2月27日(土)


さぁさぁ。

仕事を終え、無事に6時過ぎの快速電車に乗車。

姫路乗換えまでは、1時間30分くらいはあったはずで。
ガッツリ寝るつもりでしたが、ウトウト程度しか出来ず。

ワタクシ、どうも、座った状態では寝れない体質らしい。

車でも、運転席に座ったまま、ハンドルあたりに足を上げて寝ている方を見かけますが。
あれ、出来ないんですよねー。


まぁ、それは良くて。


姫路到着後、岡山行きの各駅停車に乗り換えて、相生に向かいます。


と。
各駅停車に乗り込むと、同じドアの奥側に、輪行袋2つと若い2人。

目が合ったので、「こんにちはー」とだけ挨拶。


挨拶しつつ、頭の中では
「もしかして、参加者の方々?」
「どうにか声をかけようか?」

などと考えていたのも、一瞬の事だと思うのですが。


一人の方が
「相生ですか?」
と、こちらに質問していただけた。

ワタクシ「そうです!住友輪業さんの?」と聞き返し。

この時点で、あのブログで見た光景とは違う展開に。


姫路~相生間の約20分。
気まずい空気が続くかもしれなかった展開を打破してくれてありがとう!


この方、SAI君。
そして、お連れの方がKIT君。

二人とも現在、神戸在住で、そちらで住友輪業さんとお知り合いとなったとの事。


ワタクシ「お二人は、若いからどんどん早くなりますねー」なんておっさん発言してた訳ですが。

結果を見聞きすると、すでに、相当速いらしい。


KIT君が坂を軽やかに登っていくのは目の当たりにしましたし、実際、STRAVAからも知る事が出来ました。


SAI君は平地が得意との事で、ワタクシがその走りを目の当たりにする機会はなかったのですが。

後に、だるま珈琲で、ある方が「SAI君、ぷりっぷりのお尻で、ガンガン曳いていくねん!まいったわぁ」という様な話をされていて。
この話されている方も速い人だと思ったので、その方にそう言わしめるSAI君。


おっさんもまだまだ速くなりますよー! (^∀^)


この二日間、ちょくちょく話してくれて、ありがとうございました!



(少し戻り)
という、集合前の出会いを経て。

相生に到着!


8時22分到着の電車だったので、集合場所にはまだそれほど人はおらず。
輪行解除しつつ、荷物をロッカーに預けるべく片付けをしているタイミングで。

コギコギさん登場!

って、ワタクシやはり、自分からは挨拶程度しか出来ないんですよね(苦笑)

お話したい事もあったのですが、この時は出来ず。
まぁ、2日目にお伝え出来たので良かったです。


そうこうして、荷物をロッカーに預けに行って。
ロッカー代金300円(100円玉限定)が無く、あたふたしていると。
ロッカーの並びに、カップ珈琲の自販機が。

飲みたい時ではないのに、しかも安くはないのに、買うしかなかった(笑)

うまいお商売されてますな!

いや、たぶん。
ベンチも置かれていたので休憩する方に向けてのお商売ですよね。
ロッカー代金(100円玉用意)狙いの商売っ気はゼロなんでしょう。

ね?


皆様、コインロッカーを利用される予定があるときには、事前に100円玉を多めに用意しておきましょう!
ライド中は、「小銭を減らしたい」心境と逆行しますけれどね。


こんなところであたふたしている間に、集合5分前。


再び集合場所に向かうと、随分と人数が増えてました。

そして、見たことのある方。

「あっ!」
と、思っていると。

お先に、「お久しぶりです!」と声かけいただきましたのは、AKIRAさん。


ワタクシのSTRAVAやブログを発見いただいて、繋がりを持っていただけていましたが、顔を合わせたのは、2回目のはず。

その中で、積極的に話しかけていただき。

人の多さに、静かに内心あたふた続きのワタクシ。
非常に気が楽になりました。


AKIRAさんとは選んだコースが違った事と、一日目のみの参加だった事から、お話出来たのはこの時だけでしたが。
また、必ずお会いできるでしょう! ('▽'*)ニパッ♪
その時にも、よろしくお願いいたします。



ここまで書いてきましたが。

参加人数が多くて。
新たな出会いが、当然多くて。
おひさしぶりの方にもお会いでき。

ぜんぜん進まへんねやけど。
どう書き進めていけばいいのん?


なんちゅうイベントやねん!
どんだけ盛りだくさん!?


ワタクシが、人との出会いに飢えているからなのか?


もっと出会いがあったのですが、これ以上つらつらと書いても、文章がだらける!
という理由で、また次回。


また、真面目に書かせていただきますと。

ライド記事まで、なかなかたどりついてませんが。
今回の規模のイベント。
出会い・繋がりの場として意味合いも、ものすごく大きいと感じました。

この様な機会を与えていただけた事に喜びを感じておりますので、その表現としては必要なのです。



すでにコメントいただけたCMのあの方や、臨時漕会随一の『漢』だとワタクシが勝手に思い、ある種、憧れのあの方。物腰柔らかなあの方。親父ギャグのネタをぶっこんでいただけたあの方。とうにゅうのあの方と、その絡みっぷりが楽しいあの方。まだまだまだまだ登場!



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村