乙カレです


桜キタイチ記録の途中ですが、まぁ、関係する内容ですので挟み込んでみます





その『巡航』速度って、ほんまでっか?

   (゚ロ゚;)エェッ!?



という疑問。





ライド企画をした時に、走力・強度を提示する時に。

「〇〇km/h巡航で」というのは、よく見かけると思います。



この場合、例えば。



「ゆるゆる行きまーす!」

「30km/h巡航で行きますよー! (o^∇^o)ノ」


と言ってスタートします。



そして、30km/hで淡々と漕ぎます。

すると、追い風になってきて30km/h維持ではペダルが軽くなります。





ココで!


出力で考え、一定ペースとする為に32~33km/hで巡航します。





すると!


休憩に入った時などに。


「ペース上がってたなぁ!」

「飛ばすねぇ! (☆゚∀゚)」


などと、言われてしまうわけですよ





『スピードメーターで一定ペース』なのと、『出力で一定ペース』の考え方の違いですねぇ





ゆうても、出力は感覚なのですけれどね! (゚∀゚)アヒャヒャ
(パワーメーターをつけてないと、ね)



この場合、当然。

向かい風や登り基調になると、25km/h巡航になったりもするのです。





まぁこの、走力・強度提示のやり方と、実走でのペース配分は間違ってないとは思うので。



より誤解を生まないように、最近は「平地無風基準で〇〇km/h巡航」という言い方をしています。

風を考慮している事を、アピールしているのですね。





ゆうても! Σヾ( ̄0 ̄;ノ





距離の決まっているライド企画での、『巡航』速度を言うときには、その定義がわかりやすいと思います。



そのライドを走りきれる速度。

その中で、維持し続けられる速度。


ですよね。





150kmライド企画があり。

ソレを走りきる時に、ほぼ全域で、無風平地基準で30km/hで走り続けられるなら。



「30km/h巡航出来ます!」で、間違ってないでしょう?





では?



普段、自分の走力を人様にお伝えする時の『巡航』速度って?

何基準で考えて、その数字を出してるん?





ある距離を維持できる速度?

それは、50km?100km?



ある時間を維持できる速度?

それは、何分?何時間?





ワタクシは。

『巡航』と言うからには、最低でも1時間は維持できる速度かなぁ?という印象なのですね。
(コレが正解・コレが基準とは言ってないですよー。)



そうは言っても。

30分・30km/h維持でも15kmも進みますので。

普通の感覚で考えると、結構な移動距離だとは思うので。



「15kmも移動する間、ずっとその速度を維持出来るのでしたら、それは『巡航』ですよねー!」という感覚の方もいるでしょうし。





ワタクシより遥かに距離適性がある方からすれば。

「200km維持出来るくらいが、『巡航』なんじゃ?」という感覚かもしれませんし。





自転車乗りが語る(語るべき)巡航速度の定義って?

決まってたっけ?





そこがハッキリしてないので。

詐欺扱い(笑)も横行するのですよねー (_´Д`) アイーン





10km・15分を維持出来れば。
「40km/h巡航出来ますよー!」と言うAさん。

30km(以上)・60分(以上)を維持出来る事から。
「30km/h巡航程度ですねぇ!」と言うBさん。



当然、BさんはAさんに対して

「めちゃ速い人!」という印象を持つでしょうけれど。



このお二人が、30km程度の距離を一緒に走ったら。

申告した巡航速度での『10km/h差』ほどの走力差は感じないでしょうねぇ。



BさんはAさんに対して「??? それほど速くない?」

AさんはBさんに対して「詐欺だ!(笑)速いやん!」って。





ココで40km/h巡航を例えに出したのは。

一つの区切りだからか、「40km/h巡航出来る」「40km/h目指す」という言葉を目にする事もあるので。





ちょいと、STRAVAさんに頼ると。


八幡~関西医大10kmTT

STRAVAリンク





この区間、ゲートがあって減速・加速を強いられる箇所はあれど、数箇所程度。

一般道に比べると、遥かに巡航速度を維持しやすい区間。



この10km区間であっても、アベレージ40km/h達成をされている方は10人もいない。
(2017年4月現在)


その10人もいないアベレージ40km/h以上維持も、TTをして出した数字でしょうし。

(減速箇所を考慮すると、実測42~43km/h維持か?)
(TTは『巡航』とは言わないのでは?『巡航』より強度を上げている事が想像出来る。)
(なので、この区間での42~43km/h維持出来る方の走力と、40km/h巡航を同強度と考えてみる。)




この区間の数字を見てしまうと。

ワタクシ基準の『最低一時間維持』という『巡航』だと、まず考えられない数字。

40km/h巡航って。





ほんま。

みなさんの言う

 『巡航』ってなんなん? (´?д?;`)






ワタクシは、37km/h巡航を目指し続けているのですがね。

平地に対するワタクシ自身の、成長速度自体が遅いんス(笑)



めぇめぇいうとります
ではまた~


 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村