ロード用油圧式ディスクブレーキ。
ST-RS685とBR-RS785。


あんなに重かった、重量化シクロの機械式ディスクブレーキ。

いや。キチンと整備していればあそこまで重くはなかったはずなのだが。。。
それを抜きにして、キチンと整備されている機械式ディスクブレーキと比較しても。
(先日、油圧式交換まで残り2週間とわかりつつ。ブレーキケーブル交換によって、動きが良くなった左ブレーキと比較。)

・ブレーキタッチの軽さ
・力加減に対しての制動力調整の細やかさ

油圧式は

別次元!!!


MTBの油圧式ディスクでも感じていたのですが。
『油圧ディスクブレーキの自転車』というだけで、一台所有する価値あり。

そう感じられます。


油圧式ディスク2台になったので、これまで『油圧式ディスクだから』と唯一無二の存在だったMTBの立場が無くなりつつあります(笑)

まぁ、このMTB、激坂探検用とする方向で考えているので。
しかも、ブルホーンにしてシフター・ブレーキレバーはそのまま使えないか?と想像中で。
そこまで出来れば、また唯一無二に返り咲きかな。


通勤でロードに乗られている方。
タイムトライアルにあまり興味が無く、山によく登られる方。
これらの方々は、速さよりも無事に帰る事の方が重要でしょう。

タイムトライアルされる方々も、無事に帰る事を重要視されてはいるでしょうけれど。
軽さを『最』重要視されてる印象もありますので。


多少の重量増は気にしなくても良い乗り方をされている方は、次は油圧式ディスクロードを是非!
機械式とは別次元だと感じているワタクシは、これから買う方には、機械式ディスクはオススメしません。

数万円の価格差を埋めるだけの質感は感じられます。
機材の変化に対する鈍感力がハンパないワタクシでも感じ取れる、決定的な差。

ブレーキタッチだけでも、ニヤける事が出来る幸せ。


べた褒めもべた褒め。

あまり、期待値・ハードルを上げすぎるのはまずいかな(笑)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村