう、ほんとうに。

参加いただいた皆様! すいませんでした!


BlogPaint


めぇめぇいうとります
ではまた~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

終 忘れていたあの日を取り戻すライド

乙カレです



蕎麦屋さんで無事、腹パンになり。

ツネさんには先行出発していただいたので、ココからは一人旅。



嵐山側へ下ります。



保津峡辺りはキレイですねぇ!
KIMG0675

KIMG0677

KIMG0678




六丁峠を越え。

嵐山の市街地の観光客の多さ・その動きに注意しつつ。
(突然の横断など、なかなかに危ないので要注意



有名な橋! (≡ω≡.) 
KIMG0679






そのまま、桂川を南下。



モニグロ
KIMG0680


この駐輪場で、緑の自転車が目に付く。



「もしや!」と思いつつ、モニグロの店内へ。



やはり! (*゚▽゚*)のnamenekoさん。


カウンターに座った状態で、入り口のコチラに気付いてくれていたので、ご挨拶。





と、その左手のテーブル席からも熱い視線が。←違うかぁ


キャーさんとりんねさんがテーブル席に座られていました!





ワタクシが、店の前を通り(店内を覗いた)、駐輪場に停めに行く姿を見て「ずー・たにじゃね?」と気付いてくれたらしい(笑)



そう、コレが。

だるまジャージの威力だ! (゚∀゚)アヒャヒャ





「ずー・たにさんと言えば、だるまジャージの印象」と言われる事がちょくちょくありますのでね



だるまジャージを見てワタクシを思い出していただけるソレ。

引き続き、北摂~京都の地域にかけては、ワタクシがいただいておきますよー(笑)





で、キャーさんの横のテーブルに座り、談笑させていただいていると。

usagiさんもご来店! オオーw(*゚o゚*)w



自転車で出会うと言えば、さんおつ。。。

自転車で絡むと言えば、さんおつ。。。



が、基本であるはず。





なんちゅう日があるもんじゃい!

   (●´ω`●)デレ




さぁ、デレたまま終わりましょう(笑)




めぇめぇいうとります
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村









続 忘れていたあの日を取り戻すライド

乙カレです



ツネさんとの二人旅が走り出します ('▽'*)ニパッ♪



走り出して10分。

余野のコンビニで早速止まります。

補給食の買出しとトイレ程度。



目的地の蕎麦屋さんまでは、それほど遠くはないので。

この後は、水分の買出し(自販機でも可能)程度で済むように、という事ですね。



行程などは、サブブログに記録しましたので、そちらを参照していただきましょうか (*・ω・)ノ



行程を記録したサブブログはコチラ

↑↑ブログリンク↑↑





さぁ!
ではでは、国道423号を北上しましょう!


亀岡市街地に入る手前までは、下りメインの快走路。

最後のつづら折れの峠以外は、路面も悪くなく、安全に走行出来ます。



亀岡市街地(国道9号線)まで出てしまうと走りにくいので。

手前を曲がりちょちょいと、市街地パス ('▽'*)ニパッ♪
(サブブログに貼ってある、ルートラボ参考にしてくださいねぇ)


亀岡から越畑方面へ抜けるための国道477号近くまで、『裏道走行』出来てしまいます。




で、この国道477号。

よく通行止めになるんですよね。



なので、事前に調べておいた紅葉峠へ迂回します。

てか、もとからこっちを登ってみたかったので(笑)



通行止めバンザイ! ヾ(=^▽^=)ノ
(なんて言うのは、生活で利用されている方々に失礼ですね。。。)



このときのワタクシは、夜勤明けでしたし、調子も良くは無かったので。


「ココからセグメントですよー!」
「ワタシハのんびり行きますよー!」


と、ツネさんにお伝えしつつ。

ペースを上げたツネさんに、『喰らい憑こう!』と頑張ります。





途中までね! (゚∀゚)アヒャヒャ




だって、展望台があるって知っていたんだもの ( ̄ー ̄)ニヤリッ
KIMG0646

はじめから、「展望台までは!」と、区間限定で頑張って喰らい憑いていただけです。


「いつか、万全な時にセグメントアタックしてみよう! (屮゚Д゚)屮 カモーン」

とは思ってますけれどね。




んで。

展望台での撮影後は、無理せずカタツムリ走法
のんびり確実に進むぜぃ!





登りきった(と思われる)トコロの、怪しい分岐で待ってくれていたツネさんに追いつき。

進むと、県道50号線に突きあたりますので、右折・東進。



ココを左折・西進すると、かの有名な『日吉ダム』ですねぇ!



右折後、しばらくの平坦。

その先、ちょちょいと登って行くと。



右手にドーン!




蕎麦屋さん到着 (⌒-⌒)
KIMG0654



KIMG0649



KIMG0655


30分前に到着してしまったので、表で待ちます。

このくらい前に着くと、一番乗りでしたね。


その後、11時の開店目指して、他のお客さんもそこそこ来られていたので。

グループの人数の多くなった時には、早めの到着がオススメですね。



そして、少し前に開店していただけたので。



さぁ!食べますよー! 

KIMG0658

このメニューの二品(鍋と蕎麦)が下の写真。

KIMG0667



KIMG0669


これらは、ワタクシ一人でいただく分です。


メニューには鍋について、「2・3人で」と書かれていますね。

「お一人でも」とも書かれていますが。



これねぇ。

ワタクシはそもそも、大食いではないので。

2・3人前の鍋を一人で食べるとなると、この鍋だけで十分だと思われるじゃないですか。



なのに、この時のワタクシ、蕎麦まで注文するという。



なぜか。

きっちさんのブログ←ブログリンク

住友輪業さんのブログ←ブログリンク


このお二人のブログからさらに、この蕎麦屋さんに訪れた多数のブロガーさんの記事に進めるので、是非ご覧ください。



「この鍋だけじゃ物足りないよぅ (ノ◇≦。) ビェーン!!」

という印象を受けないですか?



それらの記事を読んでから訪れたこのお店。

だからこその、上記注文。



騙された! (`Д´) ムキー!

腹パンでしたよー ('A`|||)





食べ終えるのに時間が掛かりそうだったので。

この後、「予定アリで、越畑離脱」と伺っていたツネさんに、先行出発していただきます。。。





店内からの景色を愛でながら、一人食べ尽くします。
KIMG0661



などと、言いつつ。

腹パンながらも、最後まで美味しくいただけたましたので。





これこそ味は良い!事のあらわれですな!
ワタクシの好みは、もう少し味噌味がきいている方が。ですがね(笑)





そうそう!

食事中、ツネさんとブログ村のランキングの話になったんですよね。

ツネさんが「ポチってもらうには?」という事を、ワタクシに質問されます。



ワタクシ「いやぁ。ワタクシ、弱小ブロガーなもので。。。」などと返答し、アドバイス的なモノは出来ないと思いつつ。



ツネさん、ブロガーやったん?! (゚∇゚ ;)エッ!?

との驚きは隠して、接してましたよ(笑)



そのツネさんのブログはコチラ←ブログリンク





めぇめぇいうとります
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








ブログ村
ギャラリー
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら