シクロクロスに年末から乗ってきて、少し前にロードバイクを購入したのですが。

どちらかにポジションをあわせるべきなのか??? 


そもそも。
クロスバイクしか乗った事のなかったワタクシが、1台目にシクロクロスを選んだ理由。

 1.  太いタイヤを履ける(クッション性良さそう)
 2.  ロードよりも、前傾を浅くして乗るイメージ(クロスバイクからの差が少ない あくまで購入前のイメージ)
 3.  ディスクブレーキ (効きがいいらしいので試してみたかった 結果、機械式はそれほどでもない。。。)

ざっくりと、こんな理由です。
1と2は、完全に乗り心地を意識しての事。

ですので、購入時からステム延長やハンドル位置下げなどは行わず。
相変わらず、前傾ゆるめ。

シクロクロスのポジションに、体が慣れています。
楽に乗れている、と感じています。


ここで、ロードバイクのポジションをどうするか。

ロード完成車のステムは、シクロクロスに比べ、明らかに長いです。
(シクロ7cm、ロード10cmくらい  「くらい」じゃなく測れよ!ってね?笑)
ポジションも、比べると前傾がキツイ。

ポジションを合わす(近づける)為には、真っ先にステム変更が考えられますよね。
シートの前後で変更すると、足の回し方、漕ぎ方まで変わりますから。


これ。
慣れているシクロのポジションに合わせるべきなのかな?

最終目標は、『ロングライド時の巡航速度を37km/h』なのです。
そう考えると、ロングライドに適しているのは、『楽な姿勢』とも考えられます。

乗っていて楽な、シクロポジションで合わせ、そこを目指すか。
完成車の、前傾のきついままのポジションに自分の体を合わせるか。

楽な姿勢(前傾浅め)のまま、37km/hの空気抵抗に勝てる筋力・心肺機能を手にいれる方が先か?
キツイ姿勢(前傾深め)にチャレンジし、空気抵抗が少ないポジションで漕げる、体幹や筋肉の使い方を習得するのが先か?

「自転車を自分色に染めるか?」
「自分を自転車色に染めるか?」

どちらが正しいのでしょうね。。。


現状は。
『体幹鍛える』『速く走る為には、前傾が有利(?)』『クロスからシクロに変えた時も、前傾がきついと感じた。が、慣れた。(前傾深めも慣れれば楽になるかも?)』

これらの理由から、体を慣れさせる。
「自転車色に自分を染めてしまえ!!!」

を、選択中です。 


そんな中。
昨日、ロードバイクでのまともな走行となる、二回目の 吹田~嵐山100km走行を行ってきました。

普段乗りのシクロからロードに変わり、ポジションが変わると。

足の筋肉痛がすごいです!

「前傾が深くなると、体幹に堪えるのか?」
「体幹とは、腹筋・背筋にくるのか?」
と考えていたのですが、そこは全く筋肉痛無しで。


走った距離のわりに、シクロやMTBでアワイチした150km~195km走行に匹敵するかそれ以上の筋肉痛。

前傾ポジションによって、足の回し方や力のかけ方(使う筋肉の部位や負荷)が違っているのでしょうね。


シートの前後・高さを5mm変えただけで、漕ぎ方が全く変わりますよね。
奥が深すぎて、どこを変えるのが適切なのかが全く見えてこないですね。

色々と考えられる事が楽しくもあるのですが、「動かして、グダグダになったら面倒やなぁ」などと、ポジション変更に不安を感じる部分も あり。


「ベストポジション見つかった!」と言い切れる人、すごいな。  にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村