乙カレです。



もう、一週間以上前のライドの記録。

この記録のおはみのの次週には、超早い集合で超速い超人アノ人が参加された、超々々おはみの。
その記事もすでに、参加者の方から上がっているだろう。

賞味期限切れの記録となるが、致し方なし。



タイトル通り、ぶらり参加だったこの日。

仕事の終わりが見えた頃に、「6時半集合に間に合いそうだ」と認識。


通勤用重シクロで参加決定。

出勤時には参加を意識してなかった(間に合うと思ってなかった)ので、ガーミンなし。
コレは、結果、後悔。


集合場所から100mくらいのコンビニで、軽く補給で時間調整。

到着した時には、めうさん、メカニックさん、パンダ兄さん、やすさんが集合されていて。


挨拶と軽い会話の流れで、『重シクロにつき先行スタート』の許可が下りた。


うむ、一安心 (^_^)ニコニコ



遠慮なく先行スタート。

無理せず、綺麗に回す事を意識して、淡々と。

『浄水場前』の信号で、ちょうど変わり目。
赤から青。


「あれ?重シクロやのに、遅くないなぁ。」


下のスタート地点の信号と、この浄水場前の信号はタイミングが連動してる(いつも同じ)と聞いたことがあったので。

ロードバイクで登った時も、信号が赤から青に変わるタイミングで通過できる事が多い。


それなら、重シクロでも同じ速度で登ってこれたという事か?
一つ後のタイミングなのだろうか?(そこまで遅い感覚でも無かったが。)


うむ。
「これは、意外と登れるのでは?」
と思い。


途中の後続待ちポイント2箇所では止まらず、ノンストップ高山決定!(笑)


逃げるぜ!!! (゚∀゚)アヒャヒャ


正規組が、どれくらいの時間差でスタートしたのかわからないので、焦ってもしかたない。

淡々走法を続ける。

あくまで、無理なく。

綺麗に回して、膝に負担をかけない走り方の練習。


その中での最速を目指す。



勝尾寺との分岐点でも追いつかれていない。

トンネルカラフルON!!!

誰も見てくれていない。。。


登り返しての野菜売り場辺り。


誰も来ない。

「こりゃ、正規軍は10分くらい後に出たのかね?」
「5分後でも、2箇所で後続待ちをしていたら、なかなか追いつかれないものかね?」



何も変化無く、ひたすら淡々。


淡々と漕ぐ時には。

頭の中で唄う歌がある。


♪~ たんたんたんたんっ たんたんめーんっ!!! ~♪


冗談でなく、ネタでなく。

本気で唄っている。
頭の中で。


コレ、おすすめ!

ラクなんスよ?

漕ぎのしんどさを忘れられる。
アホみたいに、唄っている間に、なんぼか進んでいる。


「唄うと速く走れる!」

か、どうかの実感はありませんが。


ヒメなのだ~!


も、あながち『漫画のネタ』というだけではないかも。

恐らくですが、ラクはラクなんだろう、と。


他。

「綺麗に漕げ!綺麗にこげ!」と、ひたすら漕ぎに意識しててもラク。

いつの間にか進んでいる。



ヒッヒッ!フゥー。。。 ヒッヒッ!フゥー。。。 


じゃなかった。

「深く、フゥーー。。。 と息を吐こう!」と、呼吸に意識を集中させるのも同様。

いつの間にか進んでいる。



いつの間にか進んだ先に、高山公民館が見えてきましたよ?

逃げ切れましたよ? 


「逃げ切った!」と信号を越え、ダウン走(?)で50mほど先まで流して戻ると。

もうSIMIZさんが、直後に迫っていて驚いたとさ。


きむらぼさん、ぷくしまさんも来られていて、高山ダベ時間。



その中、パンダ兄さんからの指令が。
BlogPaint

(台詞はフィクション)

「では、天狗岩区間の入り口まではご案内!」
と。


めぇめぇいうとります。
ではまた


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村