「より安く!よりハイカロリーを!」
こんな考え方、太りたがりでしょう? ヽ(TдT)ノ



ワタクシ、お肉の付きやすい体質なもので。

これまでは、同じ系統の食べ物の中からカロリーの低い物を選びがちでした。

しかし、自転車の乗るようになってから。
『カロリーのコストパフォーマンス』を考え、より安く、より多くのカロリーを取れる食べ物を、コンビニで物色するようになるとは。


自転車乗りの先輩のアドバイスによるものです。

実際、コンビニで「これ、いいですよー」
と、商品裏のカロリー表示を指差し、ハイカロリーさを示された時は、驚きましたね。


そんな考え方あったんや!


ワタクシも今では、100円で540kcalくらい取れる、『チョコスナックパン6本入り』『ミニドーナツ6個いり』(両方、コンビニオリジナル商品扱い)が定番となっています。

これらは、エネルギー化するのにちょっと時間がかかるようなので、これに甘そう(糖質多そう・即効性狙い)な飲み物をセットで。


500mlコーラーや500mlコーヒー、500mlミックスジュースは、225kcalくらいとれて、大差ないです。
どれも、120円~150円くらい。

成分の違いによっての、即効性に差はあるとは思いますが、そこまで勉強できていないです。
(これらより、牛乳の方が同量あたりのカロリーは高いのですが、即効性は弱いのかな?と思い、飲み分けています。)


自転車は、交通費がかからないという意味で、安上がりとか考えられそうですが、自分への燃料代は結構かさみますよね。
ワタクシはまだ、補給食として売られている『より効率的』(であろう)なモノには手を出していないのですが。
これらは、コストパフォーマンスという観点からは、選択肢に入ってこないかなぁ?と感じています。

ただ、コストパフォーマンスのアドバイスをくださった先輩も、ロングライド(300kmくらい走った話も聞いています。)の時には、補給食も併用しているようですね。

ワタクシは未だ、200km越えをしていませんし、それなりの頻度でコンビニ補給が可能なコースばかりですので、コスパ優先の補給で走れているのかもしれませんね。


「コスパコスパ」と連呼していますが、道中の食事(『補給』じゃなく、一日3食の時間帯の『食事』)は、多少高くても、それを目的と出来るモノを食べたいですね。

まぁ、そこは自転車乗り。
この食事の時でも、普段よりも多めの量を食べたり、迷ったメニューの中から、よりハイカロリーなモノを選んだりはしてしまいますが(笑)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村