乙カレです



『十三峠』


ずっと行ってみたかったんですが。

北摂からだと、大阪市内を抜けないといけないので。



信号地獄。。。


それがめんどくさいくて、行かなかったんですよねー φ(.. )



そんな逃げをかましているワタクシに、転機が。



ヤス吉さんやトプローや、りっつさんと知り合って、STRAVAのクラブに『FRAT練』が出来た時に、そのクラブに参加させていただいていて。
(FRAT練は、十三峠を登ることから始まる練習会ですよー。)
(FRAT練は、STRAVAにクラブが出来るずっと前から開催されていますよー。)




一度は行っておかないと、マズイ! (_´Д`) アイーン 


と、自らを追い込み、鼓舞して、市内を抜ける苦行を受け入れる事を決めた。



2017年。一月末の事である。




しかししかし。

しかもしかも。


その集合時間たるや。



6時までに着いておかなあかんのかーい! 

(ノ◇≦。) ビェーン!!



6時になると、次々に、水越東のブンイレから発射されていくらしいので、余裕を持って到着しないと。


「ルートをひくと、吹田からは25kmくらいだけれど。。。」

「信号に引っ掛るので、アベはだいぶ下がるよなぁ。。。」

「2時間、みとくかぁ (´;ω;`)」



と、4時には出発出来るように、3時起き。


結局、段取りに手間取って4時20分くらい出発だったかな?(笑)



出発が遅れた分を取り戻す為と、信号ストップの恐怖から、(ある速度域では、繋がりがよくなるかと思い)頑張って35km/hほどまで速度を上げるも。


やはり、信号はイヤな仕事をする。



ワタクシが交差点に突入しよか、というタイミングの直前で黄色。⇒止まる。

の、繰り返し。



これ。30km/hくらいで走っても、変わらんかったやん。。。



という感じの道がつづく。



(2017年一月末に、初めて水越東ブンイレを訪れて以来。)
(このひと月半で3回訪れた)
(市内の道を、アレだけ嫌がっていたのに 笑)
(おかげで、良き道を開拓出来た!という内容は、後日。)



まぁ、なんやかんやで。

1時間30分ほどかけて、水越東ブンイレに到着!



すでに10人近く集まられていたので。

挨拶しながら近寄っていき(笑)

その時を待つ。



出発前には、15~20人くらいになっていたのではないかなぁ?



ヤス吉さんやりっつさん、KO460さんやハルさんなど(あまり細かく書くと、抜けていると失礼なのでココまでで。 笑)
の、お知り合いの方も数人いらっしゃったモノの。



さすがに、お初の方のほうが多いですし、お名前も聞けず覚えられず。

(帰宅後、STRAVAを見ると。)
(「え!あの方とご一緒してたん!」と、知ったお名前の方を発見したり 笑)



そんな、『あうぇー感』で縮こまっていたワタクシの目に、飛び込んできたローディーの姿。



「パンダ兄さん!?」


思わず声をあげてしまった (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

この日の参加表明はされていたようですが、ワタクシが見逃していました。

KIMG0603


とかなんとかあって、ダベダベが続くのかと思いきや。

気付くと、いつの間にか、数人スタートされていて。



皆様、慣れたモノで。

6時くらいになると、それぞれだいたいスタートしていくらしい


「では、そろそろいきましょうか。」みたいな感じを想像していましたよ



という事で、ワタクシも車列についていきます。


なんせ、初十三で、コースもわからないモノでしてね。

離される訳にはいかないのです! (; ̄Д ̄)!



二回左折して、右折したあたりが、十三の登り口らしく。

そこで止まっている方々もいましたが、ワタクシが憑いた車列は、そのまま登り始めます。



おっしゃ!いったるでぇ! (ノ`Д´)ノ



「十三よ!ずー・たにの名を刻み込んでやる!」

と、意気込んだのか?



めぇめぇいうとります
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村