午年 羊座 乙女膝

乙女膝を持つおじさんが、自転車で、馬の様に疾走出来るのか?羊のままなのか? シリアルNO.000の乙女膝を入手した事から、ブログ名変更。 旧ブログ名『37歳 37km/hで走りたい!(38歳になったけれど?)』

ミニベロデビュー (久しぶりの更新 暖機運転♪♪)

乙カレです



暖機運転という事で、軽~く記録していきます♪♪

まぁ、それはいつも通りという事なんですがねぇ





【コーダブルーム RAIL20】

コーダブルーム RAIL20



コレの420サイズを手に入れました♪♪



8.4kgと、ミニベロの中でも軽量であります。

車載でのんびりと走る事が多くなってきた事、ライド中にこまめに止まって写真撮影する事が多くなってきた事など、気軽に取りまわせる車体が欲しくなったもので



詳細は後日、別の記録とするつもりですが。

軽く乗ってみて実感した事をとりあえず。





● 予想していたより、乗り心地はわるくない♪♪ ('▽'*)ニパッ♪


700cサイズのタイヤに比べると、20インチ(406)サイズのタイヤは路面からの振動が相当増えるのではないかと思ってました。


RAIL20は、タイヤ幅が32。
クロスバイクなどで700×32cサイズを常用しているワタクシからすると、エアボリュームの増加無く(タイヤ幅の変化無く)径だけが減少するという事になりますので、その覚悟をしていました。


ですので、購入後すぐにタイヤ幅を40くらいに変更する前提でした。
しかし、20km/h巡行で40kmほど走ったカンジでは、まぁ普通に乗っていられました。


ミニベロのタイヤは空気圧が低めに設定されているようですので、それが影響しているのかもしれません。


まぁ。
より良い乗り心地と、なにより安全を考えて、交換はすると思いますけれども。





● ギア比は、やはり変えたい φ(.. )


ワタクシ。
『クロスバイク(含め)より低い速度域での走行を想定されている』と思われる形の自転車では、平地30km/h巡行出来れば十分だと思ってます。
(ようは、ロードバイク以外、になるのかなぁ?)


下り坂で漕ぎ足す為のギアも、必要ないと考えています。


下り基調や追い風の時に、気持ちよく漕ぎ足す為に、40km/h巡行出来るギア比であれば楽しいかもしれませんが。
その優先順位は最後の方です。


そういう考え方のもと、30km/h巡行を試してみました (^^♪


9枚あるギアのうち7枚目で、30km/h巡行時のケイデンスとしては楽でした。
7枚目の歯数は『14』らしい。


また、ワタクシとしては少し頑張った状態、「回転数高めだけれど、維持は出来る」と感じる辺りまで回せば、33km/hは出せてました。



じゅうぶんですね♪♪



重い側(歯数小さい側)2枚は要らないという事。
登り坂を快適に登る方が重要なので、歯数の大きいスプロケに交換を考えます。


とはいえ、歯数が11スタートがほとんどですよねぇ。。。
14スタートなど見かけないですし。


そうなると、後ろ(スプロケ)を交換するのではなく。
前のチェーンリングを歯数の小さいモノに交換するしかないのかしら。。。



スプロケは【SHIMANO CS-HG50-9 11-30T】

チェーンリング(クランク)は【PROWHEEL SO-252AA8 52T】



付いているスプロケ、30までありましたか。
まぁまぁ大きめの付いてましたね。


これが、28くらいまでのモノでしたら、交換後の効果をより大きく感じられるトコロだったのに。。。



【Shimano Alivio HG400 9 Speed Cassette Silver 12-36T】

RAIL20  スプロケ候補 (2)



「せっかく交換するのだから」と効果を感じる為には、コレくらいへ交換しないといけないかなぁ?


そうなると、リアディレーラーまで交換しないといけなさそう ( ̄▽ ̄;)!!ガーン





めぇめぇいうとります

ではまた~



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村




2019.8 北淡棚田観測隊みたいなもの②

乙カレです



前回の続き、またまた写真中心で記録していきます (^^♪





この大きめの池の周り、田と池のキレイに見える角度を発見するだけでも楽しい♪♪
IMG_4650 (2)


復路、同じ道を通る予定なので、この景色を見ながらの下りは気持ち良い
IMG_4656 (2)




もう少し先まであるので、緩やかに登りながら進んでいきます。
IMG_4657 (2)




航空写真で、「エビ反りっぽいなぁ」と思っていたところ
スクリーンショット (109)


発見!
IMG_4668 (2)


IMG_4674 (2)






今回の目的の最奥付近まできたので、少し横にそれると。
IMG_4676 (2)

整備完了の記念、らしい。

確かにこの記念碑の周囲の田は、大きめの区画に整備されていました。



「整備前はたぶん、細かな棚田だったんやろなぁ」

「もったいないなぁ。。。」



などと、他所からきた無責任な人間丸出しの感想を思いながらも。

整備後のキレイに区割りされている田も、のんびり眺めさせていただきましたよ~♪♪





では、今回の目的の最奥部を眺めに移動します。



IMG_4682 (2)


うっしっし
IMG_4678 (2)


IMG_4680 (2)


IMG_4687 (2)


このあたりまでですね~



来た道をもどります♪♪



そして、すぐ止まります

同じ道でも、方向が180°変わると、見え方も変わりますから。



またまた、写真をパシャリ。
IMG_4692 (2)


IMG_4702 (2)


ちょいと、民家への引き込みの道から撮らせていただいたり。
IMG_4704 (2)




全く同じ道を下るのもなんなので、数キロ先で合流する事がわかっているトコロは別の道を使ったり。
IMG_4708 (2)




上の方に棚田が見えたので、100mほどの獣道を探検して田に近づいたり
IMG_4713 (2)




ゆるーい下りな斜度の、ほぼ平坦道路を戻りながらも。

左方に何か気になるトコロが目について。



手前の森の木々に隠れながらも、そのごく一部だけ見えていて。

それを「棚田っぽいなぁ?」と思って見に行くと、新たな発見があったり
IMG_4719 (2)




「なんか面白そうな登り坂があるやん♪♪」

と、期待していくと、太陽光パネルが設置されているだけ。。。



で、引き返す時に反転すると。

やっぱり景色は変わって、まぁ満足♪♪
IMG_4732 (2)






こんなカンジで、8月も棚田観測隊を楽しめました~♪♪



めぇめぇいうとります

では、また~



本文中の写真は、クリックいただけますと、少しは綺麗に表示されますので是非♪♪

ついでに☟のクリックも是非
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




2019.8 北淡棚田観測隊みたいなもの①

乙カレです



2019年8月第二週

北淡棚田観測隊みたいなものを行ってきました♪♪



『みたいなもの』というのは。

もはや、北淡の棚田ではないのでは?というハテナがつく場所を走ってきたので



7月に車で巡った中で、その時に初めて行った場所。

そこは「自転車で走ると気持ち良さそうやなぁ!」という感想だったので。



8月度は、そこを目的地としてぶらついてきました。





では、写真メインで記録していきます♪♪



日の出る前に淡路島に入り、日の出を待ちながら
IMG_4537(HDR)




日が出てききたので、いつもの【生田地区】に登ります♪♪
IMG_4539(HDR)


IMG_4547(HDR)


IMG_4556(HDR)


IMG_4571 (2)




北淡らしい北淡はココまで

次からは、これまであまり走ってこなかったトコ、自転車では初めてのトコに入っていきます♪♪





「このあたり、セグメント出来てるんちゃうか?」

「ロングライドやヒルクライムをしなくなった今、どれくらい走れるんかな?」

などと思いながら、意識して頑張って登った区間



スクリーンショット (106)

スクリーンショット (107)




フルサスMTB通勤、意味あるねぇ! (*゚▽゚*)



まぁ、この区間は。

ほとんどの方がタイム狙いでなく、のんびりライド中に通っただけという気がしますが。



それでも上位にいられるのは嬉しいですねぇ! (゚∀゚)アヒャヒャ



適当に漕ぐとサスによるロスが大きく(その分、乗り心地は抜群♪♪)、ペダリングを意識しないと思うように進まないフルサスMTBで、5kg前後の荷物を背負い、往復16kmの通勤。

これをしているので、極端に走力が落ちる事もないらしい。



などと、「フルサスMTB通勤を選んだ自分の狙いが正しかった!」と思う根拠を手に入れた気分♪♪



そんな事をしながら、まぁ。

この日のライドで心拍を上げたのはこの区間だけです

あとは、ほんとのんびり♪♪





『知らない』に突入していくのは楽しいですねぇ~



ひまわり

こっちは、なんとなくまだ咲いている
IMG_4583 (2)


こっちはもう終わりの時期ですが、その密度が来年への期待を ('▽'*)ニパッ♪
IMG_4584 (2)






さぁここからが、7月度に新発見した区間♪♪

平地だけれど、微妙なうねうねと段差がなんか良い
IMG_4588 (2)


IMG_4589 (2)


IMG_4598 (2)


IMG_4604 (2)


IMG_4608 (2)


IMG_4612 (2)


IMG_4614 (2)




ココからはちょいと登って平坦、ちょいと登るの繰り返し♪♪
IMG_4621 (2)


IMG_4629 (2)


IMG_4633 (2)


IMG_4638 (2)


IMG_4642 (2)


トンボがいっぱい飛んでいて、稲も実りつつあるなぁ、と。
IMG_4644 (2)




この日は、空がきれいでした♪♪

って、まだ続きはあるのですが。

そろそろお時間ですので、この続きはまたつづく~





めぇめぇいうとります

では、また~



本文中の写真は、クリックいただけますと、少しは綺麗に表示されますので是非♪♪

ついでに☟のクリックも是非

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





こんなライドでいかがでっか? 北淡棚田探検隊へのお誘い(^^♪

🤩ワタクシと面識のある方向けでございます♪♪🤩





乙カレです🐣


淡路島の棚田が色付き始める頃となりました。

また、棚田だけではなく平地にも、面白くきれいな『田』をたくさん発見しました♪♪


という事で。

『北淡棚田観測隊』、もしくは、『北淡棚田も平地田も観測隊』を行おうかと思っています。


日時ですが。

9月7日(土)・8(日)・21日(土)・22日(日)を候補日としております。

8時か9時集合・15時か16時解散の7時間ほどで考えております。
(どちらの『観測隊』も、景色を気に入っていただけた時には、解散が1時間ほど後ろにズレるかもしれません)


「風景最優先として、時間や場所に縛られたくない」との考えから、食事や休憩ポイントは、行き当たりばったりのつもりです♪♪



では、それぞれの内容をご紹介いたします👻





『北淡棚田観測隊』




このルートをベースといたします。
(逆回りや多少の寄り道などの可能性もありますが。)

走行距離 30km
獲得標高 700m

少し移動しては写真を撮る。
(もしくは)集合時間を決めた上で一定の範囲内を好きに散策していただく。
休憩時間も、結構のんびり。





『北淡棚田も平地田も観測隊』




このルートをベースといたします。
(逆回りや多少の寄り道などの可能性もありますが。)

走行距離 48km
獲得標高 840m

こちらの方が、なんやかんやで、もう少し距離や標高がのびるかもしれませんが。
各ポイントできっちりと止まりながらも。
北淡棚田観測隊ほどの、のんびり過ぎる感じではないと思います。

「ここオススメです~♪♪」と、1分ほど止まって。
「はい!次行きます~♪♪」
という事を、何十か所と繰り返しながら進んで行く感じになると思いますね~😁





9月7日・8日頃の『北淡棚田観測隊』でどんな景色を見られるかという事ですが。

👇 コチラの記録をご参照ください 👇




この記録と、ほぼ同じ所を巡って行きます。



それに加えて次の区間も楽しむのが、『北淡棚田も平地田も観測隊』となります。

👇 コチラの記録をご参照ください 👇







いかがでしょうか?
興味を持っていただけましたら、ぜひ是非ご参加ください(^^♪



参加表明は、コチラのコメントかワタクシへ直接ご連絡ください♪♪



ちなみに。

7日(土)は、若干名の募集となっております。
(昨年秋にご一緒していただけた方々への先行お誘い枠で、それなりの人数となっていますので)




IMG_4692 (2)


IMG_4717 (2)


IMGP2800 (2)


IMGP2828 (2)


IMGP2806 (2)







めぇめぇいうとります

では、よろしくですぅ~



本文中の写真は、クリックいただけますと、少しは綺麗に表示されますので是非♪♪

ついでに☟のクリックも是非

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




(たぶん) 残暑を涼しく過ごせるお話ですよ~(^^♪

乙カレです。



順番でいいますと、次の記録は『北淡棚田観測隊』であります。

さらには、「前回の記録と同じトコロを自転車で走ってみました。」

という、ココのところソレしか書いていない内容になるはずでした。



しかしまぁ、ソレばかり連続するというのも、何かしらの感情ですので。

ちょいと、ガラッと変わる話を挟み込んでみます(^^♪



怪談であります。



ホラーですねぇ。。。

こわいですねぇ。。。

ゾクッ!と、涼しくなりますねぇ


ではでは。





もう、15年くらい経つかもしれませんが。


和歌山市内(陸事)で教習車の登録を済ませ、新宮まで運ぶという仕事を受けたことがありました。

それだけ昔ですと、まだまだ高速道路が延びていなくて、国道をたどっていく事になります。


一部それたかもしれませんが、基本的には国道42号線です。

この国道、なかなかに険しかったですねぇ。。。


トラックに教習車を3台積んでいて、商品(教習車)がむき出しなのですが。

その商品が3.6mくらいの高さになっている状態で、トラックを走らせます。



その中で、この地域の主要国道であるにも関わらず、高さ3.5m(だったと思う)表示のトンネルが出てくるわけですよ。。。 



怖いですねぇ~ ('A`|||)



「3.5m表示でも、多少余裕を持たせてるはずやけどなぁ」

「大型トラック(高さ3.8m)も通ってるはずやから、行けると思うけどなぁ」


などと考えつつも踏ん切りがつかず、トンネルが見えるトコロで停車していました。

トンネルから100mほど手前の路肩が広くなっていて、そこから様子を伺っていたんですね。



すると。

対向からトンネルを抜けてきた大型トラックは、二車線のど真ん中(片側一車線の車線を跨ぎ)を走ってきました。


確かに、円形のトンネルは、中央が高いけれども。

そんな抜け方をしないといけないんですねぇ (; ̄Д ̄)



という事で。

ワタクシも真似をさせていただきましたが。

「トンネルを抜けてる最中に、対向車が来たらどうするんや?」と、ヒヤヒヤしたものです。



そんな区間を抜けたりしながらも進みます。

国道42号線をたどっていく中で、多くは海沿いを走ったかと思います。



そんなこんなでも、なんとか無事に、新宮の教習所に納車出来ました



しかしまぁ、和歌山市内から新宮への下道は、時間がかかりましたねぇ。

昼過ぎに和歌山市内を出て、新宮には夕方着だったと思います。

そこから納車作業ですから。


新宮を出る頃には日が落ちていました。


まぁ、復路は完全に空車で大阪に戻るだけでしたので。

暗い中で急がず焦らず、気楽にのんびり帰っていました。



とはいえ、海辺の風が強く、ハンドル操作(手を押し付けて、不意にハンドルをとられない様に)には気をつかっていました。


風の音も大きかったですし。


街灯が完備されている道ではないので、海も真っ暗ではありますが。

所々の明かりによって、波の白さが時々は見えて、海が荒れている事は感じられました。



そんな中で、周りが真っ暗であり視界に他車の存在もない区間になると。

結構怖いもんですねぇ



トラックには、キャビン(運転席)の後ろに、荷台や後方を確認するための窓があるのですが。


「こんな真っ暗で一人の中、荷台から何か(誰か)がのぞき込んできたら怖いよなぁ。。。 (´Д⊂)」

「ふと、横を見ると、助手席に誰か座っていたり。。。」


などと、わざわざ怖い方向に考えてしまったりも。



アホですねぇ (゚∀゚)アヒャヒャ



まぁ、自らの恐怖心を煽りつつも、淡々と進んでいたのですが。

どうも、何かが聞こえてくるようになったんですね。



風もますます強くなり、道路までしぶきが上がるほどに波が強くなってきていたので。

それらの音かな?とも考えていたのですが。



『何かが聞こえてくる』というぼやっとした聞こえ方から、はっきりとしたモノに変わってきました。










「こんに。。。」






「こんにちは」










こんにちは










えっ? (;´Д`)



どこから?



なに?





そりゃもう、ハッキリと。





もう、横も後ろを目視で確認するなんて無理やし!

(見てもうて、ほんまに何かおったら。。。)

気配を探る事すらしたくないし。。。



「対向車来てくれ!」

「街灯出てきてくれ!」

と、何かしらの明かりや存在を求めながら、運転は続けます。





止まる方が怖いわぁ。。。





その状況で、どれくらい走ったかはわかりませんが。

遠くに、何かの表示の明かりが見えてきました。


もう、とりあえず。

「まずは、あそこへ!」と。

目標が見えただけでもありがたく。



近づくにつれて、その明かりが何か、わかってきました。



どうやら、道路情報の表示らしい。

(工事や渋滞情報などを知らせてくれる、道路上に跨いで設置されているモノ)



なんでも良いから、明かりが嬉しかったのですが。

その表示内容を読んでみて、恐怖心も何もかも、すべてが解消されました。










波浪警報発令中










そういうことかぁ! 

ビビッて損したわぁ (゚∀゚)アヒャヒャ





自転車で夜通し走るかたは。

夜中の海岸線だったり。

内陸部であっても、人気のない暗闇の中を走る事もあるでしょう。



そんな場所で。



「あれ?」

「いつのまにか。。。 誰か真後ろにいるような気がする。。。」





めぇめぇいうとります

では、また~



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





 わかめの独り言 



波浪警報 ⇒ 「ハロー」に要注意! ⇒ 「こんにちは~! (^^♪」



お寒いオチですねぇ~。





ほら~



そういう意味でも涼しくなれましたねぇ~













2019.7 北淡棚田観測隊②

乙カレです



ここからは、これまで行かなかった地域に突入です



平地の田っぽいけれど、微妙な傾斜
IMG_4324(HDR)


とはいえ、この道のうねりはどういう意味が(・・?
IMG_4326(HDR)


この角度は、入り乱れている感じがみえやすい
IMG_4327(HDR)


IMG_4329(HDR)




少し移動すると、短い登り坂の途中に
IMG_4338(HDR)


坂の上から
IMG_4336(HDR)




登り切った先にも別区画の田
IMG_4355(HDR)


足元の花々
IMG_4340 (2)


IMG_4341 (2)


蝶も彩を添えてくれる  (しーちゃん撮影)
P1100816 (2)


IMG_4339(HDR)


IMG_4342(HDR)


道を挟んで、神社への道
IMG_4346(HDR)


IMG_4344(HDR)


木陰から道を眺める
IMG_4347 (2)


数十メートル先に、玉ねぎ発見♪♪
IMG_4349(HDR)


この区画の向こう側(下)にも道が見えているので
IMG_4357(HDR)

そちらへ向かってみます♪♪



緩やかにくだる道
IMG_4368(HDR)


IMG_4369(HDR)




そのまま進んでいくと、一匹だけのヤギさん
P1100853(HDR)




ちょいとした登りがあったので寄り道。お寺のなにかしら
IMG_4399(HDR)




寄り道を終え、道を進んで行くと、クイっと登り。

大きめの池を発見!
IMG_4407 (2)


IMG_4415(HDR)


IMG_4416(HDR)




池の横はまだ勾配が続いていて、そのまま登り進めていきます。
IMG_4422(HDR)


IMG_4428(HDR)




ちょいと進んでは止まって撮影の繰り返し
IMG_4437 (2)


IMG_4441 (2)




そろそろ、今回の探索予定の一番奥地に
IMG_4443(HDR)


IMG_4450(HDR)


IMG_4456(HDR)


IMG_4464(HDR)






今回の記録の始めからこの地点までは、一つも信号がなく、交通量も少なく。
適度な(北淡棚田観測隊の普段のルートよりも緩い)斜度の登りも良いアクセントで。

この地域は、自転車でのんびり走るには気持ち良いですねぇ~

淡路島60kmコースの伊弉諾神宮から近いですので、初心者の方にも立ち寄って欲しいです





航空写真で見つけた棚田はココまでですので、復路は適当に良さそうな方に向かいます♪♪



復路も、ちょくちょく止まりながらの撮影
IMG_4475 (2)


IMG_4476 (2)


IMG_4483 (2)


なに撮ってるねんって、茎のうぶ毛 (☆゚∀゚)
IMG_4487 (2)


四つ葉~  (しーちゃん撮影)
P1100906 (2)






そうこうして走行して。

北淡IC付近へ



夕食は、久々の

【淡波家】♪♪

IMG_4497 (2)


IMG_4491 (2)


黒豆の相場はどれくらいだったかな?とか思いつつ
IMG_4488 (2)

枝付き500g300円也~



メニュー♪♪
IMG_4496 (2)




ワタクシは、『上穴子重』狙いで伺いましたが、この日は変更になっているとの事で。

かわりは『はも重』との事。



もちろんそれで! ('▽'*)ニパッ♪



IMG_4493 (2)




はも重の全景
IMG_4492 (2)

写真。お吸い物のわかめが黒つぶれで、タレなどにはピントがあってないという (゚∀゚)アヒャヒャ



しーちゃんは『カレーとハヤシのハーフ&ハーフ』
P1100909 (2)

(しーちゃん撮影)

これまた、ボケを使ってしまってピントが合ってないと思いきや。

もしや。

このボケは、カレーとハヤシの境界を捉える(強調する)狙いだったのか! w(゚o゚)w オオー!




真実やいかに! たこに





めぇめぇいうとります

では、また~



本文中の写真は、クリックいただけますと、少しは綺麗に表示されますので是非♪♪

ついでに☟のクリックも是非
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





2019.7 北淡棚田観測隊①

乙カレです



2019年 7月第四週

定期観測である、北淡棚田観測隊を行ってきました♪♪

諸事情により、車です



車移動で時間に余裕が出来る中、せっかくなので普段あまり行っていないトコロの探検もしてみます。

自転車で巡るのが楽しそうなトコロ、というのが前提ですけれどねぇ



【本四仁井のバス停から南東へ少し下ったトコロの池】

地元のかたっぽい、釣り人がたくさんいましたね♪♪
IMG_4274(HDR)


『雑草と軽自動車(釣り人仕様?)』
IMG_4272(HDR)


この池の外周路には、植えてさほど年数が経っていなさそうな桜の木があったりして。

春に巡るルートに組み込んでも良さそうでしたね~♪♪





では、いつもの場所へ



【石田の棚田】

前回から一か月近くで、随分と青々と育っていますね
IMG_4277(HDR)

IMG_4278(HDR)


でっかいきのこ (*゚▽゚*)

ワタクシは、きのこの山派でございま~す♪♪
IMG_4283(HDR)


IMG_4288(HDR)






ではでは、サクッと移動します♪♪



【生田地区の棚田】

田以外の色付きも~ (^^♪
IMG_4303 (2)


IMG_4298(HDR)




トンボを撮るのに必死に (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

このトンボ。

飛んでは戻り飛んでは戻りと、同じ動きを繰り返して、うまく撮れるまでのシャッターチャンスを数分間あたえてくれましたよ~ ('▽'*)ニパッ♪
IMG_4309 (2)

IMG_4313(HDR)




いつもの
IMG_4317(HDR)


蓮の花が咲いているのを遠めに確認
P1100801(HDR)




ちょいと移動しまして。
(自転車だと1分の距離)



放棄地の下に牛。

コレも『棚田牛』かな?(・・?
IMG_4319(HDR)

P1100803(HDR)




一番上の奥へと出っ張っている部分の田こそ、植えていただけたらカッコ良さそうであるが。

雑草になってしまったかぁ。。。
IMG_4321(HDR)






ということで。

いつものルートの観測は、ここまででございますが。

この日の観測は、まだまだ続きます♪♪



『北淡』とは言えなくなるも。

淡路島島内の他の地域にも田が美しそうな場所を発見したんですよね~ (^^♪

次回は、その地域のご紹介でございます



ちょいと、どんな感じかご紹介だけ~♪♪

前回の記録(四国の山中に、面白そうな地域を発見♪♪)で使った手法ですが。

縮尺を合わせた航空写真で、他の棚田との比較しますね



【丸山千枚田】
スクリーンショット (75)


【石田の棚田】
スクリーンショット (78)


【生田地区の棚田】
スクリーンショット (79)




うん。

こうして見ると、石田と生田の棚田は、放棄地で歯抜けになってさえいなければ。

素晴らしい規模でありますねぇ (*゚∀゚)っ



という、「結局は北淡の棚田への賛辞」は置いておきまして (゚∀゚)アヒャヒャ



【新規開拓の田(棚田)】

平地っぽいけれど、ちょいとうねりもありつつ。
スクリーンショット (101)


うねりが強くなっている部分、放棄地になってませんように φ(.. )
スクリーンショット (102)


池の周りや、うねる田のカタチに期待! (☆゚∀゚)
スクリーンショット (103)




写真で見る限りは、そこそこの規模のモノは見れそうかな?と。





めぇめぇいうとります

では、また~



本文中の写真は、クリックいただけますと、少しは綺麗に表示されますので是非♪♪

ついでに☟のクリックも是非

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





四国の山中に、面白そうな地域を発見♪♪

乙カレです



10月の平日に、行ける事になっている四国。

そこに向けて、自転車で走るのが楽しそうなトコロを探しています。



以前、記録したこの内容




コレに加えて、新たに楽しそうなトコロを見つけました♪♪

【四国山中の棚田】~♪♪
スクリーンショット (80)




☟ 比較の為に、同じ縮尺の航空写真をいくつか ☟

【丸山千枚田】(三重)
スクリーンショット (75)


【高山の棚田】(大阪 北摂の高山公民館付近)
スクリーンショット (76)


【長谷の棚田】(大阪)
スクリーンショット (77)




丸山千枚田は、範囲としては広くは無いですが、一つひとつの田が細かさが良い味ですねぇ~♪♪

高山も範囲は広くは無いですが、ある程度の大きさとうねり具合の田が集合。

長谷の棚田は範囲も広く、直線的な区画とうねっている区画があるようですねぇ。
(行った事がないもので、どの程度稼働しているのか知りません



有名どころの丸山千枚田と、北摂ではおなじみであろう二つの棚田との比較としてみましたが。

【四国山中の棚田】も、期待出来そうな規模と様々なカタチの田ではないですか?



そして、四国山中はこんなモノではないのです♪♪

【四国山中の棚田】とした航空写真は、ごく一部を切り取っただけで。



その周辺に同じ規模のモノがつながってるんですね w(゚o゚)w オオー!





では、それらをご紹介いたしますね~♪♪



まずは、先ほどのコレ
スクリーンショット (80)


その東側には、以下の区画がつながっているんです
スクリーンショット (81)

スクリーンショット (82)

スクリーンショット (83)

スクリーンショット (84)




上手くつなぎきれずに端折った区画もありますので、切り取った5枚の航空写真では納まりきってません ( ̄ー ̄)ニヤリッ




その地域の全景がこちら
スクリーンショット (86)


5枚の航空写真をこの全景に当てはめると、一枚目が一番左(西側)です。

そこから右(東側)に移動していき、五枚目が一番右(東側)になります。



すごい広範囲ですよねぇ! オオーw(*゚o゚*)w



参考に、四国山中の棚田の全景に縮尺を合わせてみました (^^♪



☟ 比較の為に、同じ縮尺の航空写真をいくつか ☟

【丸山千枚田】
スクリーンショット (89)


【長谷の棚田】
スクリーンショット (88)


【四国山中の棚田】
スクリーンショット (86)




やはり、こう比べてみると。

面白そうなカタチをしている田の範囲が。



ダントツで広範囲ですよねぇ! (゚∀゚)アヒャヒャ



自転車でのんびりと移動しカッコよく見えるポイントを探す事が、楽しみすぎますねぇ!



また。

この地域が目に見えて広範囲なだけであって、少しづつ別地域に移動すれば、他にも面白そうな田が点在してそうなんですよ~



ざっとご紹介いたします

スクリーンショット (85)

スクリーンショット (87)

スクリーンショット (90)

スクリーンショット (91)

スクリーンショット (92)

スクリーンショット (93)

スクリーンショット (94)

スクリーンショット (95)






後半にざっと写真だけでご紹介した地域と、【四国山中の棚田】として紹介した地域の位置関係を、下の写真に記録しておきます。
スクリーンショット (97)_LI


ざっと写真だけご紹介の中、数枚が、 『大石展望台』が含まれている右の赤丸地域。

【四国山中の棚田】としたトコロが、『やまなみ雲海展望台』と『なんてん展望台』が含まれている真ん中の赤丸地域。

ざっと写真だけご紹介の中の7枚目は、左側の赤丸地域♪♪





10月に行く頃には、稲刈り後かもしれませんし。

航空写真で確認したところで、現地の現状は、放棄地になっていたりするかもしれませんが。

まぁ、下見のつもりで行ってみます





めぇめぇいうとります

では、また~



本文中の写真は、クリックいただけますと、少しは綺麗に表示されますので是非♪♪

ついでに☟のクリックも是非

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





二回目の 2019.6 北淡棚田観測隊➂

乙カレです



生田地区の棚田、さらに坂を上ったトコロから再開でございます (^^♪

お三人様と棚田
IMG_4125 (HDR)


縦横、というか斜めに合わさる稲にも興味♪♪
IMG_4126(HDR)


おたまじゃくしがちらほら♪♪
IMG_4127(HDR)


IMG_4130(HDR)


☝この写真の真ん中、木々が茂っている辺りに行くと、この棚田を横から見れます。

という事で、移動であります



先に移動していただき、ワタクシはのんびり写真撮影♪♪
IMG_4132(HDR)


P1100699 (2)


P1100700 (2)




なんてしていると。

かなりお待たせしてしまい、まったりと休憩していただいております
IMG_4148(HDR)




ほんと、今回のライドは『ワタクシ待ち』をお願いする事が多かったです。

のんびり過ぎるペースにお付き合いいただきました



で、横から見ると
IMG_4152(HDR)

まぁ、曇天で、さらに腕のないワタクシの写真だと、こんなかんじですが。


以前撮影したものをひっぱりだします。

天気が良く、色付きかける頃であれば、こうなります。
P9032532

ココも、だいぶお気に入りの場所であります ('▽'*)ニパッ♪



さぁさぁ。

ほぼ、棚田観測は終えましたので、のんびり休憩できる場所に向かいましょう♪♪



移動中に植え方のカッコいい田を見つけたりしながら
P1100718(HDR)




休憩場所に到着♪♪
IMG_4163(HDR)


と、この左手にも棚田。

規模は大きくないけれど、なんか面白いカタチ
IMG_4165(HDR)



では、建物へ。
IMG_4161(HDR)




【CAFE NOMADO】


IMG_4160(HDR)


IMG_4158(HDR)


IMG_4167(HDR)


野菜売ってます (*・ω・)ノ
IMG_4169(HDR)


IMG_4170(HDR)


IMG_4168(HDR)


IMG_4178 (2)




アイスとコーヒーをいただきましたよ~ (^^♪

ん?アイスとコーヒー?

アイス・アイスコーヒー? (・・?
IMG_4173(HDR)


IMG_4177 (2)




美味しゅうございました♪♪



カフェノマドにも、是非お立ち寄りくださいませ



そうそう。

ノマド村付近の自販機が、だいぶお安いですよ~
P1100719(HDR)


P1100720(HDR)




あとは、北淡ICそばの駐車場まで下るだけです。

などと言いつつ、ちょっとだけ寄り道。



ココ、植えられてない田が目立つのですが。

きちんと植えられると、相当面白い棚田になると思うんですよね~
IMG_4181(HDR)




というカンジで、最後まで棚田を観測し続ける内容でございました



今回のお三人様には、昨年の秋(稲刈り後)と今回、ほぼ同じルートでご一緒していただいたのですが。

このルートは、棚田だけじゃなく、北淡内陸部から海を見下ろす風景も存分に楽しんでいただけるモノで。

年に数回走るくらいであれば、飽きる事はないと思っています



根拠は「ワタクシが月一回走っていても飽きないから!」ですね  (゚∀゚)アヒャヒャ



ですので、稲が色付く頃、またご一緒していただきたいですね~ (^^♪

興味のある方、よろしくお願いします





めぇめぇいうとります

では、また~



本文中の写真は、クリックいただけますと、少しは綺麗に表示されますので是非♪♪

ついでに☟のクリックも是非

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





二回目の 2019.6 北淡棚田観測隊②

乙カレです



前回の記録の道中、紹介しておかないといけないモノを忘れておりました



それは。

自販機で飲み物を買う時に、VANQさんが気づいて教えてくれたモノです♪♪



という事で、コレ☟
P1100693(HDR)

淡路島の内陸には、少しお安い自販機が点在しております♪♪


どのくらいお安いかというと。。。


P1100694(HDR)



カエルにも買えるくらいに♪♪ (゚∀゚)アヒャヒャ



さておき。

100円~というカンジです
P1100696 (2)

P1100695


キレイな三角形を作りながら休憩しているお三方 (*゚▽゚*)
P1100697(HDR)






ではでは、前回からの続きである、遺跡での休憩へと時間を戻しましょう♪♪



【五斗長垣内遺跡(ごっさかいといせき)】

IMG_4080(HDR)


それぞれに探索していただいたり♪♪
IMG_4067(HDR)


写真におさめていただいたり♪♪
IMG_4071(HDR)


IMG_4074(HDR)


IMG_4078(HDR)




遺跡の真横に、食事処がありまして。

ココで早めのランチをいただく事にします
IMG_4079(HDR)

カレーはわかるけれど。


カレーうどんぶりって?(・・?


という事で、頼んだのは。



カレーうどんぶり~♪♪

64781761_100437964614757_4581109952973635584_n


カレーうどんに古代米(だったかな?)がついてくるので、自分でどんぶりにも出来ますよ~みたいな感じですね。


メタボびとさんも同じメニューを頼まれていたので、前掛けを付けた姿の撮影をお願いしたら。

このキュートな笑顔をどーぞ♪♪
66468647_100437921281428_611007081230630912_n_LI

(撮影ご協力ありがとうございま~す! ('▽'*)ニパッ♪)





五斗長垣内遺跡とまるごキッチン。

是非お立ち寄りください! (^^♪





では引き続き、棚田観測~♪♪


【生田地区の棚田】


ワタクシが案内する時には、もはや定番すぎるココ
IMG_4082(HDR)


蓮の池 (^^♪ 花が咲くのが楽しみ~♪♪
P1100703(HDR)


くねりくねり
IMG_4088(HDR)


タイヤホイールでっかい (゚∇゚ ;)エッ!?
IMG_4085(HDR)




次は、蓮の池や奥に見えていた民家の方に入っていきます♪♪
IMG_4089(HDR)


赤い花もキレイでしたね~
IMG_4090(HDR)


うねりうねり入り乱れ
IMG_4108(HDR)




ココも所々植えられていない田が混ざっているものの、様々な方向にくねくねしているのが面白く、見ごたえのある区画なんです♪♪



車でも行きやすく、一定時間駐車しても邪魔にはならないと思われる道路幅が広い部分もありますので。

歩いてこの区画を散策するのも楽しめると思いますよ~





めぇめぇいうとります

では、また~



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






ブログ村
ギャラリー
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら
  • コスモスとアイスとポテト ② 淡路島ぶらぶら