下り坂のおかげで、荷重のバランスがおかしい事と、ペダリングのギクシャク加減を実感。



まず、荷重バランスのおかしさ。
先輩ローディーさんと下りを走っている時に、自分が出来ない事をやってのける先輩の姿を見ました。

そこそこの勾配の下り、5%くらいだと思うのですが、そこを下りながらハンドサインを出してくれているんですよね。
ワタクシも、なぞってハンドサインを出そうと思った時に気付きました。

ハンドルから片手離すの怖っ!

路面がすごくきれいな訳でもなく、細かい振動を拾いながら。


自転車は、「ハンドルでコントロールするのではなく、サドルでコントロールするものだ」、との事ですが。
(下りでは、「ペダル荷重」でしょうか。)


平地でもまだまだ実践出来ていないワタクシですが、下り坂では、ますますハンドルで体を支えてしまっているんですね。
(平地で、ハンドルからの抜重は出来ても、両手離しをキレイにできません。)


だから、下り坂で片手離すとバランスが崩れて。
それが怖い。


すごく緩やかな下り勾配(2%くらい)でも。
先に信号があり、ハンドサインを出しながらブレーキをかける、というのが怖い。

このくらいの勾配ですと、ハンドサインを出すところまでは出来ても。
ブレーキをかけると、前荷重になって、片手で体を支える形になって、それが怖い。


『下りでは、声出し』でも対応出来るでしょうが、根本的に荷重バランスを見直す事から目を背けるのは、違いますね。


やはり、上級者と走ると、後ろから見ているだけで気付ける事があり、勉強になるもんなんですね。



もうひとつ、下りで気付けた事。

これは、一人で下っている時です。


『寒くなってきて、脚を冷やさない事』
『筋肉を動かす事で、上りで溜め込んだ乳酸を代謝する効果が見込める事』

それらの意味から、下りで足を空回り(推進力を発生させない軽いギアを選んで漕ぐ)させていたんです。


そりゃもう!
ビックリするほど

カクカクペダリング (゚∀゚)アヒャヒャ

「ワタクシ、ここまでヘタクソだったのか。。。」
と、笑ってしまいましたよ。

キレイに回すことを意識して、ケイデンスを上げると、マシにはなっていくのですが。
かるーく回すと、もう最悪です。


ワタクシは、「下りで漕ぎ足してスピードを出す事は控える」と決めたので、漕がなくても良いのですが。

漕げば、キレイなペダリングの練習方法の一つと出来るかもしれませんね。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村