日曜日。

三木・明石方面。
大阪発⇒有馬温泉⇒『ミステリーサイクル』⇒『カウボーイカレー』⇒『明石焼き』⇒大阪着
という、140kmライド計画。

参加予定は、HASさんとKAWさん。

しかし前日、雨天中止決定。


それでも、前日予報で、昼前から雨はやみそうだったので。
HASさんとやりとりして、近場のライド計画。

五月山⇒妙見山⇒卵かけご飯というコース設定。


当日、朝の天気を見て、出発時刻決定。
10時30分・箕面集合。

当初の三木・明石方面ライド参加予定のKAWさんは、朝の時点で体調不良のため不参加。
この朝、集合時間が確定した時点で、SIMさんに連絡をすると「徹夜明けだが、向かいます」との返答。

箕面に集合した三人。
五月山⇒卵かけご飯⇒(食べた時の余力によって)妙見山
というコースに決めてスタート。


ワタクシとHASさんは、初の五月山。
ワタクシは、腰をいわしているので、ハナからのんびり無理せず登ると決めて。

お二人の後に続いて登る事に。


五月山の印象。
箕面川ダム側から登り、五月山を下った事はあったので、なんとなくはわかっていましたが。

登り始めが極端にキツイ!
けれど、勾配のキツさは天狗岩や箕面川ダムの登りと同等か?
キツイところで18%~(一瞬)20%。(ガーミン表示)


先日、SIMさんとの話で「ずー・たにさん登りが得意」という話の流れの中、「ワタクシ、激坂の方がSTRAVAの順位が良くなるんです。」と返答した。
SIMさん「スプロケLO側28まであると、その分、激坂では上りやすい」と、ワタクシが忘れていた指摘をいただいた。


なのでこの日は。
序盤キツイところでも、一枚残しの『前34-後ろ25』で登ることにしていた。

まぁ、前が34なので、まだまだ甘いのかもしれませんが(笑)


こういう、自分への縛り・こだわり。

楽しい!!!


『アウター縛り』などを行っている方の記事を見て「なんでわざわざしんどい事を。。。」と思っていましたが。
いつもと違って、楽しいもんですねー。こういうの。


その後の緩めの坂では、4枚残しをしたり。
「4枚残すくらいなら、こういう時にアウター縛りか?」と思い、初のアウター縛りをしてみたり。

コースの『初』だけでなく、走り方も『初』があって。
本来のライドでなくても、じゅうぶん過ぎるほどの有意義なライドとなりましたね。


まぁ、この日は結局。

箕面⇒五月山⇒卵かけご飯⇒一庫ダム⇒川西解散(SIMさんとはここまで)⇒(猪名川CR途中まで)豊中⇒吹田(HASさんと)というコース。

その場その場で、コース変更。
この柔軟性や、良し!


卵かけご飯からの後行程。
SIMさんに先導していただき。

堀越峠(だったかな?)、ええ道ですなぁ。
妙見山から野間の道中にも感じましたが、木々の香りを感じられる道。

そこから、一庫ダム湖半の走りやすい道。

一庫ダムから猪名川CRまでの区間が、もう少し走りやすい感じだとありがたいのに。。。
(SIMさんがこの区間ですら走りやすい道を選んでくれましたが、覚えるの大変 笑)


ところで。
ワタクシは、平地を速く走りたいと思っているのですが。
どうも、脚色は登り寄りらしい。

いや。
登りもまだまだ遅すぎるのですが。
あくまで、「どちらかといえば」


そういう印象を持たれているワタクシ。
HASさんに、猪名川CRにて「ずー・たにさん、平地でも踏んでいくじゃないですか!」と言われたのですが。

そう言いながら、平然とついてくるあなたはいったい。。。

このライドの序盤、五月山で脚が終わっていたはずなのに。
ライド中に回復出来るとか、うらやましい ヽ(TдT)ノ

ワタクシより、自転車歴短いのに、追い回してくるので、平地では必死で逃げないといけないと思わされる。


頑張るぞー!

タバコやめるんですか?などと、話をふりましたが。
タバコやめるなぁー! こわいぞー(笑)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村