午年 羊座 乙女膝

乙女膝を持つおじさんが、自転車で、馬の様に疾走出来るのか?羊のままなのか? シリアルNO.000の乙女膝を入手した事から、ブログ名変更。 旧ブログ名『37歳 37km/hで走りたい!(38歳になったけれど?)』

2016年10月

多めに喰っているから、登りが速くなった?

乙カレです。


なかなかブログを書けない中。

いただいたコメントに対して「次はあの時の記録ですよ~」なんて言いつつ。

『あの時の記録』すら書けてない。

申し訳ありません。。。



そして今日も、違う話。
BlogPaint



ここのところ、STRAVAの登りのセグメントでの成績が良い。

そして今朝、ワタクシにとってはとんでもない記録が出た。



その原因は、最近、意識的によく食っているからではないか?
と思った。



「食ったら、登り遅くなるんじゃねえの?」と思われるかもしれないし、思っていたけれど。


ドンドン太るくらいには食ってないらしい。

意識的に食べる量を増やしても、体重は微増くらいで推移しているから。



「食わねば!」と思ったのは。



◆運動中にも、エネルギー源として筋肉が消費されている(らしい)という情報を目にした事。

ワタクシ、こう考えた。
「じゃあ、筋肉が消費されないように、優先的に消費される糖質を、こまめに補給し続ければいいんじゃないの?」

⇒ライド中、過補給でも良いから多めに食べます。



◆ボディービルダーは、身体を作る(筋肉を作る)前に、脂肪を蓄える時期を設ける(らしい)

ワタクシ、こう考えた。

「それって、脂肪がある状態から絞る方が、筋肉もつきやすいって事かいな?」
「じゃあ、週末のライド(筋肉をいじめて、筋肉を作る)に向けて、普段から脂肪が多少増えてもいいんじゃないの?」

⇒普段の生活の中で、体重が多少増えても気にしない。



◆運動中、糖質の次に、脂肪や筋肉が『ある比率』でエネルギー源として消費される(らしい)。

ワタクシ、こう考えた。

「それってやはり、脂肪が多いほうがいいんじゃないの?」
「だって。」
「多い溜め池と少ない溜め池がある時、スムーズに水を供給出来るのは、多い溜め池。」


「体脂肪が少なすぎると、脂肪からエネルギーを取り出す事が難しくなり、余分に筋肉から消費されるんじゃねえの?」


↑↑↑全くの素人考えで、正解かどうかはわからないが。
ワタクシのなかでは、大文字の部分、今のところかなり納得出来る考え方。


ワタクシ、家の体組成計では、体脂肪率一桁になる事もしばしば。

その状態で、運動を続けた場合。
体脂肪率15%くらいの方に比べて、筋肉への負担が大きいんじゃねえの?
(それ以上の体脂肪率の方は、単純に、自重による負荷・負担増とも考えられそう。)


特に、ロングライドやヒルクライムなど消費カロリーの大きいライドではやばそう (ノ◇≦。) ビェーン!!


週末のライドで鍛えるつもりが、筋肉を『余分に』消費していたら。。。



レースに出るつもりなく、単純に速くなりたいだけのワタクシ。


体重の軽さを武器に出来るラインと、体力が減衰してしまうライン。
こんな事を考えながらの減量・体重管理などとは無縁の自転車生活。


ライドで苛め抜いた筋肉には、単純に成長して欲しい。

ワタクシの様な楽しみ方でしたら。


多めに喰って、身体(筋肉)をデカくする方が速くなれるような気がする。



素人考えなので。

たまたま。
多く食べる事を意識した時期と成長のタイミングが重なっただけかもしれませんが。

ペダリングへの意識も変えましたしねぇ。。。



ふむ。

一気に機材を交換すると、どのモノによる効果かわからなくなるアレと同じかな?(笑)



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

オススメします!『大切な人に会いに行くライド』

乙カレです。


今日は淡路島に行ってきました。

自転車で走ってきました。
その内容は後日書くとして。

BlogPaint


後悔は後からやってくる。

まぁ、『後悔』という、字のままなのですが。



大切な人は、いつまでも元気でいるのか。


突然、倒れる事はないのか?

突然でなくとも、徐々に衰えていく事はないのか?

ある時期(季節)、体調を崩し長引き、思いのほか身体的ダメージを受ける事はないのか?



ワタクシの大切な知人は、淡路島の北淡にいます。
よく、淡路島ライドの拠点とさせていただいています。

知人は、80代。

月に一度くらいのペースでは、顔を見に伺っています。



その知人が8月に倒れて、最近まで入院していました。

約二ヶ月。


もっと早くに退院出来るものだと思っていましたが、思いのほかダメージが大きかったようです。


倒れた原因はよくわからないのですが。

状況から推察すると。
暑い日が続いていた時期なので、食欲が無くなったのか、水分補給が足りていなかったのか。


昼前に、勝手口から外に出ようとしていて、ふらっと倒れてしまったそうで。

倒れた時には、打撲こそあれ、捻挫や骨折まではしていなかったので、本来ならば立ち上がって家の中に戻れたはず。


ですがこの時は、夕方まで動けなかったそうで。

暑い中、勝手口の外でずっと動けない。


この勝手口が北側でよかった。。。

南側なら、一番暑い時間帯に日差しを受けて。。。

最悪の事態となっていたかもしれない。


そして、その数日後に。

今度は、家の中でつまづき(普段はつまづかないような場所で)動けなくなり。

毎日宅配弁当を運んでくださっている方が、「今日は、弁当の受け取りに出てこない」と役所に連絡を入れてくれて。

役所の方が見に来てくれて、座り込んで動けない知人の姿を発見してくれたそうで。



この倒れた当日。

それより少し前。

ワタクシは、知人に挨拶に伺っています。

ほんの数分の挨拶。


この時、もう少し話をして。

体調や食事(食欲)などの事も聞いておけばよかった。。。



それは、以前、『ロードバイク布教ライド』で走った時。

本文中に、『ワタクシはひとり、北淡の知人宅に挨拶に伺う。』
     『(わざわざ書いたのは、コレ、伏線ですよ。)』
と書いていました。その記録はコチラ(←記事リンク)


『(わざわざ書いたのは、コレ、伏線ですよ。)』と書いているのは。
まさに、今回の記録を書く事を決めていたから。

無事に退院したら、と。



月に一度くらいのペースで顔を見に行っていても、突然「倒れた」という連絡を受けるもんなんですよね。

そして、それぐらいのペースで伺いつつも。。。
ライド中に『挨拶だけに』伺った時の事に対して、「体調や食事(食欲)などの事も聞いておけばよかった」と、後悔もするんですよね。



まぁ、どこまでいっても。

離れて過ごす大切な人に、何かあった時には。
何かしらのカタチで、後悔はするのでしょうけれど。


ただ。
100kmや200kmを当たり前の様に走れる乗り物を、趣味として遊んでいるのですから。

その遊びの目的を。
『大切な人に会いに行くライド』とする機会を作ってもいいんじゃないかなぁ?と思いまして。



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

『びわ湖(150km)走りませんか?』 ええ。ワタクシは走れません。。。 が!

乙カレです。



やすさんのブログを見ていたら『びわ湖(150km)走りませんか?』とのライド告知。



速攻!

参加表明するも。。。 

(_´Д`) アイーン




会議の日だった。



しかし!

会議は13時から。



琵琶湖集合が、米プラザに7時30分。



ふむ。 間に合うな! ( ̄ー ̄)ニヤリッ



キタイチは出来ぬが、お見送りは出来る!



2時30分に家を出れば、余裕を持って着けるはず。

と、この日が近づくまで、自走で米プラザへ行く予定だったが。。。



前日、同窓会が入った。



「どうそうかい。どうしようかい?」 (゚∀゚)アヒャヒャ



なんて思うも、せっかくなので出席。



「どうそうかい2次会?どうしようかい?」と思うも、2次会出席。



「2次会からの帰宅は、何時だい?2時かい?」

「2時台!」



上手いこと言った気になる。



さておき。

実際は、1時台の帰宅だっただろうか。

自走は無しだ。



湖西線の堅田駅まで輪行決定!



そして、到着。
BlogPaint


参加者は

やすさん
きのっぴさん
Lipさん
アンダさん
usagiさん
raguさん
くろだいさん
つぼちゃん
くるはむさん
ビオさん
よっしーさん
LaMossさん
あおいのさん

(ビオさんとよっしーさんは、南湖を走られていたとの事で、この日はお会い出来ず。)



ワタクシからすると、知り合いの方が少ないというメンバー。

しかし。
ブログを書かれている人や、ツイッターでそのお名前を見たことのある方々。



この方々にお会いする事が、この日最大の目的。



そして、お見送りはもうお二方。

ガルマさんとおかちゃんさん。

かの有名な、上納金(ジャージ代)を渡すシーンが生で繰り広げられるも、ワタクシ写真を撮れず。。。なので、やすさんのブログからどうぞ!(←ブログリンク)


ガルマさんは、ホント、場を盛り上げてくれますね!



さぁ、皆さんがスタートされるます。

ワタクシは、お見送り。


したのはいいが、僕も琵琶湖大橋を渡って東岸に渡るので。

琵琶湖大橋分だけ、一緒に走れた!

これで、ワタクシも参加者ですね(笑)



そして、皆さんは東に渡ってすぐのところを左に入り、キタイチのサイクリングコースへ。

ワタクシは、直進、琵琶湖大橋東のローソン横を通過。



かと思いきや、ビワサイメンバーさんが休憩中!

挨拶と、軽くお話をさせていただき。


仕事に向かう為と。

ビワサイ朝練の、復路スタートのお邪魔をする訳には行きませんので、長居はしません。



先に、唐橋に向け南下スタート。

巡航トレは速いので、「そのうち追いつかれるのでは?」とビクビクしながら。

追いつかれないように、頑張って漕ぐ!



漕ぐ!

漕ぐ!



ミラーで後ろを確認しながら走っていると、何人かの列車が近づいてくるのが見えた。

信号のタイミングで離れたりするも、確実に近づいてくる!


「あぁ、追いつかれたなぁ。。。」と思いつつ、ワタクシのペースだけは維持。

やはり、追いつかれ。



うむ。

ここは爽やかに、「お疲れ様です!」とでも言おう!



すぐ後ろに近づいてくるタイミングで、右手で「どうぞ」の合図。

そして、抜かれ際に


「お疲れさまです! ヾ(=^▽^=)ノ」



。。。

。。。

。。。



知らない2人組でした (≧ヘ≦)



後で聞くと、ビワサイメンバーさんは。

ローソンにて、外国人の方に話かけられ、結構な長話をされていたようですね。


ありがとう!外国人さん!
(逃げ切れた)

そして。

残念でもあったよ!外国人さん。。。
(追いつかれたかった)



さぁ、順調に唐橋通過。


「とりあえず宇治側ラインで、御幸橋までは頑張ろう」と漕ぐ!


定番にしたい休憩ポイントには立ち寄る。

宇治・平等院近くの
KIMG0409


ちぇりお



サイダーを飲む。
KIMG0410




さぁ、進む。



そして、時間に余裕が見えたので。



もにぐろのすむーじー
KIMG0411

やはり。
暑い時期には。
カキ氷より、コチラの方が、補給にもなる感じがあって、満足度高し!
うまし!



あとは、探検というか。

西国街道のルート確認しながら会社まで。



この日も。

出勤前に、楽しい時間を過ごせました。



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



ちなみに。

前日のお酒は残してないですよ~

ワタクシ、飲む時はいつも、アルコール飲料と同量の水を飲みます。
『ジョッキビール1に対して、ジョッキ水1』という感じ。
2次会は、ソフトドリンクばかり飲んでましたしね。


自転車でも飲酒運転ダメ!


二日酔いでも、アルコール出ればダメ!
アルコールが出なくても、自分自身で違和感あればダメ!

新たな乙女膝、生まれました。 娘の名前は【美香(よしか)】

乙カレです。


BlogPaint

左膝に、娘の美香(よしか)誕生です。



まぁ、ライド記録などでもなく。


ネタといえばネタなのですが。。。



右膝をぶっ壊し、その膝を『乙女膝』と呼び。

そして、生涯を共にする者の責任として、結婚しました。


この記録の時に、右膝をぶっ壊し。。。(←記録リンク)

乙女膝に対しての感謝の気持ちの記録がこちら(←記録リンク)

結婚という決断に至る説明がコチラ(←記録リンク)



まぁ、このような経緯で右膝の『乙女膝』と結婚したワタクシですが。



結婚後、自転車にまともに乗れるようになっていく中で。

どうしても、右膝をかばい、左膝に負担がかかるんですよね。



そうすると今度は、左膝に違和感を覚えだし。

まぁ、右でやってもうたので。
左までぶっ壊れない様に、入念に筋肉をもみほぐす事を続けて。
一定のラインを越えてしまわないように注意しながらで。



なので、グループライドの休憩中に、両足の筋肉を揉みほぐししていると。

「奥さんの調子どう?(笑)」と気に掛けてくれる方も結構いらっしゃいます。
(ブログを読んでいただけていて、ありがたい事ですね!)

その会話の中で、「右をかばう為に、左にも違和感が出てきてますねー。」と返答すると。



愛人誕生か! (☆゚∀゚)



って言われます(笑)



まぁ左は、右みたいにぶっ壊れるトコロまではいっていなかったので、乙女膝認定もせず。

まだ何も誕生していないテイだったのですが。



西播磨ライドでやらかしたワタクシ。

左膝にも誕生している事を、自ら認めたような状況に。(←記録リンク)

かずこ(右膝)を指差すはずが、何故か、当たり前の様に左膝を指差す。



ここでもう、「愛人確定!」かの様な雰囲気に ('A`|||)



まずい!



ワタクシは、浮気反対派なのであります。

「そんなん当たり前」と言われそうですが。


「オトコは浮気をする生き物だ!」と、コレもまた当たり前の様に言われている。


カッコつけてか本心か。
「本気でなければいいよ!」という女性もチラホラ。


なので、敢えて言わなければならない。



ワタクシは、浮気反対派なのであります。



そんなワタクシに愛人疑惑など以ての外。



どうしよう。。。 (;´Д`)


何か、釈明を! (≧ヘ≦) ムゥ



うむ。

釈明?

ちがう!



左の乙女膝、美香(よしか)は、生まれるべくしてうまれたのです。


だってそうでしょう!

かずことワタクシは、お互いを支えあい、かばい合いながら自転車を楽しんできました。


そうすると、どうしても左脚に負担がかかるのは当然。

かずこを守る為に、ワタクシは自らの左膝を差し出す。


その愛から生まれたのが、左膝の違和感(故障ではなく疲労の蓄積)。


愛し合う二人から生まれるのは?



愛人?



そんな訳ないでしょう?



子供ですよ!

乙女膝なので、娘ですね。



まぁ、娘は、ワタクシには似ていないので。

街中を二人並んで歩いていると、「おいおい!若い彼女連れてんなぁ!」なんてツッコまれるのは嬉しいですけれどね (* ̄∇ ̄*)エヘヘ



ふぅ。。。 (*´∇`*)



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

『おはみの』に、あの方が!

乙カレです。


この日は、夜勤明け。

重シクロやし、「おはみのはどうしようか?」と迷うところですが。


おやじ転車さんがいらっしゃるので、当然凸!



しかし、集合・スタート地点には間に合いそうも無い。

ので。

一人、西田橋から勝尾寺に登り、箕面駅へおはみのコースを逆走して正面から現れるプラン。



少しでも早く合流したかったので、なるべく速く漕ぐ!

西田橋~勝尾寺は、流れでTT状態。



途中、工事の交互通行で止まっている、一人と四人組のローディーに追いつく。

警備員さんが進めというので進むと、その合計5人の方々はそれほど速くは無かったので、抜いていくカタチに。



ふふふっ!

こっちは、ぶっといタイヤを履かせているんだぜぃ (゚∀゚)アヒャヒャ


と、いい気になって、ますますなるべく速く漕ぐ!


追いつかれたらカッコ悪いじゃん (_´Д`) アイーン 



なんやかんやで。

セグメント『勝尾寺ヒルクライム』は、カーボンロードで出していた自己ベストから2秒落ち。

『勝尾寺ヒルクライム後半』にいたっては、PR獲得。



普段、どんだけサボってんねん! (゚皿゚メ)



ひぃこら言いつつ、勝尾寺前着。

止まらず、勝尾寺発。


「おはみのの皆様はどこかな?」

「このタイミングだと、高山公民館方面への分岐より、箕面駅側に居るだろう。」


と考え、下りつづけます。



おはみの第一ポイントで皆さんがいるのを発見!



おやじ転車さんもコチラに気づいて近づいてきてくれる。

そしてそのまま手を出される。



うおっ!握手や! Σ(=゚ω゚=;)


と思い。


焦り。


手袋を外そうとするも、「待たすのもいけない!」と思い。


結局そのまま、片手握手。



だいぶ、あたふたしてしまった。

せめて、両手握手をしないと!

と、一人後悔。



まぁ、重シクロの僕は、終始様子見の最後尾付近キープ。


なんやかんやで。


高山公民館
KIMG0397


だべ。

だべ。

だべ。

だべ。

だべ。

「妙見へいきましょう!」



(; ̄Д ̄)。。。 。。。 。。。



「どうしよ。。。」

「重いしな。」

「さすがに妙見は。。。」







「まぁ、なんとかなるやろ!」



「ちぎれたら放っておいてください!」とお伝えして、ご一緒する事に。



妙見への最初の激坂区間(集落を抜けるまで)で、スルスルっとおやじ転車さんが抜けていく。

誰も追わない。



接待!接待! (*゚▽゚*)



追うしかないでしょう!

客人を一人ぼっちなど。


。。。

。。。

。。。


追いつかない ヽ(TдT)ノ



その漕ぎ姿からは、ゆるゆると登っている様に見えるのに、めちゃ速い!



結局。

一度離れると、妙見を登りきるまで見えずじまい。



の、妙見。
BlogPaint


だべ。

だべ。

だべ。

だべ。

だべ。



七葛のコース内で、この妙見より緩いコースは一つもないそうです。。。



さぁ、秋の七葛。

ワタクシは夜勤明け、途中参加予定ですが。

何葛出来るでしょうかねぇ ( ̄ー ̄)ニヤリッ



一番の緩葛コースで返り討ちにされてりして (*´Д`*)



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

北淡探検隊 【先遣隊】

乙カレです。


9月18日(日)に行うはずだった(泣)

『北淡探検隊』


9月18日は、雨で無くなりました。。。



事前に、別ブログにて、その開催内容を纏めてみたものがこちら(←ブログリンク)



そして。

いくら『探検』とはいえ、主催者が「全く道がわかりません」ではマズイので。
ある程度のルートをチェックしておこうと思い。

8月のある日。
淡路島での用事の合間に。


北淡探検隊【先遣隊1】

北淡探検隊【先遣隊2】


北淡探検隊 【先遣隊】 ( ̄‥ ̄)=3 フン


そう。

8月のライドの内容を、今頃公開するメンタル。



さておき。


やっぱええわぁ!北淡 (^_^)ニコニコ



明石海峡大橋は真正面から見える場所へ
KIMG0325

ゲートは手動で開ける!
KIMG0324

KIMG0323

階段と山道を歩く!(クリートカバー必須)
KIMG0298

KIMG0300

KIMG0301

見えた!展望台。
KIMG0304

KIMG0305

からの景色。(スマホのカメラ性能悪し!)
真正面の迫力が伝わらない。。。
KIMG0319

KIMG0315


安定の花さじき
KIMG0297

KIMG0294


常盤ダムから上を目指すも。。。
KIMG0292

KIMG0290

グレーチングすら無いミゾ!危ない (≧ヘ≦) ムゥ 
KIMG0289

展望台があるそうだが、全く整備されておらず。
もったいない。
KIMG0288

無茶はせず、引き返す。

アワイチの時は素通りする産直屋さんの間を登る。
産直淡路1

産直淡路2

こんな感じ。
KIMG0332

KIMG0331

KIMG0335

この右の藪の中から、イノシシ&ウリ坊ちゃんが4匹ほど。
KIMG0336

そして、この藪の中を並走する物音が!
イノシシだったら!と思うと、恐怖でしかない (ノ◇≦。) ビェーン!!

この先の、藪が戸切れたところで様子を伺っていると。


ウリ坊!


安心したのもつかの間、コチラに向かって突進!

背中を見せるとヤバそうなので、じっと見つめつづける。


ウリ坊は、数メートル先で直角クイックターンをかまし、仲間の方角へ去っていきました。とさ。


その後は、また別の群れがいるんじゃないかとヒヤヒヤ。。。


なんとか登りきり。
『妙見宮』
KIMG0340

KIMG0341

北摂の妙見は、ヒルクライムTTのセグメントがあるが。

コチラにも作ってやろうか(笑)

登山セグメント。

TTならぬTZだ!


妙見(宮)から先は、なんとか舗装されている道。


から、『月山寺』
KIMG0343


この月山寺へは、かの有名なデッカイ廃墟大仏の裏から道が続いている。

つまり、廃墟大仏から産直淡路は山道で繋がっているのだ!


このルートは、まさに探検 ( ̄ー ̄)ニヤリッ


まぁ、あとは、佐野の平坦を選択した時に見える、特徴ある建物見学。
KIMG0329




淡路島内陸探検、オススメいたします。



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

やらかしてもうた。その記録。

乙カレです。



ワタクシ、やらかしました。

恐らく、信号無視。



恐らく、と言うのは。


なにか聞こえた後続の声。

「止まります!」(だったのかな?これも、ハッキリとは聞き取れなかった。)

それによって、「おっ!」と赤信号に気付いたのが、停止線を越えていたから。


黄色で突っ込んだカタチであったかもしれないが。

黄色かどうかもわからない。

そもそも信号に注意を向けてなかった事が一番の問題。


よほどの停止線直近(危険な停車となる)以外は、「黄色も止まれ」

黄色だったとしても。

その黄色に気付けていない時点で、何色だろうが信号無視ですね。




先日、アワイチに行ってきました。

岩屋のジェノバラインの乗り場をスタート。


まずは4人で、南下します。


『最後のコンビニ』(福良に抜けるまでの)・ファミマのサントピアマリーナ店で待ち合わせの為、この店までの区間は必至に漕ぐ!

『最後のコンビニ』で集合した先はゆるゆる予定だったので、余計に頑張れる区間。


まぁ、皆さん、先頭になった時には速かったので。

ワタクシも、自分が先頭の時には、負けじと頑張ります。
(それでも、一番遅いのですけれどね。)



ダメですね。

頑張り過ぎは。



視野が狭くなったのでしょうね。


近くの路面や前方の車の動き。

近くの左右の人・モノの動き。

このくらいは確認し続けていたのでしょうけれど。



『遠く広く視る』という事が、完全に出来ていなかった。

しんどさから、視線が下向きになっていた事もあると思います。



なので

「少し先に信号がある。」

「そのタイミングを気にしよう!」

という、信号に対しての意識が抜けていましたね。



交差点に近づくにつれて、前を走る、連なっている数台の車の動き(右左折するか?)を確認していた意識はある。

そして、前車が右折したのでその動きに注意していた意識もある。

なので、交差点の存在は確実に認識していました。



前車の動きという、ほんとに近いところばかりに意識が集中して、その上空(ほんの少し視野を広げるだけ)の信号への意識をすっとばしてしまった状態。



考えないといけないのは。



頑張って漕ぐ!

限界まで漕ぐ!

その範囲ですよね。



ルール・マナーを守る、その思考・判断能力への余力を残した上で。

その余力を残した後の部分の『頑張り』『限界』でないといけない。



当たり前ですが、コレ絶対ですよね。

その当たり前が出来ていなかった、この時のワタクシ。



少なくとも、あの交差点の左右にいた車から見たワタクシへの印象は最悪でしょうね。

「おいおい!突っ切りよったで!」って。



これは、ワタクシへの印象だけでなく。

淡路島をサイクリングする方々への印象ともなってしまうんですよね。



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

モノをいただけると、優先的に更新!

乙カレです。



↑タイトル。

そんな訳ないです!



が。



一周年記念というタイミングで訪れたので、このタイミングで更新しよう。と。



モニグロ (*・ω・)ノ

モニグロさんのブログ(←ブログリンク)



ここのところ、それなりの頻度で訪れたので『常連さん』扱いをいただけた!

こういうコト。
うれしいモノでありますねー!



「常連さんにだけで申し訳ないですが。。。」と言って、ワタクシにくれたのです。
PA090148




当然、自転車で訪れたので。

「このお店の前後のライドの内容は?」と思うのですが。



基本的には、そこは順番なので。

ワタクシのライド記録のためっぷり。。。

この日のライド記録を更新するのは、いつのなるのだろうか?



その時を待つと、このお店にとっては『一周年と一ヶ月』とかになるじゃん? (゚∀゚)アヒャヒャ



だからこそのこの記録。



モノをもらったからじゃないよ!


しかし、もらったモノのおけげで、写真無し記録にならなくて良かった。

むしろ、「これを載せて、ブログの一記録となるなぁ!」と思ったのは素直なトコロ。



結果、モノをもらったから記録としたんじゃん! (_´Д`) アイーン



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

出石まで試走。 本番よりもハードなのか?

乙カレで~す!


お見合いライドの試走の記録ですよ~ (。・ω・)ノ゙



僕は、心配性です。

西播磨から来てくれる方々を、待たせるのはイヤです。

なので、試走をすることにしました!


本番の距離は、230kmくらいになりそうです。

誘った人の中には、200km超えをした事の無い人もいました。

僕は、試走に誘って、距離を経験してもらおうと思いました。

試走の距離は、池田駅~出石の往復で、240kmくらいです。



そうして、試走に一緒に行ってくれる事になったのは、パンダ兄ちゃん(パンダライダーさん)です。



本番の集合場所は、阪急池田駅に4時です。

この日のパンダ兄ちゃんとの待ち合わせは、『道の駅いながわ』に4時50分です。



僕は、3時15分に家を出ました。



阪急池田駅には、10分前には着きました。

道の駅いながわには、20分前には着きました。



待ち合わせ場所(箇所)が増えると、それぞれに時間の余裕を持ちたくなるので、一番最初の出発時刻がドンドン早くなる事を勉強出来ました!


僕は、頭が良くなりました! (o^∇^o)ノ




のんびり休憩しました。

パンダ兄ちゃんが来ました。



出発します。



西峠を越えるまでは、パンダ兄ちゃんのホームコースみたいです。

しんどいです。

緩やかに長く登り続けるのです。


しんどかったです。



だけど。

このあと、もっとしんどい場所がありました!



『三嶽』というトコロだったようです。。。 (ノ◇≦。) ビェーン!!
KIMG0399

KIMG0400


しかも、登りよりも、下りの方がきつく感じたので、帰り道が不安になりました。。。



なんとか、国道9号線に出ました。


やっとコンビニがあったので、食べました!

待ちにまったご飯だったので、美味しかったです!


この先は、一時間くらいは9号線です。

田舎の国道にしては、道が広くなかったです。。。

走りづらい部分が多かったです。


福知山の街中の方が、二車線になっていたので、走りやすかったくらいです。



国道426号線に入ると、交通量が減り、走りやすかったです。

だけど、登りでした。。。

しんどかったです。

三嶽よりはしんどくなかったです。 (*゚▽゚*)



ここの登りをおえて、下りはじめました。

下っている途中に『出石 20km』という看板がありました。


パンダ兄ちゃんと二人で話しました。

「あと20km、下り基調が続くといいですねー!」

「まさか!そんな事あるかなぁ?」



ありました。



20km、ほぼ下り基調の追い風でした。



やっほい!でした。


なので、予定より、一時間は早く着けました。
KIMG0403

出石の街中に入っていく交差点は、乙女でした! オオーw(*゚o゚*)w



観光です。
KIMG0404


皿そばです。
KIMG0405

KIMG0406

6皿で、結構お腹いっぱいです。

本番は、一人15皿がノルマです。きっとそうです (* ̄∇ ̄*)エヘヘ



帰ります。



下り基調の追い風だったトコロを帰ります。



。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン



登り基調の向かい風、20km区間です。。。



パンダ兄ちゃんと交代しながら頑張ります。



雨が降るような降らないような天気です。



雨が降れば、輪行帰宅です。



降って欲しいと思いました。



まともに降らずに、福知山が近づいてきます。

登り基調が終わっても。

下り基調でも、向かい風です。(せっかくのストレス発散のチャンスなのに。。。)



あぁ。。。雨よ。。。



ついに!福知山市街地で、まとまった雨!



すぐに止みました。。。 (_´Д`) アイーン



あきらめて進みます。



9号線から県道に入る道を間違え、少し大回りしました。



ひたすら、戻ります。



三嶽は回避します。



回避した道も、しんどかったです。 (;´Д`)



淡々と戻ります。



西峠を登って、あとは、道の駅いながわまで、下り基調です。



どしゃ降りです。



道の駅いながわ向かいのローソンで補給とあまやどりです。



止むのを待ってられないので、ある程度ででます。



淡々と帰るのみです。



パンダ兄ちゃんは、家の近くを通り過ぎて、阪急池田駅まで走りました。

250km超えたようです。

本番も大丈夫そうです。



僕は、270kmでした。

本番も大丈夫そうです。



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

あるビッグイベント開催まで、一ヶ月をきりました。

乙カレです。






ビッグイベント(ワタクシにとって。という意味ですよー。)
BlogPaint




ん?『大きな おべんと』


???


そりゃ、『ビッグお弁当』じゃねぇのか?



ビッグイベント


それは、西播磨と大阪のローディーをお見合いさせてしまおう!という企画。



【『出石でお見合いだぁ!』 西播磨と東播磨(神戸)と大阪の自転車乗りが出会うライド】と名付けた。



そう、神戸発組も加わっていただける事になり。

3つの出発地点から、それぞれに出石を目指す。



そもそも思いついたのは。

やすさん企画の『一杯のおいしい珈琲を飲みに行くライド』の時。


休憩中に、この日の参加者である、やすさんとメカニックさんと話していた時。

お二人とも、〇〇さんのブログは読まれていたので、話に乗ってくれるのも早い!



ワタクシ「出石の皿そば、食べてみたいんですよねー。」
   
    「〇〇さんのブログで、一人で15皿食べてるやつですね。」

    「自転車で行きませんか?」


お二人「行きましょう!」


ワタクシ「思いついたんですけれど。」

    「大阪~出石を走り、そばをいただいた後。相生のだるま珈琲を目指して走り。」

    「相生からは輪行帰宅はいかがですか?」

    「というのも、西播磨からも出石のそばを目指して向かっていただき。」

    「出石で合流して、復路は、一緒にだるま珈琲まで走れたら面白いなぁ、と思いまして。」

    「(西播磨の)〇〇さんに相談して、OKをいただけたら。なのですが。」


お二人「ぜひ是非!」


という流れで、この企画を進める事は即決!


後日、〇〇さんに快諾いただき。

西播磨組の参加メンバーへの声掛け(フェイスブックイベントページへの招待)は、〇〇さんにお任せ。



まず、ライド企画を考えるだけでも、ホント楽しいですね。

そして、知り合い同士を繋げる企みは、より楽しいですね!
  


さぁ、皆さん盛り上がってくれるかなぁ?



次の記録は、大阪~出石の試走。

(あの書き方を極めたいと思っています。)
(自分主催のライド記事の方が、ふざけた感じで書きやすいので 笑)



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

『西播磨を嗜む会』から仕事まで

乙カレです。



ああ。。。

ある人が言っていたなぁ。と。

「ブログを更新するのには、休日のライドを減らさないと」と。



西播磨を嗜む会。

登った先の景色を楽しんだあとは、海岸線を走りに行きます。



はりまシーサイドロードを走り、道の駅みつで休憩。


そして、室津へ。

いつもなら、下って室津の町に入って行くところを、何故か登っていく。

地元のみやもーさんも知らない道を知っている住友輪業さんが、そこにいた Σ(゚д゚;)


そして神社
KIMG0358

お茶を出していただけた。
BlogPaint

写真に写っている場所が、ちょうど風の流れが良く。

いただいたお茶と合わせて、身体を冷やすのにすごく良き時間となりましたね。



定番の、万葉の岬
KIMG0365

KIMG0367

景色が見えるかどうかは、それこそ運次第ですが。

この日は、幸運よりですね (^_^)ニコニコ



ココからは、赤穂のお店で昼食予定。
なので、この日のライドとしては、距離のある区間かな?と思いつつ。

相生の湾をぐるっとまわるルートで、坂越に入り。


その町並みの中、お酒のお店(?)
酒蔵(?)
KIMG0369

なんとなく『乙女』という文字が目に入りつつも、とくに何も感じず。


そんなワタクシの耳に、どこからともなく聞こえてくる。


「ず」

「ず」

「ずー」


・・・・・?

・・・・・?

ワタクシ「なんだ?」 「ず?」



!!! Σ(`□´/)/  乙女やん!


ずー・たにの『ず』ね(笑)


乙女膝を持つワタクシを、遠まわしにイジったのは二代目さん。

拾ってくるなぁ!(笑)



その場は、このお店に対し、ワタクシの嫁(乙女膝・かずこ)の実家認定をいただきました! ('▽'*)ニパッ♪



さぁ。
いざ赤穂へ!

『ぶたこがしめし』をいただきに! 



出て来たお料理はこちら!
KIMG0370

あなご丼!

(すましには、小粒の牡蠣が3つ)
(ワタクシは、小さ目が好みなので大歓迎!)


『ぶたこがしめし』をいただけるお店は、食べログ情報のややこしさから、休店日。

住友輪業さんが急遽探してくださったのがこちらのお店。


カレーをいただこうとするも、僕の前で売り切れ。。。

その分、tsuboさんがそのカレーでネタ提供いただいたので、楽しめました(笑)
(激辛カレーを注文し、「辛いっ!」というリアクションを欲しがった店員さんの期待を裏切る、薄い反応。という。)



そうそう!
このお店での昼食時から、アリコさんが合流。

はじめまして!の方でしたが、非常に気さくな方で。
(そして、後日気付く。めちゃくちゃ速い人。)

昼食後は、赤穂の岬まで、アリコさんの先導で向かいます。



この岬では、屋根下の休憩場(展望所?)でのんびり休憩。

そして、車で、モアヒさんが来る(笑)

(笑)←って表現ですが。
ワタクシが西播磨に来た時に、ちょこっとお会いする率がハンパないので(笑)



岬に来るときに登ったので、後は下りだけかと思いつつ。

坂越に戻る途中にも、それなりに登りあり。



さらに、坂越で最後の激坂を登り。
BlogPaint

KIMG0372

本気でのんびりするには、ココですね。



ワタクシはココまで。

仕事に向かうための電車の時間から逆算すると、皆様とはお別れしないといけません。


そして、お別れの挨拶をしつつ。

住友輪業さんが、かずこを撮影してくれるようです。


ワタクシ「はい!かずこはコチラですよー。」というつもりで、左膝を指差します。



( ̄ロ ̄|||) 間違えた!



笑ってごまかしながら、「かずこはコッチ!」と右膝を指差し、撮影完了。

(自分の写真を自ら貼り付けるのは恥ずかしいので、コチラのブログで、その状況を。)


愛人疑惑を持たれるも、ワタクシは愛人は作らない主義!

身に覚えがありません。

しかし。
そういえば、コチラの記録の時にも愛人疑惑をもたれた左膝。


これは、産まれましたね!

まぁ、産まれたという解釈は、この後に整理した考え方なのでココでは置いておきましょう。



皆様とお別れした後は、さっそくの山越え。

STARAVAセグメント『たかりととうげ』。


登りは始めは、「相生まで来たのだから、マスターに挨拶だけでもする時間を捻出しよう!」と頑張っていましたが。
なんか快調に登れる。

途中からは、「セグメントになってるっぽい登りやし、最後まで頑張ってみるか。」と。

(帰宅後、かなりの好成績!まぁ、ココは通過地点で、アタックかける方が少ない区間かも。)


登りを頑張って楽しんで、下ってみると、思いのほか時間が出来た。

ので。


挨拶だけでなく、珈琲もいただけた。
KIMG0377




途中までではありましたが、楽しい1日でしたねー!

その気になれば、出勤前(後)にも楽しめますね。
ワタクシのまわりにも、そういう楽しみ方をされている方々はいますしねー。



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ブログ村
ギャラリー
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら