『カメぷら』
成功であります。

計画していたうち、TX733リムのリアホイールは、11速対応のフリーじゃないことをすっかり忘れていました(笑)

ですので、リアホイールは以前のまま。

・フロントホイール重量化
・フロントタイヤの47mm幅+重量化
・リアタイヤの重量化(幅は以前と同じ40mm)
・前後チューブの重量化

これらで、1200g以上は重くなっています。


これまで、23cタイヤのロードと38cタイヤのシクロクロスを乗り換えても、「ロードの方が劇的に軽い」など思えず。


ワタクシ、鈍感力ハンパないもので  ('▽'*)ニパッ♪


そのワタクシでも感じられるくらい。

新 シクロは重い!!!


正直、重量化後、初出勤時には、後悔しました。

「こんな重い自転車で、毎日通勤するんかぁ。。。」
「ぜんぜん登っていかへんやん。」
「あほな事したなぁ」と。


次の日に気付きました。
「脚をまわしていく漕ぎ方をすれば、比較的軽やかに加速できる」
「それでいて、ケイデンス高めなわりに、脚への負荷も実感できる」

「ケイデンスを上げる練習と、走る為の筋肉作りの両立しやすいんちゃうかな?」
と。


これまでと同じような負荷で漕いでるつもりでも。
平地で2km/h、登り坂で3~4km/hくらい遅くなってる印象ですね。


STRAVAの記録から、勝尾寺までの区間中の平均時速で比較すると。
(8割ペース比較)


重量化前は、16.7km/h
重量化後は、15.6km/h

体感の印象ほどは、平均速度が変わっていませんね。


乗り心地はいいですね。
フロントをさらに大きくした事で、タイヤの径の大きさを活かして、きれいに「段差を乗り越える」感覚があります。

安定感も増し、ふらつきにくくなっています。
まぁこれは、本来、細いタイヤでもふらつかないように乗るほうがいいので、安定感になれて、自分自身が『退化』する要因になりそうですが。


通勤で乗り続けた先の、3ヶ月後が楽しみだ!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村