『ブルホーンハンドル』

これにはどんな利点があるのか。


以前から、その存在は知っていたのですが、写真で見ただけで。
なぜ、わざわざこんなカタチのハンドルにするのか?
と、疑問には思えど、調べもせず。

ようは、興味が無かったんですよね。

それでも、何か、気にはなっていたみたいで。
お店でブルホーンハンドルの試乗車を発見した途端、ハンドルを握りに行っていました。


そうゆうことかぁ!

ブレーキ握りやすっ!!!


手の小さいおじさんである、ワタクシ。

勾配のきつい下り坂。
ドロップハンドルでしっかりとブレーキを握ぎる為に、下を握るのも、それはそれで怖さを感じていたんですよね。


くだりに入ってから、ハンドルのポジションを変えるために手を離す事も怖ければ。

深い前傾姿勢で下る事に矛盾も感じていて。

下りは、ただでさえ前荷重になるのに、ますます前傾を深めて前荷重。
それでいて、手で体重を支えるような姿勢にならぬよう、手で突っ張り過ぎないようにしないといけない。


ブルホーンなら、下ハンは使えないですが。
巡航ポジションで最大のブレーキ性能を発揮できるようなんですね。

ブレーキ性能確保の為に、握りなおさなくて良い。


女性が「ブラケット握ると、ブレーキがかけられないから怖い」と、ロードバイクに乗る事に抵抗がある場合。
ブルホーンに変更すると、その抵抗感は無くなるかも。


ちなみに、この試乗車は、ティアグラのSTI装着。
ブルホーンにする時に、ブレーキとシフト別体のものにする事もあるようで、さらにブレーキがかけやすいらしいのですが。

そうでなくても。
STIでも、十分に握りやすい。


買う気は無かったので、試乗はさせてもらわなかった。
なので、ブレーキが握りやすい事だけ。
シフト操作に影響がないかどうかまではわからない。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村