『そうだ!京都へ行こう』ではなく、『そうだ 京都、行こう』
なんですねー。

実際は、『京都へ』の、『へ』は入ってない。


今回の記録に際し。

書きたい内容から、題を考えていた訳ですが。
『そうだ!へタレで行こう』にしようと思いついて、ふと、思い出す。

『そうだ 京都、行こう』に寄せるなら『そうだ!へタレで行こう』ではダメだ、と。


こうして、『そうだ ヘタレ、行こう。』に決定!

内容が伝わりやすい題は、初案なのですがね(笑)


長い前置き、すいません。


以下、本題です。


皆様、勇気をだして、ヘタレましょう!!
自転車での下りの話です。

キツイ上りをクリアした後のご褒美。
下り坂。

ご褒美の意味でも、人力だけでは出せない速度域を味わう意味でも。
脳内の、何かしらの分泌物質による快感を味わう意味でも。

スピード出したくなりますよねー。


見通しの良い、わき道からの合流も無い直線道路であれば、結構な速度で下っても、余裕を持ったブレーキングや体重移動、ハンドル操作で、安全に落下物・砂利・土の回避、危機回避できるかと思います。

しかし、山道を登った先の下りって、当然、山道(ブラインドコーナー)がほとんどですよね。

コーナー先の、突然見える路面状況への対処の難しさに加え、対向車のはみ出し・自車の対向車線へのはみ出しリスクまで加わり。

車と同等、もしくは、追いつく速度で下っている時点で。
安全性を無視してしまっているのでは?

4輪の安定性を持ってしても、咄嗟の状況に備えて。
4輪にとって安全だと思われる速度で下っている一般車両。
それらの4輪と同等の速度で下っている時。

前車の4輪が、何か、危機回避する為にブレーキングやハンドリングを行ったとして。
追従している自転車は、安全に、同等の車両操作や制御が出来るのかな?


ワタクシのレベルでは出来ない!、と断言できます。

また、自転車の構造からの、素人の想像ではありますが。
いくらテクニックがある人であっても、4輪レベルの危機回避は出来ない!と考えます。
(そもそも、砂利・土程度だと、四輪はそないに、かわしませんしね。)

同じ2輪との比較でも。
バイク同等の危機回避も出来ない!と思います。


そんな中。

命かけて自転車乗ってどうするよ?

と、思いはじめました。

(今頃、気付きました 笑)
(しかし、今、気付けて良かった)



以前、走力レベルの上『先輩』の方に、山に連れて行ってもらいました。
斜度はきつくはないのですが、距離を長く登る目的地へ。

ワタクシ一人では、坂道を避けていましたので、実質、『初』と言っていいくらいです。


当然、帰りは下り。
緩やかに、長く下ります。

緩やかでも、50km/hくらいは自然と出るんですね。

先輩は、さらに漕ぎ足して、60km/h以上にもっていきます。
ワタクシも、ついて行くのに必死なのと、初めての領域を楽しむ気持ちで、なんとか60km/hオーバーを記録。

「おー!60km/hオーバー、初めてや  (゚∀゚)アヒャヒャ」と喜んでましたね。


ワタクシは、シクロクロスに700×38c(実測40mm)幅のタイヤを履かせ、先輩の700×23c~25cのロードバイクよりかは安定性に振った仕様だと思います。

あの時の状況下で、ワタクシがロードに乗り、今のロードのタイヤである23cで、あの速度で下っている場面を想像すると。
「いつ滑って落車してもおかしくないなぁ」と、簡単に思い浮かびます。


自身のレベルアップの為、今後は、ますます積極的に走力レベルの上の方との走行会に参加して行こうと思っています。
そうなると、高速ダウンヒルの場面もあると思います。

しかし、ワタクシ、誓います。

『ヘタレるぞ!』、と。

「すいませーん。下り怖いんで、スピード控えめに下ります。」
「千切れたら、気にせず置いていってください。」

と言うぞ!  ( ̄ー ̄)ニヤリッ


そうやって、上りのトレーニングとして、走行会に参加いたします。

平地、上りは『自らの力』ですから。
素直に、速さに憧れてもいいでしょう?

もちろん、下りのテクニックも、ご本人様の『力』だと思いますけれども。。。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村