富島(としま)から山に向かってしまえ!

北淡の高原から、明石海峡・大阪湾・播磨灘を楽しもう!



アワイチも終盤。
県道31号線を北上する中。

淡路市富島の『淡路高校前』交差点を山側へ曲がり、県道71号線を登る。

ある程度上りきったら県道157号線と交差するので、この交差点(信号無し)を岩屋に向け左折。

さらに登ることになるが、突き進んでいくと。


『あわじ花さじき』

ココからの明石海峡・大阪湾・播磨灘の景色は素晴らしかった!
のんびりと景色を楽しめる。
季節ごとに、花もいろいろと楽しめるようですし。


さらに岩屋方面に進むと。


『淡路カントリーガーデン』

中には入らなかったけれど、動物がいるみたい。
表に小屋の売店があって、この売店『safsaf』
ココは、食べログ評価から見ても、おいしいんじゃないだろうか。と思う。
ハンバーガーやソフトクリームなど。
(実際に食べたら、また、記録します。)

ここまでくると、後はほぼ下り。
岩屋までそれほど距離はないので、「補給」として食べる必要はないかと思う。
完走前に、頑張って山を登って来た自分へのご褒美だ!


さらに岩屋に向け。
下っていく途中。


『風力発電の風車』

まぁ、いまや何処にでも有るっちゃアルが。
数基集まっていて、それなりの見栄え。
(淡路島の風力発電風車といえば、南あわじ市阿那賀の方が基数が多く、迫力はあるかな?)
道(舗装・道幅)が非常に良いので、気持ちよく走りぬける中、風車も楽しめる。


花さじきから岩屋に向けては、ホント道が良い。



このルートを選択すると、アワイチ終盤の見所である
『曲がりくねった海岸線から突然現れる明石海峡大橋』
という景色は見れないですが。

アワイチ常連さんは、たまには見れなくてもいいでしょう?(笑)


逆に、初アワイチの方には、『曲がりくねった海岸線から突然現れる明石海峡大橋』
外さずに見ていただきたい景色ではあります。

たとえば、思ったよりも時間がかかり、富島あたりで日が落ちてきたとして。
ゴールに向けて、もうひとふんばり!
その先には、照明によってカラフルに色付いた明石海峡大橋が突然現れる。

街灯がほとんどない淡路島の海岸線の中。
対岸の明るさだけが目立ち、海と島内側は真っ暗。
その中へ飛び込んでくるカラフルさ。

ペースが遅いけれどココまで頑張った、初心者さんへのご褒美じゃないでしょうか。


って。
山側ルートアピールの回じゃなんかい!

てね。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村