本日、会いたかった方々に会えました!


お一人は、そこに行けばお会いできる事がわかっていました。
もう、お一人にお会いできた事は、ホント運が良かった。(淡い期待を胸に、訪れましたが 笑)


ジョルダンさん、気づかせてくれて、ほんまありがとう!


ワタクシの生活の中で、電車で出張などという事は滅多になく。

それが今回、岡山への出張。
午前中で用事を終え、後は大阪に帰宅するのみ。

そこで、電車の時刻・乗り継ぎ検索をジョルダンにて。

「新幹線でスパッと帰るか。」
「在来線と新幹線を織り交ぜて、寄り道して帰るか。」
どうするか?


在来線乗り継ぎとして
岡山⇒相生⇒姫路⇒大阪という案内をいただけた。


「ほう。相生かぁ。」
「最近、よく目にしているなぁ。」
「あの方のブログに出てくる、あの店。相生やったよなぁ?」
「おっ!ブログに登場する、マスターに会えるチャンスや!!!」
 
気づいてしまえば、もう、相生に向かうしかなかったですね。


上記ブログは、僕が「35km/hで巡航したいなぁ」(現在、37km/hに変更済みですが)
と、思い始めたきっかけ・刺激を与えてくれたブログです。
(この時、2014年7月の『日報』まで読み進めている段階)


15時20分頃、お店に到着。
マスター、いましたよ!(当然です。 笑)
ワタクシと入れ違いに、お客さんがお店を出られたので、店内はマスターとワタクシの二人。

この状況も、訪れる前には、淡い期待を胸に。
せっかく訪れるからには、自転車の話をマスターとしたかったですから。 
他のお客さんがいらっしゃる中では、マスターと話し込むのは、はばかられますので。

「よし!最高の状況や!」と、心の中で喜ぶワタクシ。

 「カウンターでもいいですか?」
と、「ダメだ」とは言われないのをわかりつつも聞き、カウンターに陣取る。


マスター「電車でこられたんですか?」
ワタクシ「はい、電車です。」(お!やはり、自転車で訪れる方々がいらっしゃるからこそ、質問された?)

ワ「あの。。。     臨時〇〇のマスターですよね?」(切り出すの、緊張したー。)
マ「そうです(笑顔) ブログ、読まれて?」
ワ「はい!〇〇輪業さんの!」


いやぁー。
ここまでもう、すべての状況が、淡い期待通り、事前の妄想(笑)通りに事が進む幸運。


そもそもワタクシは、積極的に話を振る人間ではない上に、少し緊張もしていたので、なかなか自転車談義を膨らます方向に誘導できなかったのですが。

マスターが、都度、話を振ってくださったおかげで、一時間弱があっという間に過ぎていました。


コーヒー一杯・ケーキ一つで、あまりに長居しすぎかと思いつつも。
「16時台の新快速は出発したし、17時台の新快速にはまだ時間がありすぎる」
「もう一杯注文して、もう少しお話させていただければ」
などと、考えていると。

マ「あ!〇〇来たよ!」
ワ「えっ!」
マ「今、駐車場に入った車、そうやと思う。」
ワ「そうなんですか!」
ワ「。。。」
その後、ひととき、無言なワタクシ。


ドキドキしてきたー!緊張(笑)
ワタクシは、入り口に背を向け、カウンターの方を見たまま。

ドアがあく音。
〇〇輪業さん登場!!!

マ「こちらの方、ブログ見てるって!大阪から。」
 と、マスターから話を振っていただき。


もうその後は、ずっと緊張したままで。
これまた余計に、ワタクシからは話を振れない状態に。

〇〇輪業さんは、仲間の方々と一緒に入ってこられていましたし、マスターとも話をしたかったと思うのですが。
そんな中でも、ワタクシにも話を振っていただけた事、ものすごく感謝です。

仲間の方々のお一人は、お話を聞くと、ワタクシと自転車歴が近い方だったのですが。
やはり、ワタクシよりアベレージスピードが上の方でした。


『インナーで、ケイデンスを上げて走りこむ』
『60km、追い込み走』
まずは、これらをこなせるよう、頑張ります!


あ!
結局、追加注文なしで、1時間半オーバーの滞在だったと思います。
マスター、すいません。。。

だるまさん、さっそく自転車に貼らせていただきました!
ありがとうございました。
  にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村