乙カレです。


今日は淡路島に行ってきました。

自転車で走ってきました。
その内容は後日書くとして。

BlogPaint


後悔は後からやってくる。

まぁ、『後悔』という、字のままなのですが。



大切な人は、いつまでも元気でいるのか。


突然、倒れる事はないのか?

突然でなくとも、徐々に衰えていく事はないのか?

ある時期(季節)、体調を崩し長引き、思いのほか身体的ダメージを受ける事はないのか?



ワタクシの大切な知人は、淡路島の北淡にいます。
よく、淡路島ライドの拠点とさせていただいています。

知人は、80代。

月に一度くらいのペースでは、顔を見に伺っています。



その知人が8月に倒れて、最近まで入院していました。

約二ヶ月。


もっと早くに退院出来るものだと思っていましたが、思いのほかダメージが大きかったようです。


倒れた原因はよくわからないのですが。

状況から推察すると。
暑い日が続いていた時期なので、食欲が無くなったのか、水分補給が足りていなかったのか。


昼前に、勝手口から外に出ようとしていて、ふらっと倒れてしまったそうで。

倒れた時には、打撲こそあれ、捻挫や骨折まではしていなかったので、本来ならば立ち上がって家の中に戻れたはず。


ですがこの時は、夕方まで動けなかったそうで。

暑い中、勝手口の外でずっと動けない。


この勝手口が北側でよかった。。。

南側なら、一番暑い時間帯に日差しを受けて。。。

最悪の事態となっていたかもしれない。


そして、その数日後に。

今度は、家の中でつまづき(普段はつまづかないような場所で)動けなくなり。

毎日宅配弁当を運んでくださっている方が、「今日は、弁当の受け取りに出てこない」と役所に連絡を入れてくれて。

役所の方が見に来てくれて、座り込んで動けない知人の姿を発見してくれたそうで。



この倒れた当日。

それより少し前。

ワタクシは、知人に挨拶に伺っています。

ほんの数分の挨拶。


この時、もう少し話をして。

体調や食事(食欲)などの事も聞いておけばよかった。。。



それは、以前、『ロードバイク布教ライド』で走った時。

本文中に、『ワタクシはひとり、北淡の知人宅に挨拶に伺う。』
     『(わざわざ書いたのは、コレ、伏線ですよ。)』
と書いていました。その記録はコチラ(←記事リンク)


『(わざわざ書いたのは、コレ、伏線ですよ。)』と書いているのは。
まさに、今回の記録を書く事を決めていたから。

無事に退院したら、と。



月に一度くらいのペースで顔を見に行っていても、突然「倒れた」という連絡を受けるもんなんですよね。

そして、それぐらいのペースで伺いつつも。。。
ライド中に『挨拶だけに』伺った時の事に対して、「体調や食事(食欲)などの事も聞いておけばよかった」と、後悔もするんですよね。



まぁ、どこまでいっても。

離れて過ごす大切な人に、何かあった時には。
何かしらのカタチで、後悔はするのでしょうけれど。


ただ。
100kmや200kmを当たり前の様に走れる乗り物を、趣味として遊んでいるのですから。

その遊びの目的を。
『大切な人に会いに行くライド』とする機会を作ってもいいんじゃないかなぁ?と思いまして。



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村