♪~ ぱぱぱぱぁーん
       ぱぱぱぱぁーん ~♪



BlogPaint



乙カレです。


前回の記録の最後が。


ふむ。
「乙女膝とは、一生付き合っていく!」と心に決めたワタクシ。

「ん?」
「男として、それでいいのか?」

というモノ。


よく、カラダの故障部位に対して、「一生付き合っていく」と、言いますね。




おいおい!
それって。 男としてどうよ?



一生、付き合うって。
『お付き合い』のままって事?

そりゃ、その方が楽なのかもしれないけれど。


『一生』とまで言うのなら、安心させてやれよ。



ワタクシ、そう思う。
なので、ぷろぽーずをした。

そのぷろぽーず予告は、すでに済ませていただんですけれどね

めうさんのブログで『乙女膝』から『漢膝』とのフリがあり、それに対してのワタクシのコメント(めうさんブログへのリンク)



ワタクシ「この先。君のいない人生などない!生涯を共にしてください!」

乙女膝 「はい共に成長していきたいです



ついに妻帯者!



えと。

まぁ、ここまでにしておいて。



ほんまに、一生の付き合いとなりそうなもので。
乙女膝。


今のところ、これが、ワタクシを成長させてくれそうなんですね。


雑に漕ぎながら力を込めると、違和感で知らせてくれる。
「あかん、もっと丁寧に漕がないと」と思える。

これまでも、綺麗に回す事は意識していたつもりでしたが、雑だったんでしょうね。


丁寧に漕げば、思いもしないほど走れる・登れる事も実感させてくれましたし。


『膝を痛めた』『思い切り乗れない』『スッキリ完治とはいきそうにない』
というマイナス部分にも。

プラス部分を見つける事が出来て。


「これまでは、使いやすい、偏った筋肉を使って漕いできたんやろうなぁ」と思える。

「綺麗に回す事優先で、当面は、前より遅い時期があるやろうけれど。」
「その回し方を続けていれば、それに対する筋肉が付いて。」
「結果、効率良く速く走れる身体を手に入れられる。」

そんなふうに思える。


ええ相方。

ええ奥様やわ。



めぇめぇいうとります。
ではまた~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



ふむ。
乙女膝は、正室となられた模様。

では、女性にぷろぽーずする時には、「側室になってください!」というのか?