RS81-C35 フロント 830g
自転車 ライド 002

自転車 ライド 001


RS81-C35 リア 1,010g  
自転車 ライド 004

自転車 ライド 003


GrandPrix 4000 S II(25c) 210g
自転車 ライド 006
自転車 ライド 005


スペシャライズドネームのチューブ 110g
自転車 ライド 009

自転車 ライド 010

自転車 ライド 007



ココまでが、新たに投入する機材の個別重量

以下、セット重量(バラして量れよ!って? すいません 笑)



変更前 フロント『RS-010・ZAFFIRO(23c)・どこぞのチューブ』 1,375g
自転車 ライド 022

自転車 ライド 021


変更後 フロント『RS81-C35・GrandPrix 4000 S II(25c)・スペシャライズドネームのチューブ』 1,195g
自転車 ライド 020

自転車 ライド 019


フロントは180gの軽量化


変更前 リア 『RS-010・アルテ11-28スプロケ・ZAFFIRO(23c)・どこぞのチューブ』 1,945g
自転車 ライド 012

自転車 ライド 013

自転車 ライド 011


変更後 リア 『RS81ーC35・10512-25スプロケ・GrandPrix 4000 S II(25c)・スペシャライズドネームのチューブ』 1,545g
自転車 ライド 016

自転車 ライド 015


リアは400gの軽量化

前後で580gの軽量化


やはり、ホイール・タイヤ・チューブは大きいな。
簡単に600g近くの軽量化が出来る。


漕ぎの軽さの実感はもちろん。

何より嬉しかったのは、乗り心地の良さ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村