午年 羊座 乙女膝

乙女膝を持つおじさんが、自転車で、馬の様に疾走出来るのか?羊のままなのか? シリアルNO.000の乙女膝を入手した事から、ブログ名変更。 旧ブログ名『37歳 37km/hで走りたい!(38歳になったけれど?)』

2016年08月

回復走のつもりで嵐山。 と、『もにぐろ』

乙カレです。


KIMG0280

(モーニンググローリー外観)



このライドの2日前、相生までの自走往復ライドでして。

「1日でそこそこ回復するかな?」と、考えていたのですが。


「膝周りが張っている。。。」
「少し、痛みも混じる。。。」


回復していれば、もっと距離を走りたかった(出来れば小浜へ)のだが、回復しきれず。



という事で、「ココのところよく目にするお店に行ってみよう!」と。


区切りとして、嵐山まで行くか。
その手前にある、このお店『モーニンググローリー』までにしておくか。


考えながら走るも。
「回復走なんやから、距離にこだわらんでエエやん。」
「お店までじゃい!」と決める。


ふむ。

順調に進みすぎて、開店前に到着。
8時30分。


しかも、勘違い。


開店時間は。

日曜は9時~
平日は9時30分~

と事前に調べていて。


自分がお盆休みだから日曜気分で。

「今日、平日じゃん! Σ( ̄ロ ̄|||)」


ふむふむ。

一時間も待てない。


「嵐山じゃい!」

という結果に。
KIMG0276



なんやかんやで、無事に折り返しての『もにぐろ』
KIMG0278

サイクルラックにワイヤー錠を置いてくれている気遣い。

スムージー
KIMG0283

この季節、カキ氷が人気ですが。自転車には、スムージーの食べ応えが合うと感じた。         


マスターと奥様と娘さん。
どなたも気さくで良い雰囲気でしたね。


桂川CRを走っていても、気にしなければ気付かない。
だけど、知ってしまえば立ち寄りたくなるお店かな。
(現時点では、スムージーのみの評価・印象ですけれどね 笑)



めぇめぇいうとります。
ではまた~



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

簡潔 『ロヴィニマスターの罰ゲームに、貢献できるライドっスよ?』と名付けたライド

乙カレです。



tsuboさんに合流していただけて。

皆で、カフェロヴィニ到着。

ダベッてダベッ。

ロヴィニ前で解散。



以上、簡潔に完結。



どうやら、この記録のタイトルの誤植のせいだね。

×簡潔
○完結




さぁ。

『駄洒落』という、大人の言葉遊びを披露したところで、本編。




tsuboさんに合流していただけて。


先着組の皆さん、それぞれに固形物での補給もされていたので、のんびり後着組も食べつつ。

少し長めの休憩となったかな。


パンダ兄さんが、走行ログを帰帆島朝練すぐで切っていて、STRAVAには数百メートルしか反映されていなかったという。


数少ない登りをパンダアタックで楽しまれていた記録も、走行距離の記録も『ほぼ無し』という状況で、皆の笑いを誘う。

前回のキタイチの時には、最後、駐車場まで数百メートルの位置でパンクさせるという、大技を披露していた事を思い出す。



ブロガーのカガミか! オオーw(*゚o゚*)w

人にネタを提供しているので。
『ブロガーとのライドに参加された方にこそ見習って欲しい姿勢』、か。



ここで、再出発する前に、組変更。


tsuboさんは走行距離から考えて、元気でらっしゃるか?と。

なので、速い組に入ってもらい、のんびり組に一人異動していただく。



こんな時、乗り気さんは、冗談か本気かのんびり組志願しますよね(笑)

そして、ココまで一緒に走ってこられた速い組の方々も、「どうぞどうぞ!(喜んで!って感じ)」って。


まぁ、速い組の中でも、乗り気さんは暴れまわっていたらしいので(笑)



この組変え。

直後に「失敗した」とも思いましたが。


速い組、ザッキーさん以外の四人、ビワサイメンバーさんでかためてしまってる。

せっかく、遠征して一緒に走ってくださっているのに。


tsuboさんには、のんびり組に入っていただいて。

さらに、最後まで元気だったパンダ兄さんを向こうに出して。(ホント、強さを見せられたというか、余裕の速さが見えていたんですよね。)

乗り気さんでなく、ビワサイメンバーさんの中からもうお一人こちらに来ていただけば良かった。

その方が、より交流の場と出来たのに。



まぁ、さておき。

出発。



次の休憩ポイントのコンビニ、さらにその先少し走るまでは、ワタクシ先頭固定。

33km/h上限くらいで、曳き続け。



乗り気さん、黒っぽい事を言われていますが(笑)

確かにイタズラ心満載な方とも思いますが(笑)



ココは一つ。

優しさを感じた場面を紹介しておきましょう!


いや。

「ピザな振る舞いだなぁ!」と感じた場面か。



ワタクシが前を曳き続けていた時。


乗り気さん「写真撮りますねー!」

と言って、スッと前に出ます。


そして撮影。


そのまま、
ワタクシの前について、曳きはじめてくれます。



なんちゅうスマートな先頭交代! Σ(゚д゚;)

かずこが惚れちゃうじゃない (●´ω`●)



その後は、乗り気さんの先頭固定で走り続けます。
(ロヴィにまでずっとでした。)


35km/h以上巡航くらいになったのかな。

一定強度ばっちり。
(平地35km/hの強度で、コブに差し掛かると25km/h以下に落ちたりするが、わざわざ上げない。)


楽ちん ('▽'*)ニパッ♪



途中、先行組が休憩しているのが見えたので、こちらも休憩。

この日の暑さからは、必要な休憩でしたね。
再スタート後も、その暑さから巡航速度を下げる要求が出ていたくらいでしたから。



あとはなんやかんやで、無事、ロヴィニ着!
KIMG0222


『嗜』が貼ってある。
KIMG0226


集合写真を撮っていただき
KIMG0231



解散



あいもかわらず。

琵琶湖で走るときには、朝練からこちら企画のライドまで。

お世話になりっぱなしのビワサイ様。


ありがとうございました!



ココから先は、帰帆島までの間に、一人二人とバラけていきます。



最後の最後は、メカニックさんと二人旅。

「やっぱ、平地も速いな!」と後ろに付かせていただいた時に感じたので。


ワタクシが前に出たあと、「最後の力を振り絞る!」と。

メカニックさんの巡航速度を


意地で維持



出し切って。

JR石山駅から輪行帰宅しましたとさ。



遠征組みとして、参加していただいた皆様。


ありがとうございました!



めぇめぇいうとります。
ではまた~



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

続 『ロヴィニマスターの罰ゲームに、貢献できるライドっスよ?』と名付けたライド

乙カレです。



おっとっと。

前回
「ビワサイメンバーの中で、キタイチロヴィニにお付き合いいただける方は、いらっしゃいませんか?」で終わりましたが。



この呼びかけの前に。

kiyomaxさんとのやりとりが。
(このkiyomaxさんとの会話が、もしや今現在への伏線になるとは。)


kiyomaxさん「乙女膝はどうですか?」

ワタクシ「かずこ(右膝)は大丈夫です! ただ、庇っているからか、左膝まわりのハリがひどくなってきています。。。」

kiyomaxさん「愛人ですね(笑)」



なんて会話があったこと。

これが、この約2週間後に開催される【西播磨を嗜む会】にて、ある事実を確定することとなります。



では、続きます。



ワタクシ「ビワサイメンバーの中で、キタイチロヴィニにお付き合いいただける方は、いらっしゃいませんか?」

hebochuさん「キタイチロヴィニ!? ロヴィニ、すぐそこなのに(笑)」


と、ツッコミつつも、手を上げていただける。

すると、takumaさんとにしさんも続いて手を上げていただき。



ビワサイ様から急遽、3名参加いただける事に。



ローソンにて、朝練復路組(ビワサイ本隊)をお見送りして。

すぬーぴーさんも夕方からの仕事に向けて、帰宅・仮眠の為に、ココで帰路に。
(キタイチロヴィニではないが、直ロヴィニでモーニング2人前を食べてから、自走帰宅。)



ローソンスタート時の人数が9名となりましたので、2組に分けます。


・速い組

hebochuさん
takumaさん
にしさん
ザッキーさん
乗り気さん


・のんびり組

SAIさん
メカニックさん
パンダライダーさん
ワタクシ 



休憩ポイント(コンビニ)を決め。
速い組に先にスタートしていただき、後ろを気にせずに走っていただきす。


速い組はやっぱ速い!(表現として当たり前 笑)
(この後、トラブル時以外で、走行中に追いつく事など、無かったのでは。)


このライドでの休憩ポイント。
完全に、地元の方々に頼りきって。

遠慮なく質問攻め。


「次の休憩は、〇〇でいいですか?」
「水鳥ステーションで昼食予定ですが、その手前の休憩ポイントで、良い場所ないですか?」

などなど。

などなど。


特に、hebochuさん、SAIさんには、それぞれの組でそのポイントを把握されている方として、大活躍していただきました。



途中、パンク修理。
BlogPaint


が有りつつも。


暑さからのこまめなコンビニ休憩。

そのたびに、水浴びが発生しつつも。
(2Lペット水。 100円しないのに、生き返られる。 まさに命の水。)



湖北みずどりステーションに到着。



カレーどーん!
KIMG0221


うめぇめぇ言うとります。 まるしー


ほんと、コレ。

『なんか美味いカレー』なんです。



そして、前に来た時に気になっていたアレを、乗り気さんが注文されたもよう。

ワタクシも。ソレ。



おにぎりどーん!
KIMG0220

『食べくらべ』との事で、二つのおにぎりそれぞれ、お米の銘柄が違うらしい。



さぁさぁ。

ここまで、ひたすら暑すぎて。


走る⇒コンビニ⇒走る⇒コンビニ⇒走る⇒みずどりステーション

くらいに。


観光要素(立ち寄りポイント)もなく、酷暑の中をただただ走っているだけの印象ですが。


そんな『ただただ走るだけ』の中。
のんびり組でも皆さん速い!


それぞれ先頭を、35~37km/hくらいで曳き続ける。


SAIさんは、すごく速い人だと知ってましたし。

パンダ兄さんは、淡路島で「速くなってないですか?」と思ってましたし。


「メカニックさんの平地巡航はどうなんだろう?」と思っていたら。
まぁ、上記巡航速度(笑)



唯一の良心であるワタクシが、33km/hあたりまで落としていたかな。



まぁ、風が良かったのもありますが。
それにしても、速い。


なんぼでも速い人はいて。


過去の自分との比較では成長していても。

周りとの比較では、成長していないなぁ。


ワタクシの、【巡航速度順位】は下がりっぱなしだ (ノд・。) グスン



昼休憩を終え。



なんやかんやで。

唯一の登り区間を越え、海津辺りの湖岸の道を過ぎ。



マキノ辺りのコンビニ。


tsuboさん合流!

朝の仕事を追え、逆走で合流していただけた。



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

『ロヴィニマスターの罰ゲームに、貢献できるライドっスよ?』と名付けたライド

乙カレです。


『ロヴィニマスターの罰ゲームに、貢献できるライドっスよ?』(←ライド案内ブログリンク)

上記リンクのタイトルそのままのライドを行ってきました。



自転車でカフェロヴィニを訪れたお客さんの、その時点での走行距離を積算していって、19,000kmを越えた分の1%を、マスターが走るらしい。


でしたら。
「人数を集めてビワキタイチでもして、一人あたり最低150kmをプレゼントしてやれ!」という狙い。

大阪から自走だと、240kmくらいになるので。
今回のライドの参加者、自走大歓迎!


ワタクシも当然、大阪から自走。

まぁ、復路はJR石山から輪行帰宅のつもりなので、総走行距離260kmほど。



当日時点で、参加表明いただいていた方々

住友輪業さん  (神戸から自走)
乗り気さん    (車載、集合前に何か企んでいるらしい) 
メカニックさん  (大阪から自走)
パンダライダーさん  (車載。ご家族とライド後合流)
ザッキーさん   (車載 集合前に何か企んでいるらしい。ご家族とライド後合流)   
すぬーぴーさん (仕事の為、途中離脱)
SAIさん    (いつものキタイチ)
tsuboさん    (仕事の為、途中合流)  
(なんとなく西から順)

と、
ワタクシ



まずは、御幸橋で、メカニックさんとすぬーぴーさんと待ち合わせ。



と、ココに向かう道中にメッセージ確認。

どうやら住友輪業さん、体調不良でDNF。

その時の様子を書かれている記事(←記事リンク)


無理せず、引き返す決断。
無理せず、身体を労わる決断。

コレが出来ていれば、ワタクシも膝を壊すまでいかなかっただろうなぁ。
(結果、今は『かずこ』とのライドを楽しめてますが 笑)


これ、ワタクシの様に膝(原因は筋肉の過度の疲労。)とかでなく。


『体調不良』として括られる、体内のバランスが崩れている事からの不調を放置の上、無理をすると。

生命維持のバランス自体に影響を及ぼすんでしょうね。


特に、あの日は、酷暑でしたし。

元気な体(だと思われる状態)でも、長距離ライドは過度な負担・消耗が容易に想像できますね。


ブログで、その時の状況と思いを、すごくわかりやすく記事にされて。

速報として書かれて。
(普段の住友輪業さんの記事のペースだと、あのタイミングでは出てこないぞ!)


↑↑お前が言えるか! (゚皿゚メ)

って、怒られそう(笑)


いや、ホントに。
まだまだ酷暑が続く時期には、素晴らしい決断、ありがたい記事となりましたね。



さぁさぁ。
3人揃って出発!


すぬーぴーさんが、本体とご一緒されてなかったこと以外は順調(笑)


宇治川ライン沿いを走りますが、平等院辺りの自販機を越えると、琵琶湖近辺までホントに何もない印象。

なので、「自販機補給しますか?」と問うも、お二人とも大丈夫だそう。



結局、JR石山駅までそのまま走り。

帰宅時の輪行袋などを、駅のコインロッカーへ。



では、帰帆島へ向かいます。



そうです。

今回もまた、ビワサイ様の朝練に参加させていただく。
BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

(3枚、メカニックさんぷれぜんつ)


ビワサイ様からは。

ガルマさん
takumaさん
ゆーさん
オペラMさん
イズミダさん
にしさん
hebochuさん
kiyomaxさん

おだちさん(途中合流)


走り出すと
201687ビワイチロヴィニライド_4129

(メカニックさんぷれぜんつ)


楽しすぎて、帰帆島から琵琶湖大橋東ローソンまではスグです(笑)

いや、ホントに、その距離をかんじないんですよね。
BlogPaint

(メカニックさんぷれぜんつ)
BlogPaint

(乗り気さんぷれぜんつ)

ダベリング


ダベリング


さぁ、そろそろ。

というところで。



ワタクシ
「ビワサイメンバーの中で、キタイチロヴィニにお付き合いいただける方は、いらっしゃいませんか?」



めぇめぇいうとります。
ではまた~



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

初のおはみのフルコースだ! おねだり成功(笑)

乙カレです。


BlogPaint


今回の記録は。

乙女膝『かずこ』の色気が溢れ出し、ついにはあの人を誘惑してしまったというモノ。(大嘘)



みのお

おはみの集合地点。


参加頻度は高くないワタクシですが、一番乗り頻度はかなりの高確率!


誰も居なかったので。

定番の。
まずは駅前でお手洗いをお借りする。



集合地点に戻ると、四谷さん。


「ん?なんか見覚えのあるジャージ。」

「ぽいな。」


あれ?だけど、うちには届いてない???


ワタクシ「直接、受け取ったんですか?」

四谷さん「いえ、違いますよ?」


そう、四谷さんは。
くせものなのです(笑)



もう、あっちゃこっちゃで記事にされ。
あっちゃこっちゃで目撃もされている、コラボジャージですね。



なんやかんやで、順次集合!


めうさんも着て来られました。

「ほぅ。やはり。」


なかなかさんも上を着用。

「ほぅほぅ。直接の受け取り確定ですね。」



四谷さんはくせものなのです。



めうさん
四谷さん
なかなかさん
ヤスさん
AERO SIMIZさん
ossyさん
つきいちさん
ワタクシ

走り始めます。


INOUEMONDAさんが途中合流だったのかな。



もう、ワタクシは、いつ如何なる時も最後尾キープを決め込んで登ります。
(次の日、ワタクシにとってはハードなライドが控えていたもので。)


コレが、なかなかさんへの『応援』となっていたようです(笑)(←その様に読み取る事にしました。)
ほら、そう書かれているでしょう?(←記事リンク)



なかなかさんがお仕事の為に離脱された後も、最後尾キープ。
無理をして、かずこに負担をかける訳にはいきません。



高山到着
BlogPaint

メカニックさんとゆうさんが先着されていました!

ゆうさんとは初対面。

すごく気さくにお話いただける方で。


そして、すごく活発に自転車を楽しまれている様でして。

女性という括りで語るのは、偏見にもつながりますが。
あえて言わせてもらうと。


自転車を楽しみ、チャレンジされている女性だと思います。



偶然にも、記録がそういう並びになりましたが。
(時系列沿って。並べ替えてません。)

・これから乗り始めようとする女性。
 『ロードバイク布教ライド』

・自分の判断で、自己責任で、新たな場所を走ろうとする自転車乗り。
 『なんちゃってブルベ』


これらの記録の登場人物。
「その先にそうあって欲しいなぁ」と、ワタクシが感じていた姿が、ゆうさんと重なりました。

まぁ、メカニックさんがフォローされたお話もお聞き出来ましたが(笑)


自ら、積極的に乗ることを楽しんでらっしゃる姿は、素敵ですよね。



そして、ヤスさんからフュージョンを伝授いただくワタクシ。




ダベリング


ダベリング



そして、「さぁ、どうしましょうか?」

という流れ。



めうさんが「今日は、ここで帰ろうかな?」という事を言われた時。


ワタクシの妻。
乙女膝かずこが。

かずこ「めうさん。ウチ。。。」
   「おはみのフルコース、行ってみたいねん。。。」
   「連れてって?」

と甘えだす。



その色気にやられてしまった、めうさん。

フルコース、快諾していただけました!










いやいや。
キモチワルイ。

書いていて、自分でもキモチワルイ。


ですが、せっかく書いたので消しません(笑)



おっさんであるワタクシが、初のフルコースをお願いして、快諾いただけました!(コレが真実!)

「帰ろうか?」とされている中、ありがとうございました!



そして、ゆうさんの気遣いもいただき、メカニックさんもご一緒していただき。

ヤスさんは当たり前の様に、フルコース参加。
(ヤスさんは、ほんと当たり前の様に、色々な所を走られますねー。)



このフルコースは、景色が良く、走りやすい道が続きますね!
(以前、AERO SIMIZさんにショート版で先導いただきましたね。)



前から興味があった大野山の近所も通っていたようなので、ますます楽しめそう!


休憩中。撮影され慣れているめうさん
BlogPaint




いやぁ!
ほんと、いいコースを知ることが出来ました。



めうめういうといます。(違った。)

(いや、今回の記録、確かにめうめういうとった)


ゆうゆういうとります。(違った。)

(いや、注目して、確かにゆうゆういうとった)


なかなかいうとります。(違った。)
(コレはお名前ね!なかなか460さん!)



めぇめぇいうとります。
ではまた~



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





『なんちゃってブルベ』の開催結果報告!

乙カレです。

BlogPaint


以前に
この記録(←記録リンク)
にて、『なんちゃってブルベ』への考え方を書いてみました。


そして実際に行ってみて。



いやぁ。なかなか上手く伝わらないものですね~
    (_´Д`) アイーン

ワタクシの表現力の無さ故に、伝わらなかったのかもしれませんが。。。



大人の方々が集まるロードバイクサークル。

今回の参加者は、そこのメンバーさん達。


そして、なんちゃってブルベへの考え方の中で『自己責任』と前面に押し出したつもり。


ゆえに。
今回のルール(CPの報告方法)、ルート(写真掲載)などを説明ブログでの確認の上、自己責任でもっと調べていただけるかな?と思っていたのですが。



「えっ?」という反応の方多数で。

普段の『主催者にお任せ』ライドと、あまり変わらなかったなぁという印象。



普段から自ら考え、このサークル以外でも積極的に乗られている方は。

今回も、CP以外に楽しみを探して、そちらに立ち寄られていますしね。



ライド後の皆様の反応が、主催者への『気遣いの塊』でなければ。
そこそこ楽しんでいただけたようですので。

単純にライド企画としては、まぁ良かったのかもしれませんが。。。



「初級、道わかりません。」
「先導して」
(初級は、一部、道を逸れた方々をルートに戻した以外は、後ろからの見守りでしたけれどね。)

という意見を放置すれば良かったかな?


初級のゴール地点(平等院・天ヶ瀬ダム)より先に進む中級。
「中級行きたいけれど、道わかりません。」

ワタクシ「では、先導します。」
こう言わなければ良かったかな?


だけど、せっかく集まっていただけた方々。
目指す地点までは走って欲しいですし。



『初志貫徹』出来なかった甘さが邪魔したかな?



サークルで「誰かに企画してもらって、案内してもらって乗る」だけじゃなく。
もっと、自転車を楽しむ機会を、楽しみ方を増やして欲しかったんですよね。

その為には、基本的には一人で走りきれる『走り方』を考えて、体験する必要があると思って。


今回のなんちゃってブルベは、同じルート上に誰かしら走っている安心感を感じてもらって、普段よりも挑戦してもらって。
それを自信として、行動範囲を広げてもらって。

と考えていたので。



あまり、この企画への考え方を、今後もゴリ押しするのは『余計なお世話』『驕り』になるよなぁ?と考え。


あんま、思いを込めて企画せんとこ  (´▽`)
と思い。


というのか、

また『なんちゃってブルベ』をするにしても、案内はバッサリお断りしよ。
が、正解かな?



初志貫徹!!! ( ̄‥ ̄)=3 フン



めぇめぇいうとります。
ではまた~



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







『ロードバイク布教ライド』(命名 TAKさん) の本編みたいな内容

乙カレです。



さぁ。

「集合時間まで結構時間があるな。」

という事で。


「北淡探検隊の先遣隊でもやっとくか!」


コレまで登った事のなかった道を行ってみる。

と。



以下

【先遣隊で見た景色】を並べてみます。

牛さんのお尻と田んぼ
KIMG0163


日本でも有数の大きさの石像(らしい)
KIMG0166


風車越しの播磨灘(肉眼ではキレイですよ。)
KIMG0174


花さじき(こちらは、大阪湾から明石海峡大橋まで見える。)
KIMG0178


乗り気さん
KIMG0179




ん?



ええ。
最後の写真。


先遣隊うんぬんは関係ない人が(笑)


いや、これはホント。
偶然に遭遇したんですよ。



花さじきをぶらついている時に、ツイッターを見てみると。

乗り気さんが淡路島に上陸した旨の書込みを発見。


「今から東浦の道の駅集合やし、通りかかるかな?」
くらいには思っていましたが。



ワタクシが、集合場所の道の駅、その脇の歩道であれやこれやしていると。

自転車が止まったのがわかったので振り返ると、いた。
(声をかけられたのだったかな? 記憶のかけらよ~)
という場面。


「やっぱ、だるまジャージは目立ちますねー!」と、乗り気さんからも発見しやすかったらしいです。
(ワタクシが、だるまジャージだったので)

乗り気さんはこの日、ある企みライドだったらしく。
元気に走って行かれました。
(結果としては、企みを完遂は出来なかったようですが。それでもSTRAVAを見ると、モノ凄い内容でした。)



と、こちらも順調にコトが進みます。


『Bicycle Hub Awaji』集合との事で。
(ロードバイクレンタルのお店)

BlogPaint



今回の主役のYちゃん。(TAKさんが記事にこう表記されていたので。)

(Yちゃんが上の写真に写っているのは偶然。)
(写真を撮影時、紹介前なので。)
(お店の写真を撮るついでに、「上の階の看板も入れたい」と思い撮影。)


Yちゃんは、ロードバイクレンタルで、イザナギコースを走ります。

なんでも、クロスバイクも乗ったことがなく、スポーツサイクル(?)的なモノの初めてにロードバイクを選ばれたようです。


まぁ、レンタル店の方が、講習もしてくれる制度らしいです。
BlogPaint




と。

YちゃんとTAKさんとワタクシの他にも、参加者の方々。


紹介!


Yちゃん(主役)

TAKさん

TAKさん奥様

TAKさん娘ちゃん

NAGさん(ワタクシ流の仮名)

ASAさん(同じくの仮名)

ワタクシ


この7名が関わるライド。

奥様と娘ちゃんは、クルマでサポート!



さぁ!走り出しましょう!


講習を受けたといえども、さすがにロードバイクは難しいでしょう。

はじめはかなり恐々に見えました。


まぁ、それでも、順調に適応していく様子。

NAGさんやASAさんが、乗り方についてアドバイスしながら、楽しくお話をしながら。



ワタクシは安定の最後尾キープで、皆様の様子を眺めながら、景色を眺めながら。



ゆっくりとでも順調に進みます。



コンビニ休憩を2度はさみ、到着。

『たこせんべいの里』
KIMG0184

無料コーヒーをいただけますが、暑いこの時期でもホットですよ。←文句ではない。記録。


昼食は隣の『きとら』
KIMG0185

はもの天ぷらだったかな?


この昼食中に、ここまでの進行具合から考えて、いちおうお伝えしました。

「レンタルロードバイクの返却時間が17時ですが、間に合わなくなりそうな時には、クルマで回収して返却に向かう方が良いと思います。」
「16時で区切って、走れる所まで」

と。


ココまでのペース、この先の観光(伊弉諾神宮)と休憩時間を考えると、ワタクシのイメージでは「どうかな?」というところ。


まぁ、せっかくなので。
「観光含め、楽しんで走りましょう!」という事で出発。



伊弉諾神宮
KIMG0187

KIMG0192



ここでもかなり、ゆっくり、のんびり。



だがしかし!

この先、なんかいいペースで進み始める。


安定の20km/h走行。

ココまで安定すると、時間計算しやすい。



北淡インター近くのコンビニで休憩。

「こりゃ。。。」

「どうやら間に合うぞ!」

という事を、改めてお伝え。



Yちゃん。

実際、ホント、安定だったんですよね。
ペースの安定もそうですし。

疲労の部分でも、頻繁な休憩は行わない。
なので、こちらが心配になって。

本人に確認して「大丈夫」と言った、その5分後のコンビニで強制休憩(笑)


それがこの北淡インター付近のコンビニなんですけれど。


走りながらの水分補給は装備的に出来ない中。

西浦は、ほとんど信号無く。
当然、走り続ける事になる。


暑さの中

「大丈夫じゃねぇだろうよ。このやろう!」
「頑張りすぎるんじゃねぇよ。(この頑張り屋さんめ!)」

という。
(とは言ってないですよ 笑)



「この先、岩屋の道の駅手前のコンビニまで行きましょう。」
「しんどくなったら、途中のコンビニをはさみましょう。」

と言って出発するも、岩屋まで行けるし。

ホント、安定。



とココで余談。

ワタクシはひとり、北淡の知人宅に挨拶に伺う。
追いつくまでの15分くらい(?)はこのグループから離れていましたよ。
(わざわざ書いたのは、コレ、伏線ですよ。)

KIMG0195



さてさて、岩屋のコンビニに場面は戻り
KIMG0197

奥のベンチにYちゃん。

手前の3人は、「松帆アタックいくぜぃ!」と言っている。
(ワクワクしすぎて、写真からもわかりやすい。)
(指差してるじゃん 笑)


ワタクシは、コンビニ待機で3人を待ち。

3人が戻られてから、ココで一時離脱。


だるま珈琲での再会を誓う!



皆様は、車移動だったので、東浦スタート東浦ゴール。

ワタクシは、ココからだるま珈琲までは、輪行。
このままジェノバラインへと向かう為です。



その後、なんやかんやで、無事に走りきれたようでして。


めでたしめでたし!ヾ(=^▽^=)ノ



だるま珈琲へは、ワタクシが先着。

カウンターには、コギコギさんとマッスルさんの姿が!


遠慮なくお隣へ。
KIMG0199

ウインナーコーヒー(アイス)とたまごトースト


このおふたりも、TAKさんの書込みに反応されていまして。
今日、Yちゃんご一行(笑)の〆がだるま珈琲だと、ご存知。


車組到着まで、楽しくお話をしていただき。


そうこうしてると、ワタルさんもカウンターに!



車組の中では、NAGさん、ASAさんが先着。
今度はワタクシ、NAGさん、ASAさんの隣のテーブルに移動して、お話いただく。

このお二人、ホント気さくな方々で、遠慮なく次回ライドにお誘いしてしまいました(笑)



そして、全員集合!

こんな感じ
BlogPaint


TAKさん「コギコギレッスン!」と撮影を始める。

ブロガーではないTAKさんが、ぬかりなく写真を撮る。


ブロガーの端くれも端くれ。
『端くれくれ』のワタクシは、その姿を見て写真を撮ることに気付く (゚∀゚)アヒャヒャ


コギコギさんが乗り方に関してのレッスン。
マッスルさんが筋肉に関してのレッスン?(笑)


ライド後もいい時間だったなぁ ●´ω`●) 



自転車を楽しむ事にハマってくれるといいなぁ。

そっとしておこう .。゚+.(・∀・)゚+.゚



めぇめぇいうとります。
ではまた~



の前に。

NAGさんのブログ
ハナ ログ(←記事リンク)

まぁ、ワタクシとの違い(笑)

キレイなブログですね。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

『ロードバイク布教ライド』(命名 TAKさん) の前置きみたいな内容

乙カレです。



タイトルのカッコ内

『命名』。。。


めぃめぃいうとったのかな?TAKさん。

(TAKさんとは、ワタクシ流の仮名である。)



さておき。


「ある女性にロードバイクの布教活動を行いたい」と、TAKさんが流されていた書込み。

ワタクシはコレを目ざとく発見し、参加希望!



当初、この日は。

大阪から相生のだるま珈琲までの自走(復路は輪行)を考えていたので即決は出来なかったのですが。
やりとりの流れをみていると、どうやら、『ロードバイク布教ライド』の〆はだるま珈琲らしい。

「うむ。淡路島から相生に飛ぶのね。」
「〆がだるま珈琲。」

「それなら、変わらないじゃない!」

ということ。



舞台は、淡路島北部を走るイザナギコース。


スタート地点は、『Bicycle Hub Awaji』
(ロードバイクレンタルのお店)

(『道の駅 東浦ターミナルパーク』 の敷地内にあるよ。)



・イザナギコースを走る事(距離が短い)

・当初、相生までの自走を考えていた事。


この事から、帳尻合わせっぽく、大阪~明石の自走はすんなり確定。



10時に、東浦をスタートという事で。


大阪を5時前に出発。

出発時間は。


明石まで3時間30分。
ジェノバライン、待ち時間15分・乗船時間15分の30分。
岩屋から東浦まで30分。

合計 4時間30分というザックリとした計算から算出。


結構な余裕を持たせて計算しないと、不安でならない(笑)




ではでは。
走り出し。



ストーカー現る! 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン



国道2号線を走行中。

西宮を過ぎ、ちょいちょい進んだところ。


こちらは車道で信号待ち。
相手は歩道で信号待ち。


この状況は、後ろからワタクシが追いついてきたカタチ。

まぁ、ワタクシの方が巡航速度が高いはずで。


信号が青になり、スタート。

車道を進み続け、いくつか先の信号で停止。


ミラーを見ると、車道の後ろから、先ほどの自転車と思われるその相手が。

まぁ、この段階では少し気になる程度。
(車道に出たんだね。)


信号が青になりスタートすると、やはりこちらとの速度差から離れていく。

しかしそこは2号線。
と。

頻繁に信号ストップがある為に、信号で追いついてくる。
(あぁ、こういうのイヤやなぁ)


ずっと後ろに居られるのは好きじゃないのと、こちらの方が速いはずなのに信号で追いつかれる虚しさと。

引き離したい気持ち。


頑張って漕いで、引き離すスピードを維持しつつ。


ちょうど、歩行者信号が点滅のタイミングで、ワタクシが交差点通過。

「よし!こちらが歩行者信号点滅のタイミングで、だいぶ離れている(ミラー越しでほぼ見えない位置)はずやから。」
「車道の赤に引っ掛るやろ!」

という事、数回。



やはり、信号で後ろについてくる。

「確信はないが、信号無視して張り付いてないかい?」という疑惑。



そのまま進み、摩耶からのコース取りでやっと。
(2号線と43号線が合流する交差点、でかすぎて、そのまま進行するのは危険)
(なので、ちょちょいと車道を外れる。)


バイバイ! ヾ(=^▽^=)ノ



と思ったら、京橋付近の信号待ちで。

また、後ろからきやがった!



こうなりゃ、手立ては一つ。


離脱。



その先の信号待ちのタイミングで、右手に横断歩道を渡ってコンビニへ。


明石までは休憩無しで走ることも多いけれど。

まぁ、ちょうど良い休憩ポイントだと思う事にしよう。



ほんとに、バイバイ! ('▽'*)ニパッ♪




BlogPaint




さぁ、自分に置きかえて。
気をつけよう、と思う。


・常に相手が速くて、信号待ちで常に追いつく時には。
 わざと一つくらい信号のタイミングをズラして、離れようかな。

・あまりにもペースが同じ時には、思い切って挨拶くらいはしようかな。
 黙って付かれるより、挨拶を交わした相手が後ろにずっといる方が良いですよね。
 
まぁ、どちらの場合でも。
「後ろついてて、すいません」がわかりやすいかもしれないし。



そんな経緯で。

『勝手にストーカー認定事件』は幕を閉じ。



無事、ジェノバライン乗って。
KIMG0157

無事、淡路島上陸。


岩屋着、8時前!

思ったより早くついたな。


どうするかね。



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

探検探検! STRAVAセグメントを作ってみた。

乙カレです。


以前のこの記録
(←記事リンク)
コレを思いついた時のライドの記録。

(9月18日(日)『北淡探検隊』開催決定!さぁ、どうなるかね(笑))



ファンキーなあわいちに途中参加の次の日。


舞台はひきつづき淡路島。



午前中から走るつもりが、眠さやら暑さやらダラダラしすぎたやら。
なんやかんやで午後から走る。


って、余計暑いじゃん! (_´Д`) アイーン



まぁ、自分のしでかした事。
致し方あるまい。


という事で、のんびり北淡探検隊。



以前探検した時に、下った道。

「登るとどんな感じかな?」と気になっていたので、まずはそこ。



アワイチであれば、残り20kmは切っているところ。『斗ノ内』

その『斗ノ内』から山に入り、『常隆寺』まで。


走りやすければ、STRAVAのセグメント設定を念頭においての走行。



交通量は少なく、道も悪くない(良くもないけれど)。
走っていて、地元の方に迷惑をかけてしまうようなコースにはならない。(と判断。)


まぁ、道がわかりづらいっちゃわかりづらい。
きちんと道順を覚える意識さえあれば、迷わないですけれどね。



ちゅう事で、セグメント設定完了!


STRAVAのセグメント設定は。
設定前の過去に、同じコースを走っていた方のログまで反映される。



けれど、設定しても、ワタクシしか走っておらず(笑)

そりゃ、あんな場所から登ろうとするのは、地元の方ぐらいじゃなかろうか。


今回の斗ノ内より少し北からスタートし、常隆寺まで登るコースは以前から設定されていたが、こちらもほぼ誰も走っていない。

北淡の内陸部、あまりローディーが立ち寄らないのね。



常隆寺の後は、東浦の方に下る。

やはり、下りながら。


「ココを上ると、どんなコースになるかな?」
「コース設定すると、セグメントのランク(?)(『4』~『HC』までのアレ)はどんな評価になるのかな?」

など考え。


それだけでも、新たな道を走るのは面白い!



当然の如く、新たな景色を見れる楽しさもあり。

KIMG0114

KIMG0115

KIMG0116

KIMG0118

KIMG0122

KIMG0127


あの観音の後ろ姿(内陸に入らないと、正面からしか見たことないっしょ)
KIMG0137


貯水池に浮かぶ太陽光発電
KIMG0138



淡路島内陸部探検。

オススメですよ!


めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

途中参加なのに、千切られるという。 自分の弱さとあの方の強さ。

乙カレです。


二代目さんが乗り気列車に乗車されたところから。

この後は、ほぼ安定の最後尾にいたんだったかな?


記憶のかけらが集まらな~い (;´Д`)



グングン進む。

グングン進む。


なんやかんやで、イッチーさんの後ろにいた時に、斗ノ内のちょいコブに差し掛かり。

コレまで、135kmは走ってきたであろうイッチーさんが、コブで無理っぽくなった。


「お先にどうぞ!」と譲ってくれた。


「ん?」

「イッチーさんが無理っぽくなったんじゃなくて、コブでもペースを落とさない走りじゃねえか?」


つまり、コブで強度を上げる走り。

乗り気さん、千切りにかかっている(笑)


最後尾からいくらか前に出て、パンダライダーさんの後ろに付くも、前とは間が空き始めていた。


「このまま分断はマズイ!」と、前に出て曳くべきだと感じて「追いつきます!」と言ってみたものの。



全然追いつかない (_´Д`) アイーン



富島のアナゴ屋さん過ぎくらいまで頑張るも。

別グループに追いつき追い抜くだけで、逃げ始めた乗り気列車との差は詰まらない。

どころか、離れていく一方。


そうこうしてるうちに、『不明』な、クロスバイクっぽい電動自転車に抜かれるし(笑)
(この電動。どうも、あまりよろしくない走り方をするらしい。と伝え聞き。)


ついに、身体的に終了っぽい。

「すいません、先行ってください。。。」とパンダライダーさんに伝えて下がる。



いやぁ。

ここで、心まで終わったらダメですよね。

パンダライダーさんの後ろに喰らい付いて、脚の回復を待てば良かった。


付いていく事も出来ず(せず)、どんどん離されていきます。


「先ほど抜いたグループに追いつかれるとカッコ悪い」
だけが、心の拠り所(笑)


そこそこのペースを守りつつ、しかし、加速する事もなく。

淡々。

淡々。



パンダ兄さん。
単独で先行グループを追いかける、その心。

「強えぇなぁ!」


淡々。

淡々。


道の駅『あわじ』到着。



ふむ。
自分の弱さを確認出来た。

としよう。





ん?


むむむっ?


むむむむむ?




何故ココに?

BlogPaint

この写真で言うと。

ピンクが映える、イッチーさんの右隣。

『入り口』の看板
『営業』ののぼりの側に写る、白い服を着た長髪の女性。



家ネコさんじゃん! (゚∇゚ ;)エッ!?



あぁ。
なるほどね。

住友輪業さんが突撃されるのね。


「家ネコさんが先に姿を現してますよ(笑)」
「現れるんですよね?」

とか思って。



「ケケケっ(*゚▽゚*)」と、ほくそ笑んでいたのに。



現れねぇじゃねぇか!



現れない事に驚くという。。。



皆様は、松帆で湯浴びをされるとの事ですが、ワタクシは、北淡までの自走が残っていたのでお先に失礼致し。



後で、あれやこれやを駆使して見てみると。


住友輪業さん、洲本まで参加されていた。

らしい。


この後、『ハラミすぷりんと』なるものが開催され、そこに現れた。
らしい。



そういうカタチもあるのか。



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

会議の後の淡路島。 あるアワイチへの途中参加。

乙カレです。


BlogPaint



『ファンキーあわいち』と名付けられているライドに、後半のほんの少しだけ途中参加させていただいた時の記録。

ファンキー二代目さんと、乗り気さんが主催とのことで、このように名付けられているっぽい。
(参加前には二代目さんとは、お会いした事や、やりとりした事すらなかった。)




もともと、月のこの辺り(第3週)の週末から月曜日は、月一くらいで会議が入ることがあって。

「会議かなぁ。」
「参加出来ないタイミングかなぁ。。。」
と思っていたら。


この会議、一度は別日に移動したので、主催者の乗り気さんに「参加希望!」とお伝えして。
この日が来ることを楽しみにしていたのに。


会議って、戻ってくるもんなんですね(笑)



という事で、参加不可をお伝えするも。
諦めきれない。



車載で。

会議が終わり次第、北淡へ向かい、そこスタートで逆走すれば。

「いくらかは、ご一緒出来るのでは?」と。



それでいく!



北摂で午前中会議だったので、終わり次第、名神~中国道・山陽道~明石海峡大橋を渡ってビューンと北淡。

13時30分くらいに、北淡の知人宅を出発、南下。



弱い向かい風に感じる中、「慶野松原のコンビニ辺りで合流できないか?」と思いながら、頑張って漕ぐ!

ワタクシにしては頑張って。
33km/h以上を意識して、漕ぎ続ける。


「弱いとはいえ、向かい風っぽいので、もう少し落ちてもしゃーないんちゃう?」という甘えた自分を。
「いやいや!松原のコンビニより手前(北寄り)で合流になってしまうと、ご一緒できる距離短いやん!」と奮い立たせる自分。


黙々と漕ぎ。
正面からこちらに気付いて手を上げてくれる方とすれ違ったのは。

松原の海水浴場の駐車場入り口に差し掛かる辺りか。




あぁ。。。

コンビニまでは届かなかった。。。


慶野松原のローソン(だったかな?)は、北から向かうと、この海水浴場入り口よりも少し先。



ところで。

こちらに気付いてくれた方。


Lipさんでした!

単独で走られていて。

まさに『抜け駆け』で、逃げてきたらしい(笑)(←その様子の記事リンク)
コチラも(←記事リンク)


そして止まってくれたんですよね。

こんなネタ的な逃げ方をされていたLipさんの脚を止めてしまったワタクシ。


UターンしてLipさんのもとへ。


「五色のコンビニまで」と言われたので。

「後続の方のところまで行って来るので、そのまま逃げてください!」とお見送り。



そしてワタクシは引き続き南下を始めるとすぐ、乗り気さん先頭(だったかな?)の第二グループと遭遇!

「Lipさんと、そう離れてないですよ!」とお伝えして、さらに南下。
(↑後で思うと、逃げるLipさんの脚を引っ張った行為に感じる 笑)


第三グループ(最終グループ)の方々ともスライドしながらご挨拶。


Uターンして追いつきながら。
初対面である二代目さんの事は、なんとなく、「この人だろうな」とわかる(笑)


まぁ、初対面の方は3名いらしたので、確立は3分の1ですけれどね。



ここで、自分だけ走行距離の少ないワタクシは。
頑張って、第三グループによる追走のお力になれればと、前を曳こうかと思うも。

次の休憩の五色のコンビニまで、それほど上げて追いつく事はしない模様。


という事で、一人で前を追いかけるカタチになったのかな。



ワタクシが前に追いついた時には、Lipさんが吸収されてた。。。


ココでワタクシやっと。

「ん?先頭のLipさんとスライドした時、僕がLipさんを曳いて五色のコンビニまで逃げれば良かったんちゃう?」
「ワタクシがUターンしている間、かなり脚を止めてしまっていたから。その分として曳いて逃げて、五色のコンビニで皆さんを待てば良かったかなぁ。」

と気付く。


『逃げて遊んでいる方は、もっと逃がせ!』


ふむ。
ライド中の遊び方の一つを学んだ。

という事にしよう。



と、なんやかんやで、五色コンビニ。

改めましてのご挨拶を完了。



参加者は

二代目さん、乗り気さん、イッチーさん、アンダさん、Lipさん、やしおさん、パンダライダーさん、YASUさん、
tsuboさん、つぼちゃんさんというメンバー。


二代目さんとイッチーさんとアンダさんが初対面。

にも関わらず、途中参加のワタクシを快く迎え入れていただきました!



で、ココで少し長めの休憩。


ワタクシは、ココまでの区間、短いながらも頑張って漕いだ区間が多いので。

「ココからは、先頭を曳くにしても、あまり飛ばさずに行こうかな。」
と考えながらのんびり気を抜く。



さぁ、出発しましょうとなった時に。


二代目さんが、ワタクシをガチ勢に組み込みはじめた。

それだけでなく、ガチ勢は、「間をあけて追いついてこい!」と。



ほんまか。。。

そんな速い人間ではないのに。。。


しかも、ココから岩屋の道の駅までノンストップ。
らしい。
(もう一ヵ所くらい、休憩するものだと思っていた。)



ワタクシだけが距離が短く、脚が残っていて当然な状況なので、やるしかない。


のか?


まぁ。
この前の週に、かずこの調子の良さも実感していたので、なんとかなるやろう!と。



ふむ。

「追いつくまで頑張って曳いて。」
「追いついたら、交代してもらってもええやろ!」

と、頑張る範囲を限定する(笑)




そうこうして。

なんやかんやで、先行列車に追いついて、そのままちょっと休憩だ!と思っていると。




乗り気さんが「長すぎるので行きます!」と、加速して前に出て行く。


ですね!!!


交通量の少ない区間であっても、あれは長すぎた。

追いついた時点で遠慮なく、こちらから交代要求の上で、前に出てもらうべきだった。



前に出て行く、乗り気列車の後ろにしがみつき。
先行列車の横を抜けていくと。


先行列車を曳いていた二代目さんが乗り気列車に移ってきた!



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

過去の自分を引っ張り出してみた。

乙カレです。 

BlogPaint



いやぁ。
ブログに残しておく事って面白い!

過去の自分の考え方を思い出せるし。
客観的にも見れるし。


以下。
8年前に、ある番組の企画に向けて書いていた『エコ』ブログ。

当時、CO2削減に対して、今よりも話題になっていた(のだと思う)状況での内容。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□


 先進国だけでもCO2削減に取り組むか。
 発展途上国も参加しないと、取り組まないと言うか。

 まだ、のん気な事を言う段階なんですね。
 ズバッと動き出す段階ではないんですね。

 温暖化が、人類共通の『敵』との認識を持てればいいのですが。
 人間は、共通の敵がいる方が、団結できますからね。

 
 スポーツでも。
 都道府県内の学校対抗大会ではライバル校だったとしても、都道府県対抗の全国大会になると各校から選抜されて、今までのライバルが味方になり団結します。
 さらに、国対抗の国際大会になると、今まで都道府県対抗ではライバルだった事は関係なく、国代表として団結します。

 
 地球の中で起こる、国対国、宗教対宗教、欲望対欲望などの戦争も、宇宙人侵略(笑)みたいな、巨大な共通の敵の前では、収まり団結もするでしょう。
 
 もちろん、出し抜いて、宇宙人側に付いて、自分の国を有利に進めようという国も出るでしょうが。
 それは無しで(笑)
 地球人の文明に利用価値を見ていない、交渉の余地がない宇宙人(笑)
 
 交渉が上手くいき、自国だけは生き残りを約束されたかに見えても、最終的には、滅ぼされてしまう。
 
 団結して戦うしかないでしょう。
 
 
 環境問題に関しても。
 『先進国が先にやれ』
 『途上国も参加しなさい』
 って、議論を悠長に続けるのは、まだまだ温暖化を共通の『敵』見れてないからでしょうね。
 
 なんとなく意識はしていても、今の自国の利益を優先してしまう程度の意識。
 
 議論を先延ばしにして、自国の経済の発展を優先する。
 環境問題を真剣に考え実行した結果の、経済の発展が遅れた国々を見てはあざ笑い、自国は環境破壊を続ける。
 宇宙人との交渉の様に、一時、自国の利益を確保したかに見えても、人の住みづらい地球環境を得ただけになりますね。
 結果、滅びるかも。

 『このままいっても、滅びるような時代には、どうせ自分は生きてないし。』
 『自分の生きてる時代が快適である為にも、発展の手を緩めない!』
 ってことでしょうか。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

以上、過去のワタクシのブログ引用。



突然なにやってんの?って(笑)



前回の記録に引き続き。
この記事(←記事リンク)

で感じた事。


◆『ロードバイクは信号無視をする!とか、
  あの車、幅寄せしやがった!とか・・・』

 『これには個人的に違和感アリアリです。』

◆『ロードバイクが悪いんではなくて、信号無視をする人間が悪いんです!』
 『車が悪いんではなくて、幅寄せする人間が悪いんです!』

という表現をされていて。



コレを読んで。

この記事を読んで、過去の自分が書いたブログの事を思い出して。

人間の脳ってすごいな! オオーw(*゚o゚*)w



ワタクシの表現と逆の視点というのでしょうか。


ワタクシは。
『個では敵であっても、集団として機能するときには味方になる』
『共通の敵が出来れば、仲良くもなれる』
という視点。


住友輪業さんは。
『集団としてみたら敵でも、個を見ると敵ではない』
『集団として敵視せず、個を見るべきでは?』
という視点。(だと、ワタクシは感じた。という事)



力を発揮する為に集団と化す。
この場合の力の発揮とは、『闘う力』。
コレも、前向きであると思います。

結束。
強く結びつく。


力を発揮する為に集団を解く(ほどく)
この場合の力の発揮とは、『闘わない力・争わない力』
コレも、前向きであると思います。

解く(ほどく)
解いて、緩めて。
個々を判断する。



自転車乗りとして。

自転車に対して良い印象を持っていただく為には、集団の力が必要だと思います。
皆で結束して、『好印象の集団』と化さないと。


自転車乗りとして。

敵視して見られない為に。
個として見てもらえる様に。
争わない為に。

自分だけでも、『好印象の自転車乗り』とならないと。


きちんとマナーを考えて走っていれば、個として見てくれる方もいるでしょうし。
「お!この人、配慮を持って自転車に乗ってるな。」、と。

きちんとマナーを考えて走っていて、何かしら吹っかけられても。
自分自身に、『自信』を保って対応出来るでしょうし。


「お前がやれ」
「お前がやるなら俺もやる」

ではなく。



やっぱ上手く纏まらん (_´Д`) アイーン



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ブログ村
ギャラリー
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら