乙カレです。


BlogPaint



『ファンキーあわいち』と名付けられているライドに、後半のほんの少しだけ途中参加させていただいた時の記録。

ファンキー二代目さんと、乗り気さんが主催とのことで、このように名付けられているっぽい。
(参加前には二代目さんとは、お会いした事や、やりとりした事すらなかった。)




もともと、月のこの辺り(第3週)の週末から月曜日は、月一くらいで会議が入ることがあって。

「会議かなぁ。」
「参加出来ないタイミングかなぁ。。。」
と思っていたら。


この会議、一度は別日に移動したので、主催者の乗り気さんに「参加希望!」とお伝えして。
この日が来ることを楽しみにしていたのに。


会議って、戻ってくるもんなんですね(笑)



という事で、参加不可をお伝えするも。
諦めきれない。



車載で。

会議が終わり次第、北淡へ向かい、そこスタートで逆走すれば。

「いくらかは、ご一緒出来るのでは?」と。



それでいく!



北摂で午前中会議だったので、終わり次第、名神~中国道・山陽道~明石海峡大橋を渡ってビューンと北淡。

13時30分くらいに、北淡の知人宅を出発、南下。



弱い向かい風に感じる中、「慶野松原のコンビニ辺りで合流できないか?」と思いながら、頑張って漕ぐ!

ワタクシにしては頑張って。
33km/h以上を意識して、漕ぎ続ける。


「弱いとはいえ、向かい風っぽいので、もう少し落ちてもしゃーないんちゃう?」という甘えた自分を。
「いやいや!松原のコンビニより手前(北寄り)で合流になってしまうと、ご一緒できる距離短いやん!」と奮い立たせる自分。


黙々と漕ぎ。
正面からこちらに気付いて手を上げてくれる方とすれ違ったのは。

松原の海水浴場の駐車場入り口に差し掛かる辺りか。




あぁ。。。

コンビニまでは届かなかった。。。


慶野松原のローソン(だったかな?)は、北から向かうと、この海水浴場入り口よりも少し先。



ところで。

こちらに気付いてくれた方。


Lipさんでした!

単独で走られていて。

まさに『抜け駆け』で、逃げてきたらしい(笑)(←その様子の記事リンク)
コチラも(←記事リンク)


そして止まってくれたんですよね。

こんなネタ的な逃げ方をされていたLipさんの脚を止めてしまったワタクシ。


UターンしてLipさんのもとへ。


「五色のコンビニまで」と言われたので。

「後続の方のところまで行って来るので、そのまま逃げてください!」とお見送り。



そしてワタクシは引き続き南下を始めるとすぐ、乗り気さん先頭(だったかな?)の第二グループと遭遇!

「Lipさんと、そう離れてないですよ!」とお伝えして、さらに南下。
(↑後で思うと、逃げるLipさんの脚を引っ張った行為に感じる 笑)


第三グループ(最終グループ)の方々ともスライドしながらご挨拶。


Uターンして追いつきながら。
初対面である二代目さんの事は、なんとなく、「この人だろうな」とわかる(笑)


まぁ、初対面の方は3名いらしたので、確立は3分の1ですけれどね。



ここで、自分だけ走行距離の少ないワタクシは。
頑張って、第三グループによる追走のお力になれればと、前を曳こうかと思うも。

次の休憩の五色のコンビニまで、それほど上げて追いつく事はしない模様。


という事で、一人で前を追いかけるカタチになったのかな。



ワタクシが前に追いついた時には、Lipさんが吸収されてた。。。


ココでワタクシやっと。

「ん?先頭のLipさんとスライドした時、僕がLipさんを曳いて五色のコンビニまで逃げれば良かったんちゃう?」
「ワタクシがUターンしている間、かなり脚を止めてしまっていたから。その分として曳いて逃げて、五色のコンビニで皆さんを待てば良かったかなぁ。」

と気付く。


『逃げて遊んでいる方は、もっと逃がせ!』


ふむ。
ライド中の遊び方の一つを学んだ。

という事にしよう。



と、なんやかんやで、五色コンビニ。

改めましてのご挨拶を完了。



参加者は

二代目さん、乗り気さん、イッチーさん、アンダさん、Lipさん、やしおさん、パンダライダーさん、YASUさん、
tsuboさん、つぼちゃんさんというメンバー。


二代目さんとイッチーさんとアンダさんが初対面。

にも関わらず、途中参加のワタクシを快く迎え入れていただきました!



で、ココで少し長めの休憩。


ワタクシは、ココまでの区間、短いながらも頑張って漕いだ区間が多いので。

「ココからは、先頭を曳くにしても、あまり飛ばさずに行こうかな。」
と考えながらのんびり気を抜く。



さぁ、出発しましょうとなった時に。


二代目さんが、ワタクシをガチ勢に組み込みはじめた。

それだけでなく、ガチ勢は、「間をあけて追いついてこい!」と。



ほんまか。。。

そんな速い人間ではないのに。。。


しかも、ココから岩屋の道の駅までノンストップ。
らしい。
(もう一ヵ所くらい、休憩するものだと思っていた。)



ワタクシだけが距離が短く、脚が残っていて当然な状況なので、やるしかない。


のか?


まぁ。
この前の週に、かずこの調子の良さも実感していたので、なんとかなるやろう!と。



ふむ。

「追いつくまで頑張って曳いて。」
「追いついたら、交代してもらってもええやろ!」

と、頑張る範囲を限定する(笑)




そうこうして。

なんやかんやで、先行列車に追いついて、そのままちょっと休憩だ!と思っていると。




乗り気さんが「長すぎるので行きます!」と、加速して前に出て行く。


ですね!!!


交通量の少ない区間であっても、あれは長すぎた。

追いついた時点で遠慮なく、こちらから交代要求の上で、前に出てもらうべきだった。



前に出て行く、乗り気列車の後ろにしがみつき。
先行列車の横を抜けていくと。


先行列車を曳いていた二代目さんが乗り気列車に移ってきた!



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村